カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティック というのは痛みやコリが起きるのは歪みやズレに原因があるということを念頭に置きながら 歪みやズレを矯正することで 痛みやコリを楽にして行く方法です。

カイロプラクティックと言うとボキボキしたり痛い怖いというイメージが強く持たれている方が多くいますが当院のカイロプラクティックは体に一番優しい方法で調整することをしています。ボキボキしたり痛い怖いということはなく気持ちがいいマッサージのような感覚で背骨を矯正したり骨盤の歪みや骨盤の開きを整えて、それ以上の調整をしているのが当院のカイロプラクティックです。

カイロプラクティックと言っても色々な矯正方がありますがその中の一つにボキボキする方法がありますのでどうしてもボキボキするような痛い怖いというイメージが強く持たれている方が多くいますがカイロプラクティックのボキボキ両方は本当の骨の矯正をしているわけではなく ボキボキする音も矯正している音ではありません。

カイロプラクティックで行うボキボキする矯正音というのは手の指をボキボキすることと同じ音になりますし同じことですから手の指をボキボキして矯正していると思う方はいないと思います。

ボキボキ音というのは矯正音ではないので背骨の方は 骨が大きいためにボキボキ する音が骨が矯正しているような音に聞こえますが実際には骨の矯正というのができていません。

ボキボキ音とカイロプラクティック

このボキボキする音というのは椎間板や軟骨の中にあることが多く蓄積していくと気泡が多く生まれてきますので気泡というのは空気の泡です。

椎間板や軟骨の中に空気の泡が多く できることで 関節を曲げることやひねることで空気の泡が偏って大きく 一つになることで ボキボキと音に聞こえます。

本当の骨の矯正というのは違うところにありますのでボキボキするような矯正では骨の矯正とは言えないんです。

あることが起きるというのは貴方の溜まる原因になっているものなんですが 疲れやストレスです。

人の体というのは生まれつき弱い部分とそうでもない部分がありますので弱い部分が関節だったり内臓だったり筋肉や靭帯だったりという広い範囲のものがあります。

例えば生まれつき内臓が弱かったら赤ちゃんの時でも心臓の移植をしなければいけないという人もいますので赤ちゃんは生後まもないわけですからそんなに長く生きていないのに移植しなければいけないほど内臓が悪いまたは弱いということです。

内臓の弱さとカイロプラクティック

内臓の弱さと背骨は密接な関係を持っていますので心臓が弱いかたは肩の部分の胸椎の1番目と2番目の骨は心臓に関係する骨ですから生まれつき歪みやズレがあります。 生まれつき心臓が弱いかたは弱い心臓に疲れやストレスが溜まりやすく弱い心臓が疲れやストレスが溜まることで細胞の変化が起き老化していき心臓病にゆくゆくはなる可能性がありますがなる前に肩こりなどを起こしています。

背骨と内臓は密接な関係がありますので肝臓が弱い方は 肝臓の病気になりやすく背骨の胸椎の8番目の骨が曲がっていますので病気になる前に花粉症やアレルギー性鼻炎や膝の痛みや外反母趾などを起こす可能性が高くなっています。

親や祖父母の方が糖尿などを持っていると糖尿というのは膵臓ですから膵臓の病気になる前にアトピーやアレルギーなどを起こしたりすることが多く起きたり 疲れやストレスが弱い内臓に溜まって多くなっていくとゆくゆくは糖尿病になって行きます。

しかしどの症状もなると仮定しているわけではなくなっていく確率が高いということを言っています。

ですから病気としてなる可能性というのはその人がどれくらいの弱さの内臓を持っているかにおいて違ってきますのでなると言っているわけではありませんので勘違いをしないでください。

内臓の症状とカイロプラクティック

肩こりであろうと腰痛であろうと頭痛であろうと生理痛であろうと生理不順であろうと便秘であろうとその内臓の弱さが原因なんです。

例えばですけど生理痛というのは子宮と卵巣とホルモン系と脳下垂体が関係していますのでそれらのどこかが弱いかバランスが悪いと生理痛になっています。 しかし生理痛を起こしている時点では病気としてではありません。 ですが生理痛を起こしやすい方は先将来、卵巣の何らかの病気や子宮の病気になる可能性が高いということですからあくまでも可能性として説明を聞いてください。

便秘になっている方は便秘と言うと大腸や小腸が考えられますので大腸や小腸の働きや 働きが低下しているから便を送り出す力がないから便秘になるって便通が悪くなるということですから大腸や小腸や回盲弁に関係があるということです。

頭痛になっている方もどうして頭痛になるのか繰り返し頭痛が起きるのか頭痛薬を飲んで抑えることをするのかということを考えなければいけませんが最近見たテレビの何かの特集で テレビに出てきた偉い先生が言っていましたが頭痛の方の半数の方が脳梗塞になっていると言っていました。 これも頭痛の方=脳梗塞になる可能性と言ってるだけであってなると断言しているわけではありません。

例えばですけど腰痛やぎっくり腰などを繰り返して腰痛をいつまでも慢性化した状態になっている方は多くの方が透析になっていたり腎臓の病気になっている可能性が多くあります。 これもなると断言しているわけではなく可能性が高いと言っているだけなんですが全ては家系的な要素と遺伝が関係しています。

遺伝というのは親から子供や孫に引き継がれている設計図みたいなものなんですが親からもらった設計図に弱さが記されています。

設計図に記されているよさというのは関節や内臓の弱さです。

設計図に記されている内臓の弱さというのは 家計的な要素であり遺伝的な要素であるからして親や祖父母やまたそのまた上の両親などが深く関係を持っていますので 家系図を見て何かの病気になっている方がいればその可能性があると言っていますけどそういえば全員に可能性があります。

でも可能性というのは全員に対して同じ病気になるというわけではなく隔世遺伝という言葉もあるようにその中の数人がなるということです。

ですから病気になっていない家系や 代々受け継がれてきた人が病気として死んでいなくて老衰ばかりで死んでいる方は長生きの家系かも分かりませんし遺伝的にそれほど弱さがないのかも分かりません。

遺伝的な弱さを少しでも変えていくことができるのが体質を変えるという体質改善の施術になりますが簡単な体質改善はありませんので根本的に1回や2回で変わる体質というのはありません。

しかし痛みやこりの原因になっている根底にあるものは体質なんです。

内臓が弱いという体質関節が弱いという体質があり 体の年齢が重なった状態で加齢を加えていること色々な部分も年齢を重ねていきますので年齢を重ねたものが何かの症状を起こしていきます。

例えば年齢に関係なく10代でも20代でもまた10代以下でも起きてしまう痛みやコリがあればその部分だけ親からもらった遺伝子が弱かったということになり生活上で疲れやストレスをためてしまうと、弱い部分に多くためてしまいますのでその部分が一時的に痛みやコリを起こしています。

人の体には生まれつき弱い部分とそうでもないという部分がありますので、弱い部分ほど生活において、疲れやストレスが溜まりやすくためてしまうと老化が急激に進行していき進行しながら時々何かの症状を起こし痛みやコリになっています。

もし遺伝的に弱いところがなければ本当に人は100歳と言わず200歳も300歳も生きることができるのかも分かりませんが内面的な弱さがあるから 目元がそっくりだとか口元が誰かにそっくりだとかいうことだと思います。

アインシュタインも言っていますが人の背骨が完璧にまっすぐであれば人は1000歳でも生きられる可能性があるかもわからないと。

カイロプラクティックというのは 歪みやズレを矯正して整えていくことをしていくのがカイロプラクティックですからマッサージをしているわけではありませんしマッサージというのは筋肉に対して揉みほぐすことをしていますので骨盤や骨のズレなどは関係ありません。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを矯正するためには筋肉のコリや緊張があると 障害になってしまいますので筋肉も揉みほぐさなければいけませんか筋肉が目的ではありません。

カイロプラクティックというのは手の技で体を整えていくことをしていくのがカイロプラクティックの意味になりますのでカイロというのはてという意味がありプラクティックというのは術とか技とかいう意味があり両方合わせた言葉で手技という意味になります。

カイロプラクティックというのは病気を治すわけではありません。

体を直していくことをしていくのがカイロプラクティック。

当院のカイロプラクティックの施術は検査をすることを重要視していますので当院で一番 特徴があるのが検査する技術と治療技術になります。

治療するためには検査ができないとどうなっているのか何から起きているのかということは目で見てわかるものではありませんのでしっかりとした検査をすることで判断しながら整えていくことをしますが最近は多くの方が異常と思えるほど体調が悪くどん底のような体調をしている方が多くなっています。

体調の落とし方が異常に悪い方は睡眠負債状態になっているので睡眠負債状態が多いと寝ているようで眠れていません。

寝ているようで眠りが浅いということは 脳細胞が急激な減少や脳疲労を起こしていきます。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えることができますが 寝ながら考え事をしている睡眠というのがありますがその睡眠が最悪な睡眠なんです。

寝ながら考え事を知る睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまっていますので 多くの方が寝ていると勘違いしています。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることです。

脳から寝ていることを眠りと言います。

寝ている人を人が見て気持ち良さそうな眠りをしているよと思っていても格好だけ見ているだけで脳の中の言葉で見えていませんし顔が目をつぶっていれば寝ていると勘違いしています。

寝ている本人は寝ているから目が覚めない限りは寝ていると思います。

そこに大きな落とし穴があります。

小倉南区から 痛みやコリの原因になっている 歪みやズレを解消していくのが カイロプラクティック です。

コメント

error:Content is protected !!