肩こり

肩こり

肩こり解消法

肩こり を解消していくためには肩こりの原因になっているものから減らしていくことを優先してしていかなければ肩こりを本当の意味で直すことはできません。

肩こりというのは原因があるから肩が凝って肩こりになっているわけですから原因を見つけ出さなければ一時抑えばかりをしていると原因もいつまでも同じままではいられません。

多くの肩こりを治しているという専門の治療院でも対症療法が多く見受けられますので本当の肩こりの原因を分かっていないから対処療法ばかりしているという感じに見えてしまいます。

対症療法というやり方は原因なんかは関係なく、ただ楽にすることをして直したと思わせることなんですが、当院でも対症療法を、まずしていかなければ先に進むことができませんので対処療法はしていきますから対症療法というのは嬉しい方法ではないんですがそれで楽にしたからといって肩こりが本当の意味で治ったというわけではありません。

対症療法というやり方は多くありますが何と言っても肩こりを楽にすることにかけては代表的なものが湿布を貼ったりすることです。

ドラッグストアなどで売っている湿布を貼って肩こりを楽にするということが代表的な肩こり解消法だと思いますが何も原因を調べることもなく検査をすることもなく、ただ炎症、ハレを解消してスースーしてインドメタシンの薬効や炎症や腫れを抑えるということが湿布を貼って怒りますので肩こりが楽になっていきますが湿布を貼って楽になる程度の肩こりでしたら楽になると考えた方がいいと思います。

ですから何でもかんでも湿布を貼って肩こりが良くなることはありませんし慢性化状態を作ってしまう事も多くあるかと思います。

対症療法というのは原因を検査して見つけ出すこともしていないのでただ貼って楽になる ものでしたら楽になるということです。

しかし楽になることと 原因から見つけて改善して減らしていくということは全然、意味が違います。

単純に肩こりと言うと湿布を貼ったりして楽になりますから治ったと思うことなく楽になったということだと思いますので原因はまだ裏側に潜んでいます。

湿布を貼って肩こりを楽にしても原因が残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりは筋肉のコリ

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージがどうしても強いために湿布を貼ったりマッサージをしたりということが多く見受けられますがどうして筋肉のコリが起きたのかということを見つけ出すこともなくただ筋肉を揉んだりしてマッサージしているだけですから本当の意味で肩こりの原因を治療しているわけではないと思います。

肩こりをなくしていくということは湿布を貼ったりマッサージをしたりすることで一時的に癒しを与えたり楽にすることとは全然意味が違いますからしばらくの治療が必要になることは言うまでもありません。

肩こりと言うと筋肉のコリばかりほぐして改善することが多くありますが、改善するというよりも分からなくなるといったほうがいいかも分かりません。

特に肩こりと言うとマッサージをしたり筋肉を揉んだりして楽になっていきますし整骨院などでしている低周波治療器も同じことですから筋肉をほぐすことをしていますが低周波治療器というのは筋肉をほぐすというよりもこりを散らすという意味があります。

低周波治療器というのは定電流の電気を 筋肉にプラス端子からマイナス端子に電流を流すことで刺激をしますが、刺激をすることでリンパの老廃物が流れていき循環が良くなりますが単純に筋肉疲労を多くしているだけです。

どうしてリンパの停滞が起きて老廃物が流れていかないのか循環が良くならないのかということを考えなければいけませんが単純に筋肉のこりから起きていると考えることは大変難しいと思いますので 単純に他の原因があって起きていると考えた方がいいと思います。

筋肉以外で起きる肩こり

肩こりというのは筋肉以外でも起きていることが多く見受けられます。 マッサージは筋肉を揉んだりしても改善できないものがありますのでマッサージをしたりもんだりしても改善できないものというのは背骨のズレです。

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がなにかの原因で何を起こすと筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んだりということが起こりますので筋肉が問題を起こせばリンパの働き悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということは当然を起こります。

しかし中枢神経系を守っている背骨の骨がずれるということは姿勢でずれたり猫背ずれたりすることはありませんので他の何かの原因があるからズレやゆがみを起こしています。

裏側に潜んだ原因があるから背骨がずれて筋肉が引っ張られたりしてこりになっているわけですから裏側にある原因を見つけ出さなければいけませんのでそれには検査することが大切です。

背骨のズレというのは簡単に起きるものではなく 姿勢や猫でだからといって起きることはありませんのでまた重たいものを持ったりして私生が悪かったりすることでも背骨がずれるということはありません。

そんなに簡単に背骨がずれたりしていたは中枢神経系を守ることはできません。

背骨のズレと肩こり

背骨がどうしてずれるのか ということは原因があると説明したように裏側にある原因を検査すると大変なことが分かってきます。

毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが溜まっていきますか疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていくわけですから貯まるところを探していくのが一番だと思いますがそれは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

ある部分というのは内臓です。

内臓と言っても疲れやストレスの蓄積だと説明していますようになんでもかんでも内臓と考えると病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中65 kg は水分になります。

つまり体の大半は水分で構成されているということなんですが水分がつまり水が何かを起こすということは考えられませんので後残ったものは 骨と皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と血管や神経やリンパ管しかありません。

この中で疲れやストレスを溜めやすいと考えられることは 筋肉と 中枢神経系と内臓しかありません。

中枢神経系というのは大脳と脳幹と脊髄ですがこれも内臓にあたりますので疲れやストレスがたまるところは筋肉と内臓です。

雷蔵に疲れやストレスが溜まることが原因で主に体の歪みがおきなかから崩れを起こし骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

背骨のズレが起きると筋肉は引っ張られたり緩んだりして肩こりになります。

内臓疲労と肩こり

肩こりの大元中の大元の原因は内臓に蓄積してしまったことが原因で背骨がずれて背骨がずれることで筋肉は緊張したりして肩こりになるということが原因なんです。

肩こりを起こしやすい内臓というのはいろいろありますが心臓や肺や横隔膜やいいや肝臓などが一番、肩こりを起こす内臓として挙げられます。 これの内臓に疲れやストレスが溜まると咳が出やすくなったり呼吸がしづらくなったり胸のところで時々動悸がしたり痛みが走ったり ということが起こりやすくなります。

しかし最近は睡眠負債状態の方が多くいますので睡眠負債状態というのは脳から休養とって寝ていることができていない方です。

脳から休養とって寝ていないと寝ているとは言えませんので人が見てもスースー寝息を立てて気持ち良さそうだ眠りをしていても格好だけ見て判断して脳の中のことまで考えていません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

睡眠負債の中でも夢よりもさらに悪い睡眠があります。その睡眠の事を寝ながら考え事をしてる睡眠と言います。

寝ながら考え事を知る睡眠が多い方は体調もどん底での体調していたり奈落の底の家体調していますが自分の体調の悪さを感じていません。

 

 

 

 

 

小倉南区 で 原因から 肩こり を解消することをしている徳力整体院です。

コメント

error:Content is protected !!