肘の痛み

当院は、北九州市の小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区はもちろんですが、周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町からも来られています。

肘の痛み

肘の痛みなどの症状は原因があります。

肘の痛み

肘の痛みには原因があります。この原因は色々ありますが、一つは使い過ぎです、
肘も使いすぎると酷使になります。肘を酷使すると筋肉やじん帯、骨の炎症が起きてしまいます。これらの原因で肘の痛みが起きます。肘を使う事は多くありますので色々な原因が関係して酷使になっています。

使い過ぎ

携帯やスマートフォンをするときに肘を90度に曲げていることも多くなっています。
肘は曲げると酷使につながって関節の炎症、靭帯の炎症、筋肉が緩んだりして痛みになります。あまり酷使すると肘の痛めてしまいます。

最近の肘の痛みは

肘の痛みのある方を見てみると、骨自体が炎症を起こしている場合が多くあります。
骨が炎症を起こして腫れあがっている状態があれば、骨から良くしていく事をする必要があります。

骨の炎症

骨の炎症が起きていると、必然的に痛みがあるのは当然です。
上腕骨や頭骨、尺骨などの肘の関節の何処の骨が炎症を起こして腫れがあると痛みになります。この骨のハレがある場合は、まず、ハレから良くしていく事をしていきます。

神経的にも

神経的にも影響があることもあります。神経も炎症を起こしたりしていることもありますので、神経の炎症を確認する必要もあります。

しかし、

神経的にも骨の炎症も何かの原因で起きています。こん原因が重要になります。

それは

色々な症状と痛みが起きるのは、体調から起きています。体調が落ちていると色々な所にトラブルを起こしています。
体調と言うとわかりにくいですが、体調と言うのは体にたまった疲れやストレスです。疲れやストレスが多くたまると体はそれだけでも歪みを起こしていきます。痛みが出た肘の痛みだけではなく体調から良くして上げていかないと回復は遅くなります。

体調とは

体調と言うのは、簡単に説明すると、疲れやストレスの蓄積の多さです。どんな時もどんな痛みやコリが起きているときも疲れやストレスがたまって起きています。この時には体の歪みも起きています。

当院では

当院では体調を上げる施術と痛みが起きた肘の痛みの部分の施術をしていきます。

北九州近郊で北九州市小倉北、小倉南、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚、直方、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡、福津、田川からも来られています。