貧血

貧血を起こしている鉄分不足は、普通の食事をしていると鉄分不足は起こりません。根底に何かの原因があるから鉄分不足になりやすく貧血になると考えるのが妥当です。
よっぽど偏食などの片寄った食事をしている方は別ですが、例えば忙しくて時間通りの時間が取れなくて食事を軽くしたとか、取れなかったとか、遅くに食事したとか色々な原因があるかもしれません。

貧血

しかし、

それでも同じことをしても、なる方とならない方がいます。同じことをしてもなる方とならない方がいる訳ですが、この差は体質と体調が関係しています。
人が二人いて一人は貧血が起きているとします。もう一人は貧血ではありません。会社に就職して同じ仕事をして、同じ時間に食事をとっても、一人は貧血なので鉄分不足を疑いますが、もう一人は鉄分に気を付けている訳でもないのに貧血もないし鉄分不足にもなりません。

貧血でも

貧血も起こさないし鉄分を多く含んでいるものを気を付けて食べていることもありません。
この差は何かの原因があるわけですが。この原因とは、当然に誰でも起きやすいものなんですが豚肉や鶏肉、牛肉などをいくら食べても起きる方は起きますが、起きない方はならないのが実情です。

鉄分不足で貧血

この原因が体質と体調です。
体調と言うのは、体に疲れやストレスがたまった状態で、疲れやストレスが多い状態でもあります。しかも、疲れやストレスは体にたまりますが、体どこにたまるのかわかりますか????

疲れやストレスは

疲れやストレスは内臓にたまります。もちろん、筋肉にもたまります。筋肉にも疲れやストレスはたまりながら最終的には内臓にたまっていきます。(内臓と言っても病気ではありません)
疲れやストレスが多くたまると体は歪みを起こしていきます。この時には内臓にも多くの疲れやストレスがたまっています。この蓄積が内臓をもっと披露させています。内臓が疲労すると正しく食事をしてもサプリメントでいくtら鉄分不足を補っても持ちません。

疲れやストレスの蓄積で貧血

まずは

まずは体調を上げて体を元気にしていく事です。体を元気にしていく事とは、内臓を元気にしないと体調は上がりません。
内臓に蓄積した疲れやストレスを減らすことをしないと体は疲れやストレスをためたままです。体調が悪い時には流れも悪くなっています。流れが悪くなると血流が滞ってある姿勢などで一気に立ちくらみ、動悸、息切れ、疲れやすいなどの貧血になります。

施術は

貧血の改善はまず、体調を良くすることから始めていきます。体調を良くするだけでも、良い状態を保てる方もいます。
しかし、持ちません、長く維持ができません。この維持をしやすくするために体質改善の施術をしていく必要があります。

体調が良い状態の時に

体調が良いときに、体質改善の施術ができます。一番関係やすい部分が肝臓です。体質改善の施術で肝臓に限らず、内臓を強くしていく事で解消していきます。

北九州近郊で北九州市小倉北、小倉南、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚、直方、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡、福津、田川からも来られています。