股関節痛には。

股関節痛には原因があります。歩くときに音がしたリ痛みがあったり歩きづらさを起こしているのが股関節の痛みです。

股関節の痛み

足を引きずったりすることや、足が上がりにくくなることもある股関節の痛みは改善することができます。当然痛みが起きたり運動して痛めたりすることが多い股関節の痛みは原因があります。

体調で体が崩れて

体に多くの疲れやストレスがたまることを体調が悪いと言いますが、疲れやストレスが多くたまると体調が落ちて歪みになります。この時には骨盤の歪みが起きています。

骨盤の歪みが

骨盤の歪みが起きていると、股関節は骨盤に関節を持っているので股関節周りの靭帯や筋肉も引っ張られたりして炎症を起こしていきます。この炎症が痛みになったり歩行や運動を妨げます。

骨盤の歪みが起きると

体調が悪くなって骨盤の歪みが起きると筋肉やじん帯もそのままではありませんので、緊張したり硬縮したりして炎症を起こしていきます。
筋肉やじん帯の炎症にとどまらず、骨も炎症を起こして、ただれていきます。骨がただれを起こしていると、痛みが強くなります。

痛みが強くなると

痛みが強くなると、回復させていくまで回数がかかります。
骨盤の歪みは疲れやストレスが多くたまって起きていきます。この多さが股関節の痛みになります。

骨盤の歪みが

骨盤の歪みが起きると、股関節の周りの靭帯などが炎症を起こしますが、これは、靭帯が悪いわけではなく、主には股関節を引っ張られたのが原因です。 

この引っ張るものは

この引っ張るものは、大腰筋、腸骨筋と言う筋肉です。下のイラストにある筋肉が原因で起きています。骨盤が歪みを起こすと筋肉のバランスが悪くなります。

股関節の痛みはほとんどの場合大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れたことが原因です。
しかし、この崩れが起きるのは体調の低下で起こりますが、体調の低下で起きるものでも、もっと詳しく見ていくと、内臓が関係しています。

この内臓とは腎臓です。腰痛、腰の痛みの原因になったりするものですが。腎臓に疲れやストレスがたまると大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなって骨盤が歪みを起こしていきます。

施術は

施術は体調を上げていく事と腎臓の働きを良くすることです。体調と腎臓の機能を上げることで筋肉のバランスが整っていきます。
そうすると体の歪み、骨盤の歪みが解消させて股関節の炎症やバランスが整っていきます。

北九州近郊で北九州市小倉北、小倉南、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚、直方、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡、福津、田川からも来られています。