骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正 をしていくときには 初回から骨盤が小さくなることで 評判が良くてボキボキもしないし痛くもないから人気集中で 骨盤が小さくなって小尻になることができる。

今まで当院では多くの方の骨盤を小さくすることをしていますが、ほとんどの方は骨盤矯正の意味を知らなくてただ小尻にして欲しいとか骨盤が小さくなりたいというだけで来ていますので骨盤矯正の意味をしっかりと知ってもらうためにまた骨盤が本当に小さくなるということを分かってもらうために説明をしていきたいと思いますのでしばらくお付き合いください。

当院の骨盤矯正は本当に骨盤が小さくなることで人気がありますので 初回から骨盤が小さくなっていきますが当院の骨盤矯正には骨盤矯正の意味があります。

骨盤矯正をして骨盤を小さくするためには骨盤の中に入っている内臓も深く関係していますし 体調も関係していますし睡眠負債状態も骨盤矯正に多大なる影響を与えていますので深く関係を持っています。

一番深く関係があるものは 体調と睡眠負債状態です。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときには ご自分の両方の手のひらを骨盤の横に当てて触ってもらいながら幅を覚えてもらうようにして骨盤矯正に入っていきます。 骨盤矯正をするときには自分で小さくなったのが確認できるようにしているのが当院の特徴です。

しかし骨盤矯正を初回から大きく変化させていくと だるくなることが多くあります。

骨盤矯正をしていくときにご自分の両方の手のひらを骨盤の横の股関節の部分に当てて真横を触ります。

触る時には真横を本当に触っているのか鏡などを見て確認をしてください。

他人がメジャーで測ったりすると位置が違ったり強く測ったりいるか測ったりといういい加減な状態が起きてしまいますので骨盤矯正をする前には威力測って骨盤矯正をした後に強く測ると誰でも小さくなったような感じがします。

当院では嘘や偽りがないようにご自分の両方の手のひらを骨盤の両翼に当ててもらって自分で幅を覚えてもらうことをして骨盤矯正に入りますが、この触り方は簡単な方法ではありません。

ただ骨盤の横に手を当てただけでは幅を感じ取ることはできませんから骨盤矯正と言っても10 CM を20 CM も小さくなることはなく1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで変わってきますので1 CM 変わってもわかるように触っておいて欲しいんです。

1 CM というのをイメージしてみてください1 CM 変わっただけでも骨盤が小さくなっていきますが 当院ではその一cm 変わってもわかるように覚えてもらうことをしています。

骨盤の両方を手のひらで幅を感じるようにして目をつぶって左右さを感じ取るようにしてください。

左右さを感じ取るようにすると手に集中力と頭から感覚神経の働きが良くなった状態を作りますので感覚神経と手の集中力で幅を覚えようとすると骨盤にも左右差があるということがわかります。

例えばですけど左右差というのは右側が出っ張っているような感じがしたり左側がストレートのような感じになっているとか 左右差がありますからそれを触って覚えておかないと分からなくなります。

今まで 数パーセントの人が骨盤が小さくなったにもかかわらずスカートやズボンがゆるくなったにもかかわらず手では分からなかったという方がいます。

はいてきたスカートやズボンがゆるくなったということはそれだけ骨盤が小さくなったということを指しますのでゆるくなったのが分かるように触って覚えてもらうようにしていますが ある部分が問題を起こしていると感覚神経が働かなくて集中力が手に行き渡りません。

あることというのは

骨盤矯正と睡眠負債

最近は多くの方が夜に寝ているようで眠れていませんので眠れていない方ほど脳が弱っていますので道が弱ると体調はむちゃくちゃと言っていいほどどん底のような体調になっていますがこれをカバーするだけのハイテンション状態になりますからハイテンションになればなるほど痛みやコリをわからなくなり興奮状態を起こしますので夜寝ようとすると寝つきが悪いというよりも目が夜中に冷めるというよりも寝ながら考え事をする睡眠になります。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 寝ながら考え事を知る睡眠というのは最低最悪な睡眠ですから寝ている間に暴走状態が強くなり体調がどん底のような体調になっているんですが脳は弱っていってしまいますので脳は弱ると自分の体調もわからなくなります。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか これが大きな勘違いを招いていますので眠りというのは脳が寝ていることを言います。

単純に寝ているから分からないと思いますが 目が覚めないから寝ていると思わないでください。

当院の院長は頭を触るとすぐわかりますし検査をすることでも本当に眠れている頭なのか眠れていないようなのかということを判断することができます。

眠りが浅いということは脳が弱っていく脳細胞の数が急激に減少して減っていきますので減ったものはもう戻ることはありませんし生き返ることはありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるしながら考え事をしている睡眠の方は脳が弱っていき動画言われということは内臓のトラブルも起こりやすくなりますがハイテンションになればなるほど精神的な興奮状態が大きい 何も起きないで体調が良いと思っていますがインフルエンザウイルスや風邪の細菌が体内に侵入して増殖していても熱をあげる元気がありません。

ウイルスや細菌で 熱を上げるわけではなく大脳の力があるから熱を上げてウイルスや細菌を減らそうとします。

ウイルスや細菌が増殖していても風邪も引くこともなくインフルエンザになることもない状態のことを隠れインフルエンザとか隠れ風邪とかいう状態で言います。

体調と骨盤矯正

骨盤矯正をしていく時には体調も深く関係しますので 毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などで体には多くの疲れやストレスは溜まりますが疲れやストレスというのは貯まるところがあるからたまって言ってるわけですからどこにたまるのかということを考えたことがありますか。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは誰でも知っていることなんですが どこにたまるのかということを考えたことがある人は少ないと思います。

疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら65 kg はぎゅっと絞った水分です。

あとの残りの35 kg が 皮膚の重さであり筋肉の重さであり靭帯の重さであり脂肪の重さであり骨の重さであり 後、残ったものは中枢神経系と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスが溜まりやすいというところは筋肉とあとは中枢神経系と内臓しかありません。

中枢神経系の内臓の一部です。

しかし内蔵といっても病気と言ってるわけではなく内臓に蓄積している疲れやストレスと言って説明していますので何でもかんでも内臓の病気というのをイメージすることなく内臓にも疲れやストレスが溜まります。

内臓にたまる疲れやストレスというのは例えばですけど 噛むことでも疲れやストレスが生まれますしのどごしを通って行く時でも通るだけの働きをしますから疲れやストレスが生まれたり胃でも消化することで疲れやストレスは多くなり 十二指腸や肝臓や膵臓でもアルコール分や油を分解することでも疲れやストレスが多くなっていきます。

体調と骨盤矯正

色々なことで疲れやストレスが溜まるばかりなんですが疲れやストレスが溜まって多くなったかたはいくらどんなに骨盤矯正で骨盤を小さくしても骨盤矯正を終わった瞬間からまたは立った瞬間から崩れていきます。

最近はそれほど多くの疲れやストレスや睡眠負債状態の方が多くなっていますので維持する力や持続する力なんかは体調を見れば歴然なんですが分からなければ意味ありません。

自分がどんなけ体調落としているのかということを分からなければ大変なことが起こりますし自分が調子を落としていること自体心臓の負担になっている可能性もあります。

心臓の負担といえば隠れ心筋梗塞という言葉もあるように何も感じなければ心筋梗塞が起きていても わかりません。

いざ心筋梗塞の発作が起きてしまってやっとこさわかるような状態では意味ありませんから 自分の体調と向き合わなければ骨盤矯正をしても綺麗に見えることもなくいくら言葉を小さくしていても脂肪が多かったりむくみが多かったりぶよぶよしていたり状態では 綺麗に見えますか。

当院の骨盤矯正は身体全体を変えていく力がありますので骨盤だけではなくウエストも細くなることも説明しましたように顔も小さくなると言う 骨盤矯正をしています

 

 

 

 

小倉南区 で 初回から骨盤が小さくなると評判の良い 骨盤矯正 をしています。

コメント

error:Content is protected !!