更年期障害

更年期障害と言うのは、更年期の閉経する前後の方が起きる不調状態を言います。更年期と言うと、ホルモンのバランスが崩れているときに起きるものが多く見受けられています。ほとんどの方は、50代前後のあたりになる方が、自律神経のバランスが悪くなると更年期障害と言われます。更年期障害は医者も更年期障害のような症状の方が来ると50代前後であればカルテで年齢を見て判断しています。更年期障害のホルモンのバランスが悪くなるのも原因があります。この原因の為にホルモンのバランスが悪くなっています。

更年期障害

この原因とは

ほとんどの場合、疲れやストレスの蓄積です。疲れやストレスが多く蓄積していくと、体は不調状態になります。体のバランスが乱されて悪くなります。この時には、体調も悪くなるし、ホルモンのバランスも悪くなります。内臓の働きも低下しています。これが、年齢的に40代から50代であれば更年期障害と言われてしまいます。

更年期障害=疲労の蓄積=体調が悪い=疲れが溜まっている=ストレスがたまっている ということで更年期は起きています。更年期障害は自律神経失調症も悪くなっています。つまり、体調が悪い時には、色々な症状が起きるのは、当然起きます。

施術は

更年期障害を変えるには、体調を良くすることです。体調が悪いままだと、歪みも起きていますので、歪みを整えて、自律神経の乱れを良くすること、内臓の働きを上げること、ホルモンのバランスを解消することで更年期障害は軽くなっていきます。


更年期障害と自律神経失調症は差はありません。更年期障害は女性だけですが、自律神経失調症は男性女性関係なく起こります。
更年期障害は40代から50代の女性で閉経前後に起きると言われています。
自律神経は内臓などを主に支配している神経です。自律神経失調症状態になると内臓の支配が乱れると言う事です。内臓の支配が乱れて起きる不調状態が自律神経失調症です。この時には、歪みも起きていますし、内臓の働きも低下しているしホルモンの働きも低下しています。
つまり、更年期障害と自律神経失調症は、違うのは、性別と年齢の関係だけです。



いくつ該当する箇所がなれば更年期障害と言う訳ではありませんが多い方は更年期障害状態です。
      

  •  ダルイ
  •  キツイ
  •  やる気がしない
  •  元気が出ない
  •  頭がボーっとする
  •  体がフワフワする
  •  時々めまいがする
  •  耳鳴りがする
  •  フラフラする、クラクラする
  •  足が攣りやすい
  •  寝た感じしない
  •  寝つきが悪い
  •  夢ばかり見る
  •  寝つきが悪い
  •  夜中に目をさます
  •  頭痛、片頭痛が時々ある
  •  イライラする
  •  感情の起伏が大きい
  •  立ちくらみがする
  •  胸が締め付けられる感じがする。
  •  動悸
  •  呼吸が息苦しい、胸苦しいなどの症状が時々起きる。
  •  心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
  •  手足か浮腫んだり冷える
  •  胃のモタレや胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
  •  よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
  •  腰が痛い
  •  手足が重くてダルイ時が多い。
  •  顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
  •  朝、起きる時にダルさを感じる。
  •  気候の変化に弱い。
  •  やけにまぶしく感じる時がある。
  •  目のカスミ
  •  寝ても寝ても寝たりない。
  •  怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
  •  風邪でもないのに咳がよく出る。
  •  食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。
  •  肩こり



このページをお読みになっている方は、体調と言うのを考えたことがありますか??
体調を悪くすると言う事は、自律神経も乱れています。
更年期などから起きる自律神経を整えようと考えるなら、体調から整える事が必要です。

自律神経失調症

自律神経

自律神経は、本当にある神経です。背骨の横から出ている神経で交感神経、副交感神経に分けられます。

更年期障害は


自律神経の中で交感神経と副交感神経の2つに分かれています。
自律神経は、は循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能(ホルモン)、生殖機能、および代謝の機能を制御するものが役目です。
主には、、内臓を支配すると考えて良いと思います。
内臓を働かせる神経と抑える神経です。
働かせる神経が交感神経で、抑制する神経が副交感神経と言う感じです。

自律神経失調症には



自律神経失調症が乱れると