ヘルニアを楽にして良くしています

椎間板ヘルニアにはヘルニアになる原因が関係しています。この関係したものから解消していくようにすると、椎間板ヘルニアは手術しないで改善する場合が多くあります。

中心核の椎間板が途切れない限り、手術しないで改善が見込まれます。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと言うのは骨と骨の間にある軟骨が飛び出ている事です。軟骨が飛び出る原因は歪みや体調の低下から起きています。

特に自分でも気がつかないで体調が落ちて悪くなっていると誰でも、骨盤の歪みや背骨のズレが起きて椎間板ヘルニアになります。

特に腰の骨の5番目、4番目が多く椎間板ヘルニアになります。

しかし、他の骨も可能性として体調が落ちれば椎間板ヘルニアになります。ですから腰椎だけではありません。

腰痛、腰の痛み

体に疲れがたまると歪み・骨のズレになります。

腰痛、ギックリ腰、ヘルニア、坐骨神経痛、シビレ、痛みは姿勢ではなく体の疲れが原因です。
悪い姿勢や変な姿勢では、体は疲れます。

体が疲れると、一番弱くなっている所に、疲れが蓄積されていきます。
重たいものを持つと、体は疲れます。

重いものを持っても、痛みが起きない時もあります。
だから、疲れが蓄積した時に、切っ掛けで痛みは起きます。

だから、疲れが原因です。
積もり積もって起きて体の状態を知らせてくれる警報が痛みです。
警報を鳴らして、注意しろよと知らせています。

限界が近いぞと言う事です。

体が疲れると、一番に疲れがたまりやすい所に、疲れがたまります。

その人のウィークポイント(弱い所)が、何処かで起きる所が違います。

腰が弱い方でしたら、疲れがたまると腰痛が起きます。
腰痛を悪化させると、椎間板ヘルニアになります。
もっと悪化させると、足のしびれや足の痛みになります。

腰痛やヘルニアを改善していくには、体を疲労から脱却させることです。
良くヘルニアの方が、痛くて眠れないと言います。

これは、痛いから眠れないのでななくて、眠れないから痛いんです。
もし、眠りができていれば、疲れが取れて腰痛やヘルニアにはなりません。
体に疲れたまることも、なかったと思います。

だから、疲れが取れるように、眠れるようにしていく必要があります。
そうすると、疲れが取れて腰痛も楽になって、ヘルニアもなくなります。

あとは腰痛を楽にしたら、そこで腰痛が良くなったかと言うと違います。

腰痛を起こした原因があります。
腰痛を起こした原因の改善は、痛みやしびれがなくなって、楽になったら始めませんか。

腰痛やヘルニアを起こした黒幕は、大変言いにくいのですが腎臓です。
(病気ではありません)

腎臓から腰痛とヘルニア

腎臓に疲れがたまると、ギックリ腰や腰痛、椎間板ヘルニアになります。
あくまでも、腎臓に疲れやストレスがたまること事なので、今は病気ではありません。

腰痛やヘルニア、坐骨神経痛のメカニズムは、
体を動かしているときに、一番弱い所に疲れがたまります。

疲れている所が、腎臓の方が、腰痛になりますので。
腎臓が疲れると、大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなります。
バランスが悪くなると、骨盤の歪みが起きます。

骨盤の歪みが、背骨まで歪みやズレを起こします。
姿勢や捻ったり、重いものを持って、骨盤の歪みで、じん帯や筋肉が持ちこたえられなくなると、ギックリ腰です。

それが治りきらないと又は通り越して一気に起きるのが腰痛、ギックリ腰、ヘルニア、坐骨神経痛、シビレ痛みです。
痛みが起きた時に、眠りが浅いと、自力で回復できないで、長期間の痛みになります。

腰痛、ギックリ腰などを1度でも起こしたり、繰り返す場合は疲れだけではなく体質的に問題があります。

体質的に問題がある場合は、『体質改善 アンチエイジング 若返り』の施術が必要になります。
体質的に問題がある場合は、体質から変えて起きなくしていく施術が必要です。

体質的に問題がある方は、今ではなく先将来、腎臓か膀胱、子宮、前立腺に問題を持ちやすい可能性がある方です。
問題になる前に、ならないように考えませんか!

問題を起こす前に、起きないようにしていくのが、体質改善の施術です。
注意:問題を起こすと言っても、今は、病気ではありません。

北九州近郊で北九州市小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡市、福津市、田川からも来られています。