腰痛

楽になる腰痛

の痛み、腰痛を楽にするなら。

腰痛と腰の痛みを楽にするなら骨盤の歪みや骨盤の開きから整えて骨盤自体を安定させていくことをしないと表面上の痛みだけを湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器などの電気をかけても楽になることはありますが骨盤の歪みや骨盤の開きが腰痛を起こしている原因なので原因を残したままだと痛みがない時でも進行していきます。

腰痛と言うと 急に腰が痛くなったり慢性化したり椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になってしまって長期間悪くなるという方もいますから原因を見つけ出すことをしていかないと腰痛と腰の痛みは根本的には改善することができないと思っています。

腰の痛みが起きた時にはどこに行ったらいいのかということがありますが多くの場合は急性状態で起きる時には急性捻挫と同じことですから安静を保つようにしたほうがいいと思います。

急激に強い痛みが起きてしまうために体を動かしたり立つこともできないということがありますのでどうしてこういう状態になったのかという原因がありますから原因を見つけ出すことをしていかなければいけませんが多くの場合安静状態を保つことで楽になっていくこともありますので1日と言わず3日ぐらい 休養とって休んだ方がいいと思います。

腰痛は腰の痛みと言っても体が疲弊している状態で骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし筋肉や靭帯が急性状態で炎症を起こすのが腰痛の原因になりますので安静状態を保つことをしないと体の疲弊状態はいつまでたっても残りやすく体を休めることを考えないと長期間痛みがある状態になったり慢性化した状態に進行していきます。

体に何かの痛みが起きる時には体に多くの疲れやストレスが溜まっている状態で疲弊状態になったり衰弱したりということで痛みが起こりますので休養をとることも大切なことなんです。

休養をとらないで 休めないという方もいますので休めないという方は 腰痛を起こしている原因だけが 本当の原因ではありませんので体が疲弊したり衰弱したりということが起きると全ての体が落ちていきますので慢性化した状態で悪化させてしまう方も多いのが理由です。

特に日本人というのは腰痛と言っても簡単に考えてしまっている方が多いので休養をとらない方が多いようですが急用取らないと腰の痛みがなくなって楽になっても今度は悪化した状態で椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛に進行したりということで起きる方もいます。

腰痛というのは

腰痛というのは多くの方が原因不明で起きていると思っている方が専門家の門の中にもいますので腰痛を起こしている原因は骨盤の歪みや骨盤の開きなどの不安定状態の時に重たいものを持ったり前かがみなどをしたり同じ姿勢をしたり長く同じ姿勢を続けたりすることでさらに骨盤の歪みや骨盤の開きが広がった状態で起きていきます。

特に日本人の場合は痛くても頑張って仕事に行ったり生活したりということを続けていることが慢性化した状態を作っていき長期間悪くなった状態で腰痛が治らないという方が多くなっているのが休養とることができないからです。

腰痛というのは腰痛だけが原因ではなく他にも原因があることがありますので他の原因で場合によっては衰弱した状態の方が仕事をしていると心不全や脳梗塞などに繋がっていくということもあります。

病院で検査をしていても病気という判断がすべてわかることではありませんのでわからないことも多くありますからすべてが病院の検査で異常がでるわけではありません。

病院というところは悪化させたり進行してしまわない限りは分かりませんし全てが血液検査や尿検査でわかるということはありません。

腰痛を起こすのは

腰痛や腰の痛みが起きるのは 骨盤の歪みや骨盤の開きが原因なんですが姿勢や猫背だので骨盤の歪みは骨盤の開きが起きることはありませんので歪みや開きの起きる原因が他にあります。

骨盤の歪みは骨盤の開きが起きるのは体に蓄積していく疲れやストレスが原因なんですが疲れやストレスというのは蓄積していくところがあります。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが筋肉以外にも貯まるところが多くあるわけです。

例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら100 kg 中65 kg は水分です。

後残った100 kg 中の35 kg は骨の重さと筋肉の重さと脂肪の重さとリンパの重さと神経と血管の重さしかありませんので後の残ったものというのは内臓と中枢神経系だけなんです。

つまり疲れやストレスというのは筋肉にも貯まりますがその何十倍の多くの疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

内臓といっても病気というわけではありませんので何でもかんでも病気と関連付けることなく内臓にも疲れやストレスがたまるということで体の内部から崩れていくということで歪みやズレが起きていきます。

骨盤の歪みや開きが腰痛を起こす

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤が不安定になっていき不安定な時に重たいものを持ったり同じしてを続けてさらにつ疲れやストレスを溜めたりすると骨盤の歪みや骨盤の開きが広がってしまい腰痛として起こるということがありますけどどこに疲れやストレスが溜まるのか内臓のどこなのかということを問題になりますが腰痛を起こす原因の第一に考えられている内臓というのは腎臓です。

腎臓に疲れやストレスが溜まる方は腎臓が生まれつき弱い方が多く親が腎臓の何らかの病気を持っていたり親も腰痛やぎっくり腰を起こしたりということがあると思いますので聞いてみると分かりやすいと思いますし腎臓というのは腰痛だけではなく高血圧やむくみなども起こすと言われているのが腎臓なんです。

腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく腎臓に疲れやストレスが溜まると腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなって骨盤を保持することができない状態で骨盤が歪んだり開いたりということで腰痛に連なっていきます。

腰痛を改善しようと思うなら 一時的に痛み止めを飲んだりサプリメントを飲んだり湿布を貼ったり電気などをしたりマッサージをしたり注射を打ったりということをすることも構いませんが原因を見つけ出さなければ原因が進行してしまっていくと腎臓の病気に連なることもあります。

しかし腎臓の病気が今すぐなるわけではなく先将来どれぐらい先かわかりませんが完成した状態であれば腎臓の病気として血液検査や尿検査でわかるということがあります。

腰痛やぎっくり腰が腰が痛くなる方は腎臓の弱さがあり弱い 腎臓が老化を早めてしまうと最終的には腎臓の病気になるということが考えられるということなので今すぐ腎臓の病気が起きているわけではなく先将来ということで考えてください。

先将来と言ってるわけですから今すぐというわけではなく今すぐ検査をしても病気でも何でもないということが多く見受けられます。

腰痛を楽にしていくためには

腰痛を楽にしていくためには 筋肉人体のバランスを整えていくことと骨盤の歪みや骨盤の開きを改善していくことと腎臓に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことをしていくと徐々に腰痛が楽になって生き椎間板ヘルニアが起きている方も改善されていくということで治療を進めていきます。

しかし最近はそれ以上に眠れていない方が多くなっていますので眠れていないと回復する力がなく いくら治療しても崩れやすくなるという方までいます。

自分に回復する力がないと立った瞬間に体を支えられることができなくなって骨盤がまた崩れて行き背骨がずれるということもあります。

最近多くの方が寝ているようで眠れていませんのでね無理というのは脳から寝ていないと眠りまたは眠れているとは言えません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が多くなっていますが目が覚めないから寝ていると思わないでください。

多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

誰が見てもスースー寝息を立てている状態でも体が横たわった状態で寝ているような感じでも脳の中のことは誰も分かりません。

スースー寝息を立てていても脳が寝ながら考え事をしている睡眠になっている方が多いのが睡眠負債という状態なんです。

 

 

 

小倉南区から多くの方が腰痛を楽にする為に。

コメント

error:Content is protected !!