頭痛

頭痛を楽にしていく

頭痛 と言うと 頭痛薬ばかり使って痛み止めを考えていることが多くありますが 頭痛には頭痛になる原因があるから頭痛になっています。

頭痛というのは頭で起きている痛みですから 頭痛を軽く考えないようにしてください。

頭痛が起きている方は痛み止めの頭痛薬ばかり使っていると楽になっていくために直している頭痛を良くしていると思っている方がいますが頭痛薬というのは一時的に痛みを抑えているだけで原因を見つけることもなく原因を考えることもなく単純に痛み止めだけです。

頭痛が起きやすい方、頭痛を繰り返す方が特に多く痛み止めを持ち歩いたり常に服用しているということもありますが頭痛薬というのは痛み止めで生理痛などでも用いることができますし、歯の痛みなどでも痛み止めとして用いることができるくらいの痛み止めにしかなっていません。

痛み止めの薬

痛み止めには 生理痛の痛みなどを緩和したり歯の虫歯の痛みなどを緩和したりすることでも用いるぐらいのものなので頭痛薬というのも考えたらわかると思いますが単純に一時的にその時の痛みを楽にしているだけです。

頭痛がどうして起きるのか偏頭痛がどうして起きるのかということを考えなければ大変なことになるかも分かりません。

最近は多くの方が首の痛みや首のコリを起こしながら頭痛が起きたりすることがあるから首の痛みや首のこりから頭痛が起きるということを専門家の先生が言う場合もありますし肩こりから頭痛が起きてしまったりするという説明を受けることもありますし目の使いすぎの眼精疲労から肩こりが起きるということで頭痛になるということもあります。

しかし頭痛を解消して30年になる院長の目から見ると 肩こりから起きる頭痛というよりも首の痛みや首のこりから起きる頭痛とよりも言うよりも別と考えた方がいいと思います。

別のものとは首の痛みや首のこりには首に原因がありますし肩こりには方に原因があるということで頭痛には頭に原因があるということです。

しかし頭痛と言うと首の痛みは首のコリを改善しても楽になることもあります。

肩こりを改善することでも圧力が下がってしまって頭痛が楽になるということもあります。

それでも頭痛の原因は残ったままになっていますのでしばらくするとまた頭痛が繰り返したり偏頭痛になったりということで 起きて行きます。

眠りから頭が痛くなる

最近の頭痛の方の原因は眠りにあるとことが多くなっています。

最近多くの方は寝ているようで眠れていないことが多くなっていますので眠りが浅いと脳が弱っていくのに疲れやストレスが溜まっていきますので脳に疲れやストレスが溜まることで頭が痛くなるということが多くなっています。

夜、寝る時にすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますので眠りというのは脳から寝ていることをね無理と言います。

誰が見ても寝ていてスースー寝息を立てていても脳が活発化している状態では寝ていません。

脳が興奮状態になると寝ることができませんが脳が疲弊した状態では寝ることができますので寝ていても妄想状態に近い睡眠をしていて深く脳から眠ることができません。

最近は睡眠負債という言葉があるように睡眠負債というのは寝ながら眠ることができない状態で借金を重ねているということで取り返しがつかない状態になっていくということで睡眠負債という状態になります。

人は寝溜めはできませんので一度積み重なった借金は睡眠として返すことはできません。

睡眠負債

人はくまではありませんので冬眠というのはできませんし一日24時間寝ても今まで貯めてしまった負債状態の睡眠を解消することはできません。

眠れていなかったり眠りが浅いということは脳疲労を招いて行きますので脳疲労を招いてしまうと脳細胞の急激な減少や脳細胞が硬くなるということがあります。

また脳に何らかの問題が起きている時には脳の周りにある血管も影響を受けたり髄膜が影響出たりということで頭痛になる方もいます。

頭痛が起こりやすい方は今現在頭痛が起きている方も 来ていますがその場で頭痛を改善することもできますが、それは楽になったというだけであり頭痛が治ったというわけではありません。

頭痛を楽にすることは痛み止めで出来るかも分かりませんが頭痛を治すことは痛み止めではできません。

頭痛を楽にすることばかりしていては原因もいつまでも同じままではありませんから進行していくものが頭痛の原因になります。

いろいろな痛みやコリが起きる時には必ず原因がありますので原因から改善していくようにしないと一時的に痛みばかり抑えたりしていると大変なことになっていきます。

脳が弱ることが頭痛になる

夜寝ようとするとすぐに眠れるから寝ているそして朝まで目が覚めないという方が多くいますが脳から眠れていない状態が多いと眠りが浅くなったり脳疲労が強くなっていきますので体調がどん底に落ちてしまっても体調が落ちていることさえもわからない方が多くいます。

体調がわからないかというのは限界まで痛みやこりを感じないでわかっていません。

一度体調をどん底まで落ちたかたは自分の自力では体調をあげることはできませんので永久的にほぼ体調が悪いままでどんどん体調が落ちていき落ちていることさえも分からずに限界まで悪くした状態で始めて何かの症状が起きていきます。

こんな体調の状態を続けていたら大変なことになるということがわからないということもありますので車の運転などで逆走したりブレーキとアクセルを間違えたりということが高齢者ではなくても起きてしまいます。

何も逆走したりブレーキとアクセルを間違えるのは高齢者だけではありません。

体調が悪くためには眠りが浅い状態を続けていれば誰でも体調が悪くなりますし 悪いことさえわからなくなるくらいの我慢したら痛みやこりも風邪も引きません。

脳が元気だから脳の力で熱をあげたりすることをして風邪をひいます。

ウイルス細菌で熱が上がるわけではないし脳の力で熱を上げて ウイルス細菌を減らそうとします。

金は隠れインフルエンザや 隠れ心筋梗塞などが多くなっているのが何も症状を感じていないということがありますからこの感じていない隠れインフルエンザや隠れ心筋梗塞などは脳が弱っている方が起きています。

脳が元気だから感じ取ることができますので頭痛の方も限界まで溜まったしまった状態でコップから溢れ帰った状態で頭痛になっているという方もいます。

自分で体調の悪さを感じなければいけませんが最近多くの方が体調の悪さを感じていないという方が多くなっているのが現状ですから限界まで食べてしまった状態の疲れやストレスとか悪さを改善していくためには数回から数十回かかるのが当然です。

頭痛になる時には脳で起きているわけですから脳で起きている原因を見つけて改善して減らしてことをしていかないと本当の意味で頭痛を改善して直すということはできません。

一時おさえすることは簡単かも分かりませんがまた薬を飲んだりしても楽になることもあるかも分かりませんが原因もいつまでも同じままではありませんし原因はいつでも進行していています。

原因が悪くならないうちに 早く何らかの改善を試みる必要があると思います。

原因を見つけ出すためにまず色々な悪いものから改善していくことをしていきますが最終的に残るのが原因です。

 

小倉南区で 頭痛 を楽にしてことをしています。

コメント

error:Content is protected !!