小顔矯正

小顔矯正

人気の小顔矯正

小顔矯正が人気。

小顔矯正をして行く時にはボキボキもしないし痛くもないし危険なこともしない小顔矯正をしていますので人気があり評判の良い小顔矯正です。

小顔矯正に入る前に当院では必ずご自分の顔をの大きさを覚えてもらって比べることができるようにしています。

他人が計測する機械やメジャーなどではかることもいいかも分かりませんが当院ではご自分の手の感覚を大切にしていますので手で顔の大きさを触って 確認してもらいながら小顔矯正をしていき小顔矯正をした後を比べることをしてもらっています。

小顔矯正をする時には 必ずご自分の顔の大きさや形などを覚えてもらい小顔矯正に入りますが鏡で見ても構いませんけどできたらご自分の両方の手のひらを顔に密着させるようにして触り顔の大きさを覚えるようにしてください。

小顔矯正をしていくときには 院長と向かい合って触る練習をすることを 説明する時に一度そして小顔矯正をする時に施術ベッドに寝てもらう時にもう一度触る練習をします。

練習をするのも簡単に触ってしまった方ほど顔が小さくなってもわからないということがあるためです。

簡単に顔を触って大きさを覚えたような気分になってしまった方ほど顔が小さくなったということがわからないということがあったためこの触り方をしてもらっています。

小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も変わることはありませんので小顔矯正をしていくときに変わる 小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりまたはそれ以上かも分かりませんが小顔矯正をしてみないとどれくらい変わるのかということはわかりません。

どれくらい顔が小さくなるかということは小顔矯正をしてみないと分かりませんが必ず顔が小さくなると思いますので場合によっては1 CM 顔が小さくなったという方もいるかも分かりませんので1 CM 小さくなっても顔の 変わったのが分かるようにしておいてください。

特に顎の部分などをしっかりと触って覚えておくようにすることをお勧めしていますので顎の部分は多くの方が細くすっきりして引き締まっていくということで人気があります。

 小顔矯正の方法

当院の院長が小顔矯正をしていきますが小顔矯正をする時には痛くもなくボキボキもしないし電気や低周波治療器など機械を使うこともなく院長の体のみで小顔矯正をしていきます。

ではどういう風にして顔を小さくしていく小顔矯正をしていくのかと言うと院長はマッサージをするような感覚が一番近いことだと思いますので顔を揉んだりマッサージをしたりすることで顔が小さくなるという小顔矯正なんですが普通はマッサージをしたり顔を揉んだりして顔が小さくなることはありません。

小顔矯正と言うとコロコロローラーなどの高額な美容グッズを買って顔を小さくするということをしていくということもあるし顔にエアーなどをあてて顔を引き締めていくということもありますし 機械で空気を加えて顔を覆うようなグッズで顔を締め付けていくという小顔矯正もあると思いますがそんなことをしていても意味はありません。

小顔矯正をする時には院長は検査することができますので検査をして小顔矯正のどこが顔が小さくなるのかということを見つけ出して整えていくことをしていきますので整えて正常に戻すことをしていくという小顔矯正です。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には院長は検査することができるので検査をしてみて異常のある部分を見つけて異常のある部分を正常に戻していくことをして行くと顔が小さくなるという小顔矯正をしていますが今まで多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが全員が何らかの顔に異常をお持ちだと思います。

顔の異常というのは顔にも炎症や腫れがあるということなんですが顔の異常があると顔が大きくなったりむくんだり脂肪が多くなったりしますのでそれを矯正して整えていくことをしていくと顔が小さくなるという小顔矯正です。

最近は小顔矯正を希望されて訪れている方、全てに体調を検査することをしていますが、体調がすごく悪い方やむちゃくちゃ悪い方などがいますがその体調の悪さを感じていないという方も多くなっています。

小顔矯正をしていくときには 体調も検査する対象になりますが今まで多くの方が体調はどうですかと院長から聞かれたら全員と言っていいほど体調はいいですと答えている方ばかりなんですが検査をしてみると骨盤の歪みや背骨のズレが多くあり場合によってはさらに椎間板ヘルニアが起きていたりということもある方も多くいましたので体調がわからなくなっているという方が多くいます。

体調が分からなくなっている方が小顔矯正を受けると顔が小さくなりますが立った瞬間から終わった瞬間から戻っていく浮腫が多くなるということもあります。

小顔矯正をする時には患者さんがよく聞く言葉がありますが行きする力はありますか持続力はありますかと聞かれますがそれは自分の体調や体に関係があります。

こんな体調の状態では維持する力や持続する力があるわけはないと思うことも多くあります。

体調が言い方は持続力がありますし、維持させる力があります。

持続力や維持させる力を落としている方ばかりなんですが最近多くの方が毎日の生活や仕事などで疲れやストレスを溜めてしまって体調落としている方も多くいますしね不足状態で睡眠妻になっている方ばかりですから眠不足状態をすると脳が弱り脳疲労になり脳が疲弊してしまい脳が衰弱しているという方までいます。

睡眠不足の方が小顔矯正を受けると

寝ているようで眠れていない方が多くなっていますので眠れていないということは体が体力を維持できるわけはないですから奈落の底のような体調やどん底のような体調をしていたりガタガタな体をしていたりという方までいますのでそういう方ほどを維持する力や顔を小さくを維持することができません。

最近は夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますがただ単に夢は目が覚める瞬間に見ているから見ていますが夢を見ている時間というのは1秒か2秒か多くても1分ぐらい。

目が覚める瞬間に見ているから夢を見ていたなと覚えています。

例えばですけど6時間の睡眠時間がある方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいるし他の方が寝ている方を見ても 寝息を立てていて寝ていたよと言われていても脳が寝ているかどうかはわかりません。

眠りというのは脳から眠ることです

眠りと言うのは脳が寝ていることなので脳が休養とっていないと眠れていません。

最近は多くの方が寝ているようで寝ていないので目が覚めないから寝ていると思わないでください。

寝ている方が歪みやズレがわからないということはありません。

寝ている方は こんなに骨盤が歪んだり背骨がずれたりしていません。

寝ている方が顔のむくみが多くなることはありません。

寝ている方が骨盤周辺にむくみや脂肪が多くなって足が太くなることはありません。

今まで小顔矯正に訪れた方全員が体調が悪く体調というのも段階がありますので0から100だったり段階があるということなんですが100を超えている体調をしている方もいます。

それほど眠りが浅いのに目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっているためです。

眠れていない方ほどインフルエンザウイルスが体内に入って増殖しても熱が上がりません。

風邪の細菌が入っていても風邪の諸症状で発症することもなく熱を上げて細菌を減らすこともできなくなります。

脳が元気だから眠れているから風邪の細菌が入ったら風邪をひいて熱が出ます。

脳が元気だからまた眠れているからインフルエンザウイルスが体内に入ったら熱を上げてインフルエンザウイルスを減らそうとします。

脳が元気だからできることなんですが最近は多くの方が眠りが浅く眠れていないことさえわからない方が多くなっていますので歪みやズレが大きく体が疲弊していても何も感じていません。

感じることができるのは生理痛や生理不順や便秘がひどいとかです。

 

 

小倉南区から多くの方が小顔矯正に。

コメント

error:Content is protected !!