膀胱炎

北九州市のカイロプラクティック徳力整体は30周年です。
30周年を記念して初回5000円が期間限定で3000円になります。カイロプラクティック徳力整体の施術はボキボキしません。

膀胱炎

膀胱炎は

膀胱炎は繰り返しやすく薬などで抑えても原因から変えていく事を考えないと繰り返しやすくなります。どうして膀胱炎が起きるのか理由があると言う事ですが、ほとんどの理由は疲れです。この疲れが多くたまると免疫量も減っていきます。

膀胱炎

免疫力が減ると細菌感染も起きやすくなります。細菌感染が起きると抗生物質で一時的な押さえはできるかも知れませんが、また、繰り返しやすくなります。ですから原因と理由を変える事が必要です。 
疲れが溜まると

疲れが溜まると体は歪みを起こしていきます。この歪みは体に疲れが多くたまればたまるほど歪みが強くなります。普通はここで体調の悪さや痛み、コリが起きますが、痛みやコリが起きないで膀胱炎になる方もいます。

骨盤の歪みが

膀胱炎が起きているときには骨盤の歪みが起きています。骨盤の歪みが起きていれば骨盤の中に入っている内臓は影響を受けてしまいます。内臓が影響を受けると内臓の中でも骨盤に入っている膀胱や子宮、卵巣は影響をもろに受けてしまいます。

腎臓が弱ると

臓が疲れをためて弱っていると膀胱炎になる方もいます。この場合、腰痛、腰の痛みなども同時に起きたりしています。
骨盤の歪みが膀胱炎を起こす

体に疲れやストレスが

疲れやストレスがたまったことを、体調が悪いと言います。体調が悪くなると骨盤が歪みを起こしたりします。骨盤が歪めば骨盤の中の膀胱は正常ではいられません。
体調が落ちると言うのは、体にとって最大のものです。体調が悪くなると色々な所は正しく働きません。内臓も疲れをためていきますし、神経も正しく働きません。

腎臓も

腎臓も正しく働けないで弱っていきます。これが最大の骨盤の歪みになります。骨盤が歪みを起こせば膀胱、子宮、卵巣は弱っていきます。この時に細菌感染が起こります。骨盤が歪みを起こせば生理痛も起こる方もいます。又は便秘になる方もいます。

北九州近郊で北九州市小倉北、小倉南、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚、直方、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡、福津、田川からも来られています。