肩こり

肩こり を楽にしていきます

肩こり を楽にしていく時には筋肉のこりからほぐして楽にしていくことをしていきます。

肩こりを楽にして行く時には筋肉の問題を改善していかなければ肩こりを楽にして行くことはできませんので筋肉のコリから改善して肩こりを楽にしていることをしていきます。

しかし筋肉のコリということを言いましたが筋肉のコリというのはどういうことでしょうか。

筋肉のコリという日本語は意味不明な言葉ですから筋肉のこりというのを簡単に分かりやすく説明していくと筋肉が緊張している状態のことを筋肉とこりという感じだと思います。

筋肉が緊張して筋肉のコリになって肩こりとして感じてしまうわけですけどどうして筋肉が緊張したり筋肉のコリが起きるのかというわけになります。

肩の筋肉というのは、いつも使うことが多く日常の生活上でも使いすぎているぐらい肩を使うことがあります。

毎日の生活で肩や腕を使うことが多くありますから肩や腕も毎日の生活で使うことで疲れやストレスを溜めていきます。

重たいものを持ったりしなくても 肩の筋肉や腕の筋肉は疲れをためていきますので連続使用において疲れやストレスが抜けなくなって行きます。

筋肉の連続使用が肩コリに

車の運転をしている時に肩や筋肉を動かすことというよりもハンドルを維持することで肩や腕に力が入っていますので肩や腕に力が入ることが筋肉疲労につながって肩こりになります。

荷物など思っても重たいものを持たなくても維持する力というのが大変働いていますので維持する力が筋肉に伝わっていきますから筋肉疲労を起こし疲れやストレスが筋肉にたまっていき肩こりになります。

軽いものを持つことでも維持する力は使っていますので維持することで肩や腕の筋肉が疲れをためていき肩こりになります。

勉強をすることでもものを書くことをしますので物を書けば書くほど肩や腕を使うことになりますので肩や腕を使うことで筋肉疲労が起きて肩こりになります。

スポーツをすることでも肩や腕を使っていることが多く見受けられますので肩や腕を使うことで筋肉疲労が起きて、疲れやストレスが溜まって肩こりになります。

最近は多くの方がスマートフォンを扱っていますのでスマートフォンを扱うことで肩や腕の筋肉が自然と入っていますので肩や腕の筋肉を使うことが負担になって連続使用により疲れやストレスが抜けないうちにまた次の疲れやストレスが溜まっていきますので、その筋肉疲労が肩こりになります。

仕事でも多くの方が肩や腕を使っていますのでデスクワークなどが特徴的ですがデスクワークで肩や腕の力が入れば連続使用において 抜けないうちに疲れやすレスが溜まっていき肩こりになります。

美味しい食事を作る時でも肩や腕を使うことが多くありますので包丁で物を切ったりする時でも肩や腕を自然と使うことをしていますので肩や腕を使うと筋肉疲労が起きて肩こりになります。

掃除をする時でも力を入れないと掃除機を動かしたり雑巾を動かすことができませんので肩や腕を使えば使うほど筋肉疲労は知らない間に溜まっていきます。

筋肉疲労が起きて肩こりになります。

肩こりと言うのは毎日の生活や仕事でも多くの方掘り起こす物事をしていますのでその物事を意識しないと肩こりの原因になって積み重なっていきます。

肩こりを改善しようと思うなら肩こりの原因になっているものをした時に筋肉を癒さなければ肩こりになっていきますので筋肉の凝りが多くならないうちに肩こりを解消していく必要があります。

どうしても肩というのは仕事でも生活でも日常的に使うことが多くありますので 肩こりを起こしやすい性質があります。

筋肉に疲れやストレスが多く溜まってしまわないうちに肩こりを改善していくというのが基本的な姿勢になりますが同じことをしても肩こりを起こさない方がいるということを意識しなければいけません。

どうして同じことをしているのに肩が凝るのか肩こりが起こるのかということを見つけていくことが本当の意味で肩こりを治していくということにつながっていくと思います。

肩が凝る肩と肩がこらない方がいるということを考えなければいけません。

何かが違うから同じことをしても肩こりを感じる方も、肩こりとして感じない方もいます。

当院では肩こりの方がよく来院していますが検査することを重要視して筋肉のコリを見つけていくことをしていますしどこから筋肉のコリが起きているのかということを検査することで見つけながら改善することをしています。

肩こりを改善していくためには筋肉のこりからほぐしていくようにしていますが筋肉のこりも筋肉のこりだけで起きるということはあまりありません。

肩コリには背骨の歪みが存在する場合が多く見受けられますので 筋肉のコリがほぐれたら背骨の歪みも見つけて改善していくことをしなければいけませんが最近は体調の悪い形が多くなっていますので体調が悪いと歪みだけで起きているということはなく椎間板ヘルニアが起きているかたやまた特殊な事例として骨自体が炎症を起こしたり腫れたりという形まで出てきています。

最近は体調が悪い形が多くなっている現実がありますが4キロ変動や気温差なども関係してしまうし多くの体調を落としてしまう原因の一つとして考えられていることは眠りが浅いということです。

夜に寝ているようで眠れていない方が多くなっていますので眠れていなければ 体調が悪くなって歪みが起きてしまい歪みから筋肉の凝りが起こるという方が多くなっているということです。

夜寝る時間になったらすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

眠るということは脳から眠らないと眠れていません。

体が横になってグーグー寝息を立てていても脳が緊張したりして夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に多くなっています。

寝ながら考え事をしている睡眠の方は目が覚めた瞬間に忘れてしまいますが夢というのは目が覚める前に見ていますので夢は覚えていて寝ながら考え事をしているというのは意識として残ることは少ないようです。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしている状態になっていますが時間的なものも考えれば寝てすぐに寝ながら考え事をしている時間に入ってしまい朝近くまで寝ながら考え事をしてる睡眠になって目が覚める瞬間に夢を見ているという方が多くなっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳の部分に疲れやストレスを溜めてしまう脳疲労に繋がっていき脳が弱ると自律神経系は全て落ちていきますので自律神経において支配されている内臓も疲れやストレスを多くためていき背骨の歪み骨盤のズレになっていきます。

脳が弱っているのに脳が関係している自律神経系が正常な理由はありません。

脳というのは一番大事な中枢神経系ですから中枢神経系の問題は全て駄目になっていきますので中枢神経系の呼吸中枢がやられれば無呼吸になったりしますし 脳への血液が酸素の量が減っていきます。

脳疲労が強くなればなるほど限界なく強くしてしまいますので脳疲労が強くなった状態で起きるのは体調の悪さをすごく感じてしまうというよりも麻痺した状態になっていきます。

脳が麻痺していくと痛みやこりは感じにくく風邪もひかないような感じになってしまいます。

風邪の細菌やインフルエンザウイルスのウイルスが入ったら脳が元気だったら熱を上げて細菌やウイルスを減らすことをします。

動画元気だから熱を上げて細菌やウイルスを殺します。

脳が元気ではないと痛みやこりも感じませんし細菌やウイルスが多く繁殖していても何も起こりません。

自分の体調は自分がわかっているということが基本なんですが分からなくなっているということがわからない方がいます。

小倉南区 肩こり を楽にしていきます。

コメント

error:Content is protected !!