腰痛を楽にする

腰痛を楽にして行くならまずは楽にしていくことから始めていきますが楽になったらその先にあるものも確認して進めていかなければいけません。

多くの腰痛の治療というのは表面上の痛みだけを楽にすることを中心に考えていますが実は奥にあるものが本当の原因になるんです。

腰痛を起こす原因として一番に考えられることは筋肉靭帯の炎症と晴れですがその先にあるものは骨盤の歪みや骨盤の開きがあるから体を支えることができない姿勢や重たい物を持ったりしたのが原因で痛みになっていますので骨盤の歪みや骨盤の開きから改善していかなければ表面上の痛みだけを楽にすることは可能なんですが原因が残ったままになっています。

表面上の痛みを楽にする治療というのは対症療法という方法です。

 対症療法とは

対症療法という治療法は多くの治療いって用いられている治療法ですが原因なんかは関係なく表面上の痛みだけを楽にしていく方法です。

表面上の痛みを楽にする治療というのは湿布を貼ったりすることでも 腰の痛みはなくになっていくこともありますし ドラッグストアで売っているサプリメントや痛み止めを飲んでも楽になることもあるでしょうし家族の方に揉んでもらっても楽になることもありますし専門家の先生にマッサージをしてもらっても鍼を打ってもらってもお灸をしてもらっても指圧をしてもらっても楽になることもありますがまた低周波治療器や電気などをかけても楽になることはありますが原因が残ったままになっています。

痛みの原因というのは残したままになっているとそのままではいられないということがありますので進行していくということがあるのが怖さです。

腰の痛みの原因

腰の痛みの原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きに原因があったりその上に背骨がずれたために体の安定状態を失ったために体を支えきれない状態の姿勢をした時に痛くなったということが多くあります。

腰の痛みが起きる時にはきっかけが必要ですからきっかけというのは重たい物を持ったりして腰を痛めてしまったり前かがみになった時に腰が痛くなったり 座って仕事をして立とうとした時に腰が痛くなったり 同じ姿勢を座っていると腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか色々な原因を皆さん言われますがすべてこれらは切っ掛けにしか過ぎません。

腰が痛くなる時にはきっかけと原因が存在していますので両方が初めて揃った時に 痛みになっていきます。

腰痛を起こす原因

腰痛は腰の痛みというのは 骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるんですが歪みやズレやひらきというのはどうして起きるのかという原因がありますので原因から改善していかなければ表面上の痛みだけは止めて直したと思うしかありません。

しかし病院やマッサージや指圧院や鍼灸院や整骨院というのは 骨盤の矯正や背骨の矯正を行うところでもありませんし専門家ではありませんので原因が残したままになっているということでマッサージをしたり電気をしたり注射をしたり針をしたりということがあるようです。

矯正を行うというのは整体院やカイロプラクティック院が専門ですが当院では矯正すればいいというわけではありませんのでボキボキしたりすることもなく背骨の歪みやズレを整えていくことをしていますが、どうして背骨のズレが起きたのか歪んでしまったのかという原因まで見つけ出していくことをしています。

北九州市小倉でボキボキしないし体の歪みを整えていることをしている徳力整体。