ひどい生理痛・生理痛がひどい

2019年6月18日

生理痛を楽にして生理痛が起きないようにするためには生理痛の原因になっているものを少しでも変えていくこと。

生理痛には生理痛になってしまう原因があるから毎月の生理の時に色々な諸症状が起きてしまって寝込むようなことがあったりひどい生理痛になったりということが起きてしまいますので原因を見つけ出すということは簡単な方法ではありませんし短期で良くなるということはありませんが続けて体を直していくこと整えていくことをすれば改善の余地があります。

生理痛とは

生理痛とは

生理だからといって生理痛になることはありませんので、生理痛になるのが当たり前ですと考えている方は生理痛が無い方や軽い方やひどい肩やひどすぎる方、色々な生理痛があります。

生理痛と言うと痛み止めの薬を飲んでしまえばしばらくすると楽になっていくことが多くあるので薬ばかり服用している方が多くいるんですが薬というのは一時的に痛みを緩和しているだけですから直しているわけではありません。

生理痛が起きる時にはどうして生理痛が起きるのかということを考えるべきなんですが多くの場合考えることなく生理だからといって寝込んだり薬を服用したりということが多く見受けられますので原因から見つけていくためにも、まずは体を整えていくことが必要だと思います。

生理痛を楽にすることと生理痛を治していくということは違いますので、生理痛を治していくためにも、まずは生理痛を楽にするために体を整えていくことから始めていきます。

生理痛を改善するためには色々な方法がありますので、まずは紹介をしていきたいと思います。

生理痛と薬

生理痛と薬

生理痛になってしまってる方は薬を服用する場合が多くあり薬というのはしばらく飲むことで痛みを緩和することができるんですが緩和しているだけであり、変えたり、治したり、良くしたり、治療したりすることをしているわけではありません。

薬というのは痛み止めということですから、一時的に症状を抑えているだけであり、緩和をしているだけですから、原因から変えて見つけ出さなければ、いつまでも原因も同じままではいられないということがありますので進行していくという怖さがあります。

生理痛とツボ、指圧

生理痛とツボ

生理痛を改善するというツボを使って指圧をしたりという感じで生理痛が楽になることもあるでしょうがなんでもかんでもツボを押せばいいというわけでもなく原因を見つけ出さなければいくらツボ押しても効果はなく遠くから経略を使って刺激をしても効果はどうなのかなと思います。

ツボを押したり指圧したりすることもいいと思いますが、当院では原因から見つけ出していくためには、まずは体から整えていくということは基本的なことですから、何も症状が他になくても、体というのはダメージを多く貯めてしまい色々なことが起きています。

ツボでよくなることもあるでしょうけど、体は整えるレベルまでいくのかということが考えるとないと思います。

生理痛と腰痛と腹痛、吐き気、イライラ

生理痛と腰痛、腹痛、吐き気、イライラ

生理の前や生理痛になった時には腰痛や腹痛や吐き気やイライラしたりすることが多くあるために生理だからしょうがないかという感じで思っているでしょうが実はそれらも体を整えていくことで改善していくことがあります。

特にか腹部というのは膀胱や子宮や卵巣が入っている部分ですからそこに何らかの症状を感じるということは何かが起きていると考えなければいけません。

また腰痛の方も腰痛がおきてしまうのは骨盤のゆがみや背骨のズレが原因ですから生理の前にホルモンのバランスが崩れたときに症状を感じてしまうということで腰痛になっているんだと思います。

生理の前や生理になってしまって吐き気がしたりすることもあるかと思いますがこれらもしっかりとした原因があるので確認しながら治療を行うことができますしイライラしたりすることも状態が良くなければ当然の結果だと思っています。

すべては体を整えていくことからしなければいけませんので整えていきながら確認作業をして改善をしていきます。

生理痛を緩和する

生理痛の緩和

生理痛を緩和していくためには、まずは身体を整えていくことが必要なんですが、生理痛が起きている方は生理痛に関係する部分に何らかの物が起きていますので、まずは体を整えていくことが優先になります。

今まで初回の方が体調が良いという方はいませんでしたし、太鼓判が押せるような体調の状態の方はいませんでしたので、全員の方が何らかのものを起こしていますが、何を起こしているのかということで症状が違います。

生理痛がひどい・ひどい生理痛

ひどい生理痛

生理痛がひどかったり、ひどい生理痛になってしまうのは、3つのものが深く関係しています。

3つのものとは、①疲れやストレスの蓄積と②眠りと③体質との問題です。

疲れやストレスの蓄積と眠りの問題と根底にあるのは体質的な弱さなんですが全て生理痛に関係してしまいますので一つが欠けても生理痛になることはありません。 特に根底にあるのは体質的な弱さが関係していますので体質的な弱さがなければ生理痛になることはありません。

疲れやストレスの蓄積と生理痛

疲れやストレスと生理痛

疲れやストレスの蓄積というのは疲れやストレスが溜まる部分に関係しているんですが疲れやストレスというのは体の中の弱い部分に溜まっていく傾向がありますので弱い部分が生理に関係する部分であれば生理痛になってしまいます。

疲れやストレスが溜まる部分というのは弱い部分にたまっていきますので弱い部分というのは体質的に弱い部分になります。

体質的に弱い部分に疲れやストレスが溜まっていくと働きの低下が起きて骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスというのは子宮や卵巣にも溜まっていきますので、蓄積が、多くなればなるほど働きが低下していき、働きの低下から骨盤の歪みや骨盤の開き、腰椎の5番目は子宮に関係する部分ですから、子宮に関係する部分の腰椎の5番目がズレを起こしたり、卵巣に関係する部分の腰椎3番目がズレを起こしたり、不安定になっていきますので、下腹部の重たさとだるさと腰の痛みが、これで分かると思います。

眠りの問題と生理痛

眠りと生理痛

疲れやストレスの蓄積とは別に眠りの問題がある方が、ホルモンのバランスが悪くなり、生理痛をひどく起こすこともありますので、脳の中にも全てのホルモンの親分みたいな脳下垂体ホルモンというのがありますが、脳下垂体ホルモンのバランスが悪くなるのは多くの場合、眠りに問題がある場合です。

眠りに何かのトラブルが起きていても気が付いていない場合がありますので、本当に眠りができているのかという問題があるんですが眠りというのは、布団の上で横になってスースー寝息を立てていれば寝ているかと言うとそうではなく、脳が寝ていなければ眠れていません。

眠りというのは、熟睡状態のことだけを言います。

熟睡というのは、脳が寝ていることです。

脳から眠っている状態ができているのかという問題があるんですが、6時間の睡眠時間があっても熟睡ができる最高の長さの時間は30分以下です。

不眠症と生理痛

不眠症と生理痛

不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪く一時間も二時間も3時間も眠れないのが不眠症の特徴です。

夜中に何回も目を覚ましてしまうのも不眠症の特徴だということが分かっていない方が多くいますので夜中に何回も目を覚ましてすぐ眠れるからと思っている方が多くいますが長く眠ることができなければ不眠症になります。

不眠症の方は体調が非常に悪く脳が疲弊したり脳が衰弱状態まで陥っていると簡単に回復することができないぐらい悪くなってる方がいますので身体を整えていくためには簡単な方法で解決することがありません 。

不眠症の方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり背骨がズレてガタガタ状態になっていてもダイレクトに痛みやコリや色々な症状を感じる方もいれば、麻痺した状態の方は脳内麻薬が多く出てしまっているため痛みやコリを感じにくくなっていて生理痛を起こしている方もいます。

睡眠負債と生理痛

生理痛と睡眠負債

最近は多くの方が不眠症とは違って睡眠負債の方が多くなっています。

睡眠負債の方は夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っているんですが眠りが浅い睡眠しかしていないのに気がついていません。

夜寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をする時間が4時間も5時間も6時間もあるのに目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残らないため寝ていると思っています。

睡眠負債の方も骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくあり背骨がずれてガタガタ状態になっている方が多くいて痛みや凝りを感じやすい方もいれば感じにくいかと思いますので感じにくい方は脳内麻薬が多く出るぐらい頭をやられていて脳内ホルモンやモルヒネが多く出ているため自分で体調の度合いが分かっていません。

脳が弱るということはかなりのダメージに繋がり色々な諸症状を感じなくなるだけでなくうっかりや物忘れや記憶障害が起きたりブレーキとアクセルを間違えやすくなったりということがあると思います。

体質と生理痛

体質改善と生理痛

生理痛になってしまうのは生まれつき弱い卵巣と子宮が原因で成長するたんびにどんどん悪くなっていき疲れやストレスを溜めてしまうとさらに悪くなっていきますのでその時に生理の時期になってしまうと生理痛が徐々に酷くなっていきます。

生理痛というのは、軽い方もいれば、変わらなく悪いかと思いますので程度や段階が違うということで色々な諸症状が起きてしまうことがあるので原因を見つけ出すためにも体質改善を行うためにも体を整えていくことから始めなければいけません。

もし体質レベルにホルモンの問題と子宮と卵巣の弱さがなければ生理痛になることはありませんし生理痛が起きたりすることもないと思います。

 

 

 

生理痛とは

生理の時に、生理痛は当たり前と、あきらめていませんか。
生理がくると、腰痛、肩こり、頭痛、めまい、気分が悪い、腹痛、イライラしやすい、浮腫み、ダルイなどの症状が起きるのは、ホルモンも関係します。
ご予約・相談は093-962-9133  携帯番号を用意して、ここをクリックしてホームページを見たと言って下さい

ホルモンの異常

体調が悪いときに、生理になると、余計に体調が悪くなります。
体調が悪くなると、体力が低下しています。
体力が低下していくと、必然的に、ホルモンの働きが悪くなります。

体調と言うのはわかりにくいので、わかりやすく言うと疲れやストレスの蓄積です。体に多くの疲れやストレスがたまると歪みが起こります。これは全身の歪みになりますから、骨盤や背骨のズレも起きて頭まで歪みになります。

疲れやストレスが

体に疲れやストレスが多く蓄積していると、必ず体は歪みを起こしていきます。この歪みが生理痛を起こしている一因になります。

疲れやストレスがたまると骨盤が歪みや開いたりしています。

骨盤が歪みを起こしたり、骨盤が開いていると、骨盤の中にある子宮や卵巣は正しく働区ことはありません。

生理の時に、生理痛とあきらめるのは、早すぎます。
生理痛を痛み止めの薬で抑えないで原因から改善していく事をしています。
薬は、本当に痛み止めです。
痛みを解消するのではなく、一時的に抑えているだけです。

当院では生理の時の症状は

生理痛には原因があります。
例えば、骨盤が歪みやズレを起こしている方もいました。
骨盤が歪みやズレを起こすと、生理に関係する卵巣や子宮は、骨盤の下部にあります。
下部にある為に、骨盤が歪みやズレを起こすと、一番のトラブルが起きます。

骨盤の歪みやズレは

骨盤の歪みやズレは、起きる原因があります。
この起きる原因は、体調です。
体調と言うと、ピント来ない方が多くいますが、体調は基本です。
何が、基本かと、言うと、色々な症状は体調から起きるからです。
生理の時にも、生理痛が強い時もあれば、生理なのに、いつもと違う感じで軽く起きる生理もあります。

この関係は、疲れやストレスの蓄積で体調が落ちて悪くなっているのが原因です。
体調が良い時には、生理痛は軽くなります。
骨盤の歪みやズレも、起きていても、歪みやズレが小さくなっています。

体調と言うのは、落ち過ぎると、自力で戻すのは、難しく体調は自力では上がりません。
長く生理痛が起きている方ほど、慣れてしまっているかもしれませんが、必ず、生理痛が起きるのは、体調が悪いときに強く起きています。

体調が良くなる事でも

生理の痛みが軽くなる方もいます。
当院では、体調を良くすることができます。
体調と言うのは、電気を掛けても良くなりません。
ボキボキしても、体調は上がりません。
体を揉みほぐしても良くなりません。

それは、体の表面的なものではなく、もっと深い所に体調の原因があるからです。
体調と言うと、疲れやストレスのたまり過ぎです。
では、疲れやストレスは、どこにたまるのか??

ここが、問題なんです。

疲れやストレスがたまる場所は、体の何処なのか??
それは、筋肉??、骨??、神経??、皮膚??、脂肪??、リンパ??、

あと体の中にあるのは、なんだろう??
う~ん???

あとは、体にあるのは、内臓しかありません。
内臓というと、病気??と思います。

しかし、検査しても病気ではない。

と言う事は、内臓に疲れやストレスがたまると言う事です。
だから、病気ではありません。
内臓に蓄積された、疲れやストレスが原因で、生理痛は起こります。
しかも、内臓の何処なのかと言う事が、肝心になります。
内臓と言っても、色々あります。

内臓に疲れやストレスがたまるときには、全体に疲れやストレスがたまりながら、弱い部分に疲れやストレスはたまります。
この弱い部分が、生理に関係する所でしたら、生理痛になります。
ホルモンのバランスも悪くなります。
疲れやストレスがたまっていると、脳下垂体ホルモン、卵巣ホルモンのバランスが悪くなります。

内臓に疲れやストレスがたまって、全体のバランスが崩れながら、時に弱っている内臓に疲れやストレスはたまります。
この時に、生理になると、生理痛が起きるわけです。

30代の女性の方

いつも生理になると下腹部が重いような、痛いような感じで長年悩んでいました。     でも、ここに来るようになって、毎月の日が軽くなって、なんだか良い感じです。     疲れも取れるので体が最近違います。

生理だから、腰痛や腹痛などが起きるのは、当たり前と思わないでください。
体に何かの原因があります。 
その原因を探して究明することと改善することで、生理痛は起こらなくなります。
生理痛は、早めに改善しておかないと、先将来の出産などにも関係します。
年齢に関係なく、生理だから、生理痛が起きるのではありません。
生理痛の原因を見つける事が大切です。

どうして生理痛が起きるのか

生理だから、生理痛が起きるのは当たり前と思っていませんか??
生理の時の痛みには、しっかりとした原因があります。
生理になっても、生理痛にならないようにしていきます。
原因から改善していく施術です。
原因を変えていけば生理痛には、なりません。
当院は、生理痛の原因から、体を変えていく方法です。
このための施術法で体質改善 アンチエイジング 若返りと言う施術があります。
体質改善 アンチエイジング 若返りの施術は、読んで字の通りです。
弱っている所を、変えて行ける方法です。

体質改善 アンチエイジング 若返りを行う為には、、体調から改善していく事をします。
まず、体調が良くならないと、その先の施術には、進めません。
体調が低下した時や、体調が悪いときに、生理になると、痛みやすくなります。
本当では、体調の度合いがわからない方もいます。

体調が良いのか、悪いのか。

当院では、まず、そこから説明していきます。
簡単な方法で、体調は測ることができます。
機械は使いません。
手にのみで体調を確認できます。

最近は、どんな症状の方も、初回では体調が良い方はいません。
体調が低下している状態で、体調が悪いと言いますが、いつも体調が悪ければわかりませんよね。

生理痛

生理の時にはいつもと違って、軽いときもあると思います。
それは、体調が関係しています。
体調が悪いときには、生理の痛みが強くなります。
生理の時に体調が落ちていると、腰痛や腹痛が強くなります。

原因のあるところに、疲れやストレスがたまると生理の時に痛みになります
又、生理で痛みなどが起きるのであれば、生理の時は全員の方が痛くなります。

同じ生理の時でも痛みが起きる方と、起きない方がいます。
ご自分でも、あまり痛くない月と、痛みが強く調子が悪い月があると思います。

この差が一つは体調と体質です。
体調は日々、違います。
良い時もあれば悪い時もあります。

生理痛がない方もいますので、何か原因があるんです。

原因は個人個人違いますので、ここでは説明は省略します。
当院では、生理の時も、痛くない状態が、普通と考えています。

この普通の状態にしていくのが目的です。
施術は痛くないので安心してください。

『 今月の生理は痛くなかった 』 と思えように身体を変えていきます。
それには、体の蓄積したストレスや疲れも関係しますので、まず、体調から上げていきます。

体質改善をするためには、体調を上げていきます。
体質改善で、生理の時の痛みになっている所を改善していきます
《 生理になっても、痛くならないようにしていく方法が体質改善の施術法です 》

生理の痛みを体質改善で変える

生理痛に関係するのは、体調が落ちていて疲れがたまっているのが関係します。
しかし、
体に疲れがいっぱいたまっていると、体質的に弱い所が反応して生理痛になります。

体調が少し良い時には、軽くて済みます。
体質と言うのは、自分の体の中でも、弱い所です。
弱い所に、疲れはたまります。

疲れがたまると、生理に関係する所が弱いと、生理痛になっています。
この弱さを変えていくのが、体質改善 アンチエイジング 若返りです。

当院は、30周年を迎えて痛くない整体とカイロプラクティックをしています。
小顔矯正が人気で腰痛、肩こり、頭痛、片頭痛、生理痛、便秘、下痢などの症状でカイロプラクティック徳力整体院は30周年を迎えました。感謝を込めて期間限定で3000円になります。

当院では、「小倉 生理痛」「生理痛 小倉」の検索キーワードで人気があります。

Posted by phg42033