歪みというのは

歪みというのは

多くの方がある現象です。

特別なものではなく歪みというのは誰でもあるものです。

そして歪みが起きる原因というのは 2つあります

歪みというのは一つは体調から起きる歪みともう一つは体質から起きる歪みです。

体調というのは、ころころころころその日その時間によって変わりますけど、体質というのは変化しないで変化しないどころか進んでいきます。

体調というのは落ちたり上がったりして変化していますけど 体調も 落ちる状態が大きいと上がらなくなります。

体質というのは

りょう親やおじいちゃんおばあちゃんまで遡ったりとかまたは親戚などを見るとわかると思いますが弱い内臓が全て決まっていますのでこれが体質です。

体質というのもそのまま止まることではなく 進んでいって悪くなっていくのが普通です。

最終的まで進んだものが 病気になっていくわけですけど病気になっていく過程で弱い内臓が決まって行きます。

弱い内臓ほど早く老化して 早く病気になっていきます。

実は病気と痛みやコリというのは関係が深くあります。

痛みやコリが起きてる時には

体に多くの疲れやストレスが溜まってる時で多くの疲れやストレスがたまると老化が促進されていきますので弱い内臓に早く多く疲れやストレスがたまると早く病気になろうとしています。

腰痛が起きてる方は腎臓の問題を持っている方などで腎臓が弱いということになりますので開始的に弱いと腎臓はどんどんどんどん疲れやストレスを溜めてしまいますので疲れをため切ると腎臓の病気になります。

腎臓の弱いかたが 腰痛やぎっくり腰は腰が痛い喉の症状を起こしていますので悪化させると椎間板ヘルニアや坐骨神経痛や足のしびれなど起こしています。