肩こり

肩こり

肩こりが楽に

肩こりを楽にするなら基本的な事から。

肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりから解さなければいけませんが筋肉だけで起きている肩こりというのはあまりありません。

あまりないと言っているので多少はあります。

肩こりと言うと慢性化してしまった 肩こりもありますので慢性化させてしまうと筋肉のコリや緊張だけでは済まなくなって筋肉が硬くなるということもありますから筋肉が硬くなることで 長期間、肩こりになるということもあります。

肩こりと言うとマッサージをしたりしてもマッサージをしすぎたり長期間マッサージばかりしていると筋肉は徐々に硬くなっていきますので固くなるというのは揉んで も硬さが変わらないという方さですからマッサージをしたって柔らかくなるというレベルではありません。

肩こりと言うと筋肉のこりというのはありますがこりというのは筋肉が疲労したり緊張したりすることで流れが悪くなってリンパの働き悪くなっている汚廃物が多く蓄積していくことで筋肉が余計に緊張して肩こりになるということがあります。

肩こりというのは筋肉のこりというイメージがどうしても強いために筋肉のコリばかりほぐして肩こりを治した楽にしたと言っている専門の先生もいますが筋肉のコリだけで起きているものはなくしかしカタクリというのは筋肉のコリをほぐしてしまえば楽になってしまうために働くに感じてしまうために肩こりが治ったと 言っていることがあります。

肩こりを感じたら家族の方や専門家のマッサージをする方のマッサージをしてもらうことも大変良いことだと思いますが筋肉のこりというのはあまり筋肉ばかり揉んだりほぐしたりマッサージをしているとそれを長くすればするほど徐々に筋肉は老化していきどうかした最終形態が筋肉が硬くなるということが起こります。

単純に筋肉が硬くなるだけで済まないのが筋肉なんですが筋肉というのは中に神経や血管やリンパ管が入っていますので老廃物が溜まるというところではなく神経が硬くなるということが起きれば握力が低下していきものを掴み損なったりつかめなかったりということも起きていきまた血管が硬くなれば流れが悪くなりますので血管が硬くなることで血行不良を起こすこともあります。

肩こりとは

肩こりというのは筋肉が緊張したり肥料したり使いすぎることで起きるのが普通の肩こりなんです。

日常的に使うことが多い方ですから毎日の生活や仕事や 重たいものを持ったりショッピングをしたりバックを下げたりということで肩が緊張して火を起こしていきますのでこの疲労というものが多くなって積み重なったものが肩こりに進展していきます。

例えばですけど両方の手のひらに小さいバッグを持ったり荷物を持ったりすることでも維持する力というのは大変、働いていますので維持するまたは固定するという力が働けば働くほど筋肉はつかれていきます。

灯油缶や米袋などの重たい物を持たなくても軽いものでも起きてしまいますしふだんショッピングをしている荷物を入れるバッグなどでも短い時間でも使っていることが肩で使っていますので使えば使うほど筋肉疲労が溜まっていきます。

何気ないことが肩の負担を起こし疲れやストレスをためる原因になってしまっていますので何もしないのに肩がこるということはありません。

例えばですけど休日に横になって寝ている時にて枕をする時でも肩には角度で負担になることがあります。

車の運転でも動かさないというよりもハンドルを持つ姿勢でも肩や腕に力が入っていますので力が入ることで筋肉疲労が積み重なっていきます。

最近は多くの方が携帯電話やスマートフォンを扱うことをしていますので小さい文字などをタップしたり打つことでも肩や腕に力が入ってしまっていますので肩や腕に力が入ることで筋肉疲労が大きい積み重なったものが、ゆくゆくは肩こりになります。

コンビニで買った買い物袋を持つことでも指だけではなく腕や肩に力が入っていますので肩や腕に力が入ることで肩こりに進展していきます。

掃除をしたりするときでも手や腕や肩を使って掃除をしますので掃除機をかけるだけでも肩や腕を酷使しているということになります。

料理を作る時でも包丁で野菜を切ったりお肉を切ったりする時でも力が入っているから切ることができるので肩こりを起こす原因にもなります。

洗濯物を干そうとする時でもほす動作というのは肩よりも腕に腕を上げていきますのでその連続的な動作が肩こりを起こす原因にもなります。

肩こりが起きる原因

肩こりが起きる原因は筋肉だけではなく筋肉の老化から起きる筋肉の硬さだけではなく 体にあるものが蓄積した原因で歪みが起きるのが肩こりになるということもいます。

あるものというのは日常生活的に多くを蓄積していくものであり仕事上でも疲れやストレスが多くなるということでもありますから田丸というものは疲れやストレスです。

疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんので疲れやストレスを感じていない分かっていないという方は多くいます。

体に疲れやストレスが溜まる時には筋肉にもたまりますが筋肉のさらに何十倍の疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で背骨の歪みや骨盤のズレを起こしていきますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので注意して聞いてください。

例えばですけど体重100キロの方がいるとしたら65%つまり65 kg は水分です。

100 km の方の65 kg が水分だとしたら後の残りの35 kg は筋肉の重さ脂肪の重さ皮膚の重さ人体の重さ血管と神経とリンパ管の重さ爪の重さ皮膚の重さしかありません。

後残ったものは内臓と大脳と脳幹と脊髄です。

つまり疲れやストレスの多くは内臓にたまるということで体が内部から崩れていき骨盤の歪みが開き背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのは日常的に台風が多くなるばかりなんですが唯一減らすことができるのは 眠っている時だけです。

しかし最近は多くの方が眠りが浅く眠れていないことさえわからなくなっている方、気がついていない方が多くなっていますので睡眠負債状態が多くなっています。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方です。

眠りというのは脳から寝ていないと眠れていないわけですから脳が寝ていることが寝ているということになりますのでスースー寝息を立てていても横になって誰が見ても寝ていることをしていても 誰も分かりません。

最近は多くの方が寝ているようで眠れていない寝ながら考え事をしてる睡眠になっていますので夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

 睡眠負債から肩こりに

最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので脳が休めていないとどうが睡眠をとっていないと脳に疲れやストレスが溜まり脳疲労になっていきます。

脳に疲れやストレスが溜まることが脳疲労を起こす原因なんですが脳疲労が一度起き始めると夢を見る時間も長くなったり 寝ながら考え事をしている時間が長くなったりしていきます。

脳が一度やり始めると体の状態も力をなくしていきますので一番に力をなくすところというのは内臓なんです。

内臓も弱ってどうも言われるといいところはありませんので 眠りが目が覚めない状態になっていきます。

昔でしたら不眠症というのは寝ようとすると眠れないし1時間も2時間も目が覚めて眠ることができない方や夜寝ても 不眠症でした。

しかし最近の不眠症の方は夜寝ようとすると目が覚めないしねているという方ほど体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレやさらに椎間板ヘルニアまである方が多くなっているのですがこんな状態では痛みやコリを感じなければいけないし、ねこんでいなければいけない状態なのにハイテンションになってそれを感じ取ることができないという体調の悪さをしている方が多くなっています。

ハイテンション になればなるほど 動けるし疲れ知らずになります。

痛みやコリが起きているにもかかわらず寝込んでいるような体調なのにそれを感じ取ることができないということこそ危険なことなんです。

危険でも本人が分かっていなければ体調は良いと思っているでしょうし。

小倉南区肩こりが楽になる。

コメント

error:Content is protected !!