腰痛

腰痛

腰痛対策

腰痛を 楽にしようと思うなら腰痛の原因になっているものから見つけ出さなければいけません。 しかし腰痛と言うと原因を改善しなくても見つけ出さなくても楽にする方法はあります。

しかし楽になる方法ばかりに逃げていると 1人おさえにしかなっていないために原因を悪化させたり進行して厄介な状態になっている方も多くいます。

腰痛と言うと 整体院やカイロプラクティック院が専門だと思いますが整体院やカイロプラクティック院でも技術の差がありますからいろいろな治療法があるのが現実です。 しかし技術の差があるのはどこに行っても同じなので整骨院に行っても機会が違ったりやり方が違ったりという色々な方法があると思います。

腰痛と言うと整形外科、外科またはマッサージ院や指圧や鍼灸や 整骨院 いや整体院やカイロプラクティック院という 腰痛を治療するところがあります。

それぞれで 違った治療をしていると思いますから整形外科や外科でも 同じ治療をしているところはないと思います。 病院というところは薬や注射を使うことも出来ますしレントゲンを撮ることもできますからレントゲンというのは骨折やひびの場合に有効です。 後は湿布を貼ったり 痛み止めの注射を処方してもらったりということだと思います。 もしかしたら電気などを使うところもあるかも分かりません。 しかし腰痛を楽にすることはできても腰痛の原因を見つけ出すことはできないし 腰痛の原因を矯正して整えることはできません。

腰痛というのは病名であって病気ではありませんから。

外科や整形外科というのは 骨折や外傷や傷などを主に治療するところですから。 怪我をしたら病院に行くのが外科や整形外科です。 腰痛で行くとレントゲンを撮ることもありますが骨の歪みが分かることもあればわからないこともありますが湿布を貼ったり電気をしたりということをしていると思います。 後は病院ですから痛み止めの 注射を打つこともできます。

しかしそれらをして腰痛が楽になったとしても骨盤の歪みや骨盤の開きなどの骨盤の不安定状態は残ったままになっていますから繰り返しやすく慢性化しやすく なるということは当然だと思います。

腰痛は骨盤の不安定状態から体を支えられないときに重たい物を持ったりすることで起きています。

整骨院などでも低周波治療器を使って安くて保険を使うことができますが整骨院でも検査することもしないし骨盤の不安定状態を解消する治療技術は持っていませんので 電気をしたりマッサージをしたりという行為で腰痛を楽にすることをしていますが骨盤の歪みは骨盤の開きは残ったままになっていますし、いくら楽にしても腰痛を治しているということは言えません。 しかし整骨院いいところは保険がきいて安いところだと思います。

しかし腰痛の方は本当に考えて欲しいところなんですが 腰痛には腰痛を起こしている原因があると説明したように原因もいつまでも同じままでいることはありませんので進行したり悪化したりして脊椎管狭窄症になったり坐骨神経痛になったり 3年経っても腰痛が治らなかったり5年経っても悪いままだったりということをよく聞きます。

マッサージというのは筋肉をほぐして柔らかくすることをしていますが骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正しているわけではなく筋肉を癒しているだけですから筋肉を癒していても骨盤には何ら関係はなく腰痛を楽にすることはできても原因を見つけ出して矯正することをしていません。

腰痛と疲れやストレス

腰痛を起こしている方繰り返しやすい腰痛の方は全ての原因は体に蓄積した疲れやストレスが原因です。

毎日毎日の生活や炊事やショッピングなどで疲れやストレスは多くなりますし 仕事上でも疲れやストレスは多くなりますし運動することでも筋トレすることでも疲れやストレスは多くなり 精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などでも疲れやストレスは多くなっていきます。

疲れやストレスというのはどこにたまるのかということを知っている方は少ないと思います。 腰痛を治療している先生でも知らない方が多くいます。

毎日の生活することで多くなる疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中、水分が65 kg になります。 圧倒的に体重の半分以上が水でできているということです。

水と言っても飲み水とは違いますので血液だったりリンパ液だったり細胞の中の水だったりと色々な水分だということです。

この水分が腰痛の原因になるということは考えられませんので後残ったものの中に 疲れやストレスが溜まるところがあるという事です。

65 kg が水分ですからあとの残りは35 kg になりますので35 kg の中には皮膚の重さ筋肉と靭帯の重さ脂肪の重さ骨の重さとリンパと神経と血管の重さしかありません。

あと残った35 kg の中に入るものは中枢神経系の大脳と脊髄と脳幹と内臓です。

中枢神経系の大脳と脊髄と脳幹は内臓の一部でもありますから全ての疲れやストレスがたまるというところは内臓と筋肉です。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは筋肉にはたまりながら内臓にかなりの多くの疲れやストレスが溜まっていきますので体の中から崩れを起こしていきます。

内臓といっても病気というわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まったという状態ですから何でもかんでも病気というのは関係付けることなく説明を聞いてください。

体の中から起きる疲れやストレスが溜まった状態の内臓が骨盤の歪みや骨盤の開き状態を起こし骨盤を不安定にさせて行きます。

あとは切っ掛けが必要なだけなんですがきっかけというのは単純なもので体を支えられない状態であればどんなことでも構いません。

切っ掛けというのは重たいものを持ったりには仕事で座って仕事をして立とうとした時などやくしゃみをしたときや前かがみになった時や同じ姿勢で運転している状態でも腰痛が起きてしまうということなので、どんなことでも構わないということで切っ掛けです。

腰痛が起きる時には骨盤の不安定状態がある時にきっかけをすると急激に腰が痛くなって行きます。

しかしこの時には身体全体に疲れやストレスが多く蓄積していますのでしっかりと休養をとらないと心臓発作になる可能性も中にはあるんです。 腰痛と心臓発作や脳出血や脳梗塞などの突発的に起きる問題というのは同じ部類に入りますので腰痛といっても甘く考えてはいけません。

特にに寝違えやぎっくり腰というのは 体が起こすボディーランゲージですから警報が鳴っているという状態です。

体に疲れやストレスが多く溜まった時ほどボディランゲージが働いて警報を鳴らしてくれていますが人は簡単に考えてしまって痛みだけを抑えて楽にすればいいと思うかも分かりませんが、これが大変な行為になります。

体は、なにかの痛みやコリなどの色々な症状を起こす時には 原因があるから起きているわけですけどこの原因は全て 疲れやストレスの蓄積で危険信号だということです。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が 腰痛の解消に訪れていますが 椎間板ヘルニアになっている方も 多くなっていますのでそれだけ体調が良くないということです。

椎間板ヘルニアがありますよと患者さんに説明すると、私ですか、とよく言われます。 信じられないという感じですね。

しかし椎間板ヘルニアというのは普通一般的に疲れやストレスが溜まったりすると起きる現象なので椎間板ヘルニアを改善していくことをしていけば腰痛は楽になっていきます。 椎間板ヘルニアというのも特殊なものではありませんし疲れやストレスが溜まったりすると普通、誰でも起こります。

しかし最近は疲れやストレスだけではなく睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債状態というのは眠れていないということを指しています。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっている。

眠りというのは脳が休養とって休んでいることを寝ていることを眠りと言います。

誰が見てもスースー寝息を立てている状態でも脳の中のことまでわかっていませんし見ていません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢というのは長く見ているような感じがしても1秒だったり2秒だったりという脳のトリックが起こす現象です。 ですから実際に夢を見ている時間というのは記憶に残ることはありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないけど寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めることなく No を弱らせて衰弱状態になっていきますので衰弱状態になると限界まで何かの状態を悪くしてしまわない限りは症状を起こすことはなく何も感じません。

何も感じないまでも実際に歪みやズレは起きていきますので限界を超えるまではわからないということです。

限界を超えてしまうまでは痛みもこりも感じません。 眠れていないにも関わらず朝から動けるし疲れ知らずで動いたり生活したり運動したり筋トレしたりすることができます。

しかし眠りが浅いということは心臓が弱っていますし内臓も全て終わっていますがそれを感じ取ることもできません。

それが一番分かりやすいことはあくびが出ないことです。 昼間はあくびが出ても夜寝ようとする直前にあくびが出ていなければ眠ることはできていません。

あくびというのがひとつのバロメーターでもあります。 あくびは脳が休養を取りたがっている証拠だからです。

腰痛とは

腰痛が起きる時には必ず骨盤の問題がありますし多くの疲れやストレスが溜まっている状態で調子を悪くしている時に限界を超えた状態で起きるのが腰痛です。

腰痛を起こす原因として あげられる内臓は腎臓です。

腎臓というのは腰の少し上にある部分ですかけど背中の部分にありますので腰の骨盤の少し上だという感じですね。

腎臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくと腎臓は炎症を起こしたり硬くなるということで腎臓に関係する筋肉である大腰筋腸骨筋という筋肉に影響を与えてしまいこの筋肉は骨盤に 影響を与えて骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきます。

腎臓が弱い方ほど腎臓に疲れやストレスが溜まっていきますのでこのまま年を取るばかりでは腎臓がどんどん弱くなっていき曰くナルト最終形態はもしかしたらですけどなる可能性ですが病気です。

透析を起こしている方の約半数の方が 腰痛になっています。

当院では体質改善という腎臓の細胞を少しずつでも若返らせる方法があります。

しかし体質改善の方法は初回からはできませんので体が整ってきて腰痛が楽になった時にしか進むことはできません。

 

小倉南区から腰痛を解消するなら徳力整体。

コメント

error:Content is protected !!