頭痛

頭痛を改善して楽にしていくためには

頭痛 が起きやすい方 頭痛を繰り返しやすい方いつも頭痛になりやすい方、頭痛薬を持ち歩いている方、頭痛は頭痛を起こす原因が存在します。

最近は多くの方が頭痛や偏頭痛に悩まされている方が多くなっています。

普通一般的には頭痛と言うと薬を使って痛み止めばかりを使っていることが多くなっていますが頭痛は痛み止めを使うことで治ることが多くありますが頭痛薬というのは石井的に痛み止めをしているだけです。

原因がなくて頭痛や偏頭痛があるということはありませんのでこの原因から探ることをまた見つけることをしていかないと 大変なことになることもあります。

頭痛というのは痛み止めばかり使っているといつのまにか進行したり頭痛が起きなくなったからといって安心することはできません。

一度起きてしまった頭痛というのは原因があるから起きていきますので進行していきながら時々頭痛になったり頭が痛くなったりということが多くなっています。

今まで起きていた頭痛が最近起きていないなという方は進行している場合が多くありますので頭痛が起きないからといって安心することはできないということです。

一度、起きた症状というのは痛みや症状がない時でも陰で進行していきますので影で進行したものが大変な結果になっていくということも多くなっていますから。

よく頭痛と言うと首や肩こりと同時に起きることが多くあるために頭痛=肩こり頭痛=首の痛みや首のこり頭痛=目の使いすぎなどと同じような結果として扱われていますがこれらは別物だと当院では思っています。

しかし肩こりを良くしても 頭痛が止まることもあるために勘違いされている場合が多いようです。

首の痛みや首のコリをほぐしても頭痛が止まるということもありますのでそこでも勘違いが生まれてしまっています。

確かに筋肉や靭帯は首の後ろの部分にくっついていますので 筋肉や靭帯が赤堀を起こしたり緊張したりすると 何らかの頭痛ということもあるかも分かりませんが多くの場合は別物だと思っています。

頭痛というのは最近多くの方が 夜寝ているようで眠りが浅いということが多くなっていて脳が緊張してしまっている数2になっている場合が多いようです。

昔でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪かったり寝ようとすると2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚めたりということで不眠症という状態の方が多くいましたし不眠症から頭痛になってしまったという方が多くなっていますが最近は 状態が違うようです。

最近の頭痛の方の状態としてあげられるものは自分でも分かっていない状態でまたは気がついていない状態で夜寝る時間になったら寝ているから朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっていることです。

もちろん本当に眠りができていればまた眠れていれば問題はないんですが自分でも気がつかない状態で夢を見ることが多くなったりすると脳は眠れていませんので脳疲労が起きて行きます。

最近はさらに悪いことに 寝ながら考え事をしてる睡眠というのがあります。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは 目が覚めた瞬間に寝ながら考え事をしている睡眠をしていたということを忘れてしまっています。

このため多くの方が眠りが浅いということが分からなくなっていて気がついていません。

眠りが浅いということは脳が弱っていきます。

脳が弱っていくということは脳は日に日に衰弱状態に近づいて言ったり緊張が高くなったりして老廃物が多くなかったり循環が悪くなったり脳細胞の血液供給量が減ってしまうということが起きてしまいます。

そうすると脳脊髄液の生産量も減っていき脳の中心部にある空洞の部分で脳脊髄液を作りますが脳脊髄液の生産量が極端に落ちてしまい脳脊髄液が 作られなくなって汚れてしまっているという方もいます。

脳脊髄液の生産量というのは 健康のバロメーターですから脳脊髄液が大量に作られて新しいのが生まれて古いのは出て行くということができなければいけません。

脳脊髄液というのは常に新しい駅が作られて古い部分は出ていて静脈に吸収されていきます。

この脳脊髄液の生産量というのは風邪を引いても堕ちて行きます市腰痛や肩こりや頭痛などが起きても脳脊髄液の生産量は減っていきます。

特に眠りが浅いという方は脳が弱っていきますので脳が弱るということは脳脊髄液の生産がうまくできる理由はありません。

脳脊髄液の生産がうまくできなければ脳への酸素供給量が極端に減っていきますから脳細胞の減少が見受けられます。

脳細胞の減少は急激に起きていき脳細胞が減れば減るほどどういうことの結果になるかということは想像がつくと思います。

眠りが浅いということは安心していいものではありません四ツ居日々の生活や仕事をしていると忘れてしまっていますが多くの場合寝ようとする時間にあくびが出るか出ないかということの判断ができると思います。

脳が休養取ろうとする時に酸素を大量に摂取しなければいけませんのでこれがあくびになっています。

あくびが出るということは脳が休もうとする働きのことです。

寝ようとする30分か1時間前に同じ時間にある程度寝ている方でしたらあくびが出るのが普通ですし朝目が覚めた瞬間もあくびが出なければいけません。

朝目が覚めたらパッと動きやすいというのが寝ていない証拠です。

眠りが浅いことが多いと朝から動けるのでハイテンションになっていることも分からなくなっています。

このハイテンション状態が続いてしまうと 逆走したりブレーキとアクセルがわからなくなるということ。やイライラしたり怒りやすくなるということが伺えます。

こんな状態では眠りができない状態で脳疲労が起きていき脳疲労が起きれば多くなればなるほど睡眠負債状態になっていきますので睡眠負債で起きてしまうと取り返しがつかないとまでテレビなどでは行っています。

最近、多くの方が睡眠負債状態で脳が緊張してしまったり興奮状態が強くなってしまったりして 頭痛は偏頭痛になっています。

いかにして脳の緊張を和らげることができるか脳への酸素供給量を増やすことができるかまた脳だけではなく体調もかなり重要な脳の解消をしていく意味があります。

体の状態も疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほど 肺で血液 の中に酸素を混ぜることができませんから内臓も疲弊したり終わってしまったりということが起きてしまっていると脳へ送るための酸素を供給することができませんし酸素を血液中に入れ込むことができません。

頭痛というのは大変多くの場合内臓も弱っている子体も弱っていたり疲れやストレスが多く蓄積しています。

眠りが浅いのに寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長いのに脳が元気に体が元気体調が良いということはまずありえません。

当院では検査することでご自分でも分からない状態を確認しながら改善することができますし脳の状態も 検査をすることでいろいろな状況が分かってくるというやり方をやっています。

頭痛と言ってもNHK のテレビで言っていましたが頭痛を起こしたかのまた起こしやすい形のまた繰り返しやすい形の約半数は脳梗塞や脳の病気につながっているという風に言っていました。

しかし今はまだ病気ではありませんから検査をしても異常なし健康という風に言われるかわかりませんが進行途中というのはいくら検査をしても分かりませんし2日や3日で病気になることもありませんから病気になるためには細胞の変化が行われる時間が必要ですからその時間というのは5年や10年かかると言われています。

 

 

 

小倉南区で頭痛が楽になることで人気のある カイロプラクティック徳力整体院です。

頭痛 が起きる時には原因があります。

 

コメント

error:Content is protected !!