小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正 をする時には何をしたら顔が小さくなることができるのかどうすれば顔を小さくすることができるのかそして維持することや持続させることができるのかということが一番の小顔矯正をする時には問題になると思いますのでそれらを説明していきたいと思います。

今まで多くの方の小顔矯正をして顔を小さくすることに成功していますが顔が小さくなっても維持することや持続する力を気にする方が多くいますので何をしたら持続させることができるのかどうすれば維持することができるのかということを説明していきたいと思います。

当院では小顔矯正をしていくときにはご自分の両方の手のひらを顎の部分に当てて そして手のひらと指全体を顔に密着させるようにして触ってもらうことをして顔の大きさや形や幅などを覚えてもらうことをしています。

この触り方は全員に対して やってもらっていますが簡単な方法のようで簡単ではありませんので鏡で見たり他人がメジャーで測ったりすることなくご自分の両方の手のひらが一番、信用があると思いますので 自分で触って覚えてもらうようにしていますが目で見て判断するものではなく感じようとしないと変化してもわからないという方までいますのでしっかりと触って覚えてもらうことをしています。

小顔矯正をする時に他人がメジャーなどで測ったりすると気づく測ったりゆるく測ったり位置が違ったりということがありますので嘘偽りがないし自分の両方の手のひらの感覚神経を大切にしていますので自分で変化が分かるように顔が小さくなったのが分かるようにしているのが当院の小顔矯正の特徴です。

小顔矯正の触り方は 顎の部分に両方の手首をくっつけるようにして触って手のひらと指を顔に密着させて触るだけなんですがこの時に一番、重要なのは手が浮いたり指が浮いたりすることなく顔に密着させることと左右差を感じようとして触らないといくらどんなに小さくなっても分かりませんし小顔矯正と言っても10 CM 、20 CM も顔が小さくなることはありませんから1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで変わっていきますのでその一センチメートル変わってでもわかるようにしてください。

小顔矯正をするときには自分の両方の手のひらは顔に当てて大きさ覚えてもらうようにしてそして小顔矯正に入って小さくなったのが自分の両方の手のひらで感覚神経を利用して覚えてもらうことをしていますので小さくなったのが分かるようにしているのが特徴なんですが練習も2度ほどを行いますが二度練習を行っても、なおかつ、わからないという方はいますのでその分からないという方は手だけで触っている方です。

手だけで触って大きさを感じようとしないと頭が働きませんので頭を働かせることつまり脳を働かせることができない方は記憶することまで行けなく今現在の幅や大きさをこれぐらいの大きさだということが分かるということはありませんので頭を働かせながら脳を働かせることが一番重要になりますので脳の感覚神経を働かせて幅や大きさを覚えるように記憶してください。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には今まで30年の小顔矯正の歴史の中で小さくならなかったという方はいませんので全員が顔が小さくなっていきますが顔の周辺のむくみや脂肪を減らすことはもちろん小顔矯正の対象になりますがそれだけでは顔が小さくなることはなく 小顔矯正とは言えませんのでそれ以上のことをしていかなければ顔が小さくなることはありません。

小顔矯正をする時にはボキボキすることもなく痛くもないと思われる小顔矯正をしているのが当院の特徴ですから本当に痛くもない怖くもない小顔矯正ですので安心して受けてもらうことができます。

小顔矯正をする時には皮膚のたるみや顔にできた脂肪やむくみなども減らすことは当然なんですがそれだけではなく消去法で説明すると顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と血管と神経と顔面の骨しかありません。

顔を小さくしていくためには皮下脂肪などを減らすこともしていきますがむくみを減らすこともしていきますが、なおかつ、それだけではないということなんです。

小顔矯正をしていくときには 顔の骨を小さくすることをしていかなければ本当の意味で小顔矯正とは言えませんので顔の骨をどうやって小さくすることができるのか危険なことはないのかということになりますけど危険なこともなく今から説明していくことをよく聞いていてください。

最近は多くの方が体調が異常と思えるほど悪くなっていますが悪くなっていることさえわからないという方もいますので体調はどうですかと院長が聞いてみると全ての人が体調はいいですと答えている次第です。

実は当院では体調を検査することをしていますので小顔矯正を希望されて訪れた方全員が体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調をしているにもかかわらず体調が良いと言います。

検査する状態の判断とご自分で感じる体調と差があるということが分かると思いますがこの差というのは睡眠負債状態に関係しています。

体調と睡眠と小顔矯正

睡眠負債状態というのは 寝ているようで眠れていない方ですからね無理というのはどうから眠れていないと寝ているとは言いません。

脳が休養とって寝ていることが眠りということですからいくら体がスースーに行きを立てていて気持ち良さそうだね無理をしている人でも脳の中のことまで 確認ができていない状態で勝手に判断しています。

寝ている方は当然寝ているから分からないと思いますが 女無理というのは脳から寝ていない限りは眠りとは言えませんしねていると思いませんしいい睡眠をとっているということは全然ありません。

脳から眠れていないと 体は異常と思えるほど疲れやストレスを溜めていきますので疲れやストレスを溜めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが多くあったり椎間板ヘルニアがあってひどい痛みやコリを起こしている状態でも脳が弱ってしまっていると感じることができません。

大脳が元気だから痛みやコリが起きている状態を感じ取ることができますしインフルエンザウイルスが入って増殖した状態でも脳が元気だから熱を上げてインフルエンザの症状を起こすことができますが脳が弱ってしまったら熱を上げることもインフルエンザの症状を起こすこともありません。

その状態のことを隠れインフルエンザと言います。

体調や睡眠負債状態があると

睡眠負債状態が多くなっていればいるほどのは弱っていきますので脳は弱ることで自分の体調でさえも感じ取ることができなくて体調が落ちていることさえわからない状態では顔を小さくしてもすぐ戻ります。むくみが多くなることが当然送りますので体調を上げていくことから整えていかなければ維持する力や持続させる力なんかは出てきやしません。

維持すること、持続させることができるのは脳の力や内臓が元気な方だけですから眠りが浅いということは脳が弱っている歯膿に支配されている内臓というのもお疲れやストレスを溜めて疲弊状態を起こしていき循環が悪くなっていきリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。

何も原因がないのにリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまるということはありませんので必ず体調が関与しています。

しかしその体調を感じ取ることができなければ痛みやこりが起きている状態がわからなければ体調がいいと思うのは当然なんです。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には体調や疲れやストレスの蓄積度合いと睡眠負債状態で脳が弱ってしまっている方ほどを維持することができませんしそれ以上に浮腫が多くなったり脂肪が多くなったり骨まで肥大しながら変形しているという方が多くなっていますので特に骨が変形しているところというのは顎の部分なんですが顎の部分を炎症や腫れが起きている状態を 戻していくことができれば顎のラインはすっきり細く引き締まっていきます。

骨の変形を戻していくだけですし正常に行っていくだけなので安心安全だということが言えます。

 

 

小倉南区  で 小顔矯正 するなら人気のある初回から顔が小さくなると評判の良い子顔矯正をしている徳力整体院

コメント

error:Content is protected !!