小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正とは顔を小さくしていくことが、小顔矯正ですから、顔をどうやったら小さくすることができるのか本当に顔が小さくなるのか、そしてもし顔が小さくなってもいいですることや持続する力があるのかということを説明していきたいと思います。

一番、小顔矯正をしていく時に気になるものは本当に顔が小さくなるのかということと、小さくなったら維持することができるのか二つの点だと思いますので、この説明をしていきたいと思いますので、しばらくお付き合いしてください。

小顔矯正をしていく時には、ボキボキもしないし、痛くもないと思われる小顔矯正をしていますし、顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、顔を小さくすることができる小顔矯正をしています。

小顔矯正していく時には小顔矯正に入る前に顔の大きさを触って覚えてもらうことをしながら小顔矯正に入っていきますので、顔が小さくなったのが分かるようにしているのが当院の特徴です。

小顔矯正をしていく時にはどうやって顔を小さくしていくのかというと、電気や機械などを使ったりすることもなく、小顔矯正グッズなどを使うこともなくての技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていく時には、小顔矯正に配慮前に自分の顔の大きさを触って覚えてもらうことをしながら小顔矯正に入りますが、簡単なようで簡単ではない触り方ですから簡単だと思って甘く触っていると小さくなったのがわからないということがあります。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが、全員の方が顔が小さくなっていますが、100人小顔矯正を希望された方が訪れても10人ぐらいの方は顔が小さくなったのがわからないということがありましたので、そういうことがないように分からないということがないようにしっかりと触ってもらうことを基本的にしています。

簡単ではないですが、まず顎の部分に両方の手首をくっつけるようにして合わせて手のひらと指で顔を密着させるようにして触ってください。

顔の触り方

しかし、ただ触っただけでは分かりませんので、まずは練習として鏡で自分の顔を見てみてください。

ただ見るだけではなく、顔の左右差を感じようとして見てみてください。

鏡で自分の顔が映ったら、顎のラインを比べてみます。

どちらの顎の部分が出っ張っているかという感じで、鏡で見てください。

鏡で見て、左右差が分かったら、今度は自分で手で触ってて同じような感覚で感じようとしてください。

鏡で見た出っ張り度合いが同じ側にありますか。

鏡で見た部分と手で触った部分の感じが違えばしっかりと分かっていないということなんです。

鏡で見た出っ張り度合いと手で触った出っ張り度合いが合えば正解だというしっかりと顔の大きさが触っている可能性があります。

鏡で見た出っ張り度合いの部分と手で触った出っ張り度合いの部分をしっかりと触って覚えておいて欲しいんですが。

鏡で見た出っ張り度合いと手で触る時は目を閉じて触った方がいいかも分かりません。

これを院長と向い合わせて説明をしている時に二度程練習をします。

それほど難しいことだからです。

簡単に触ってしまった方ほどわからないということがいますので、分からないということがないようにしっかりと触って左右差を感じようとしてください。

左右差を感じようとすると、手の集中力と脳にある感覚神経が働き出しますので、感覚神経が働くことが集中力を増強することができますので、増強することで顔が小さくなったのが分かるということなんです。

顔が小さくなっても分からないという方は、大脳を働かせることができない可能性がありますから、大脳が弱ってしまっている場合が多く見受けられますので、そういう方は睡眠負債状態になっていると思います。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていく時には一番厄介で邪魔なものがあります。

小顔矯正をしていく時に一番厄介で邪魔なものというのは疲れやストレスの蓄積です。

毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや掃除をすることや洗濯をすることやショッピングをすることでも疲れやストレスは多くなるばかりですから、疲れやストレスを減らさなければいけませんが、ほとんど多くの方は疲れやストレスを減らしていません。

気分転換的なことはよくしているみたいですが、普段と違うことをすると気分が転換されて良くなったような感じにされてしまいますが、体には多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

気分転換的なことというのは、カラオケに行っても気分転換になりますし、飲みに行っても気分転換になりますし、旅行に行っても温泉に行っても気分転換が行われますので気分がいいような感じでストレス発散したような感じになりますが、逆に肉体というのは疲れやストレスを溜めてしまっています。

カラオケに行って歌を歌ってもエネルギーを使っているだけで、エネルギーを使った分だけ消費してしまいますので、消費した分だけ肉体は疲れやストレスを溜めてしまっていますが、精神的な気分発散状態が多くの行われていきますので、ストレス発散になっているような感じになっているだけです。

飲みに行っても焼き鳥などを食べても焼肉を食べてもどれだけ内臓が働いて分解や消化を多くなっているのかということも考えずに、アルコールを飲んだり食べたりしているだけです。

内臓が勝手に働いてくれているから考えもせずに飲んだり食べたりしていますが、アルコールなんかが分解されるためにはどれだけ内臓が働いて分解しているのかということも考えもせずに飲んだりしているだけなので、どんどんアルコールを飲まなくても肝臓が疲れやストレスを溜めていき、肝臓の細胞が変化していくということも起こりやすくなります。

我々は生活するためにも、運動をするためにも、体を動かしていくためにも疲れやストレスを多く食べてしまっているのに、食べることでも内臓がどれだけ働いて消化や分解を行っているのかということも考えずに生活してしまっていますので、内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていきますが、内臓と言ってもなんでもかんでも病気というのを関係づけることなく疲れやストレスが溜まると説明をしています。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが、院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと小顔矯正の方、全員の方が体調は悪くありません、調子は悪くありませんと答えが返ってきますが、検査することが出来ますので、検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがめちゃくちゃあるのに、という感じや背骨がずれてガタガタ状態になっているのに、という感じの方が多くいます。

特に背骨のガタガタ状態異常に連れている状態で、椎間板ヘルニアが起きている方がいますので、それらは全て内臓にたまった疲れやストレスを表しています。

骨盤の歪みや骨盤の開きは全員にありますが、背骨のズレというのはずれていたり、片方状態になっているところほど内臓に直結して関係がありますので、例えば肝臓が弱って疲れている方は背骨の8番目の骨がずれています。

胃が疲れている方は、背骨-5番目の骨がずれていますので、胃に関係する骨だということがわかります。

こんな状態で骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり、背骨がずれてガタガタしているのに体調が言い訳はありませんから小顔矯正をしても維持する力なんかはあるわけはありませんし、持続力なんかはあるわけはありません。

小顔矯正で顔が小さくなっても、維持することや持続力というのは、自分の身体に原因があります。

小顔矯正をして顔が小さくなった訳ですからあとはご自分次第だということですから、小顔矯正の技術の問題ではありません。

しかし、そうは言ってはいられませんので、初回は顔を小さくすることをしていきますので2回目か3回目の時には体全体から整えていくことをすると持続力や維持する力が大きくなっていきますので心配しないでください。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスとは別に睡眠負債状態の方が多くなっているのが問題視されています

睡眠負債というのは、寝ているようで眠れていないから大脳が極端に弱っていっているからです

大脳が弱ってしまった方ほど、持続力もありませんし、維持することなんかは出来ませんけど、大脳が弱ると胎嚢だけではすまない状態で痛みやこりも感じにくくなり、脳内麻薬であるモルヒネが多く分泌されている可能性があり、ハイテンション状態になっている方ほど疲れ知らずで動けるし、運動やスポーツもより多く出来ると思いますが、大変なことが起きていてもわからないという方が多くなっていますので分からない方が顔を触っても小さくなったのは分からないほど頭が麻痺してしまっています

小顔矯正と言っても10センチも20センチも変わるものはありませんので1センチだったり2010だったり3センチだったりという風に変わっていきますので1センチ変わっても判るように触っておいて欲しいんですが、睡眠負債状態があると脳の感覚神経も働くことができない可能性がありますので、働くことができないと小さくなったのが分かりません。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には一番邪魔なもの、小さくなりにくくしているもの効果をなくしているものというのが疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態です。

しかし、睡眠負債という状態は大変なことが起きているんですが、大変なことが起きているということも分からずに毎日を生活している可能性がありますので、睡眠負債というのは大脳が弱ってしまっていますから、大脳が弱ると次に呼ばれのは内蔵なんですが、内臓のトップで弱っていくのは心臓になります。

普通なら心臓が弱ってくると、胸苦しさや呼吸がしにくいなどが起きなければいけませんし、ドキドキ胸のあたりでチクッとする痛みが一瞬だけあったりすることがあるんですが、それらも感じ取ることができない方もいます。

小顔矯正と言っても単純に顔だけ小さくすればいいというわけではありませんし、体を整えていくことをしないと効果がなかったり、戻りやすくなったり、持続することができなかったり、維持することができなかったりというのが起きるのは当然です。

 

小倉南区から小顔矯正をすることをしています。

コメント

error:Content is protected !!