腰痛

腰痛とは

腰痛が起きる時には原因がありますので、原因から解消することをしています。

腰痛の原因から解消していくためには、まずは楽にすることからしなければいけませんので、腰痛を楽にすることをしています。

腰痛を起こす時にはどうして起こすのか、何が起きているのかということがありますので、そこを問題視しなければ腰痛を改善することはできませんので1時を抑えしかできないと原因が残ったままになっています。

腰痛には腰痛を起こす原因があるから、腰痛を起こすわけですから、原因を見つけ出さなければいけませんが、単純に足が短いとか長いとか言う状態の検査だけでは何もわかりません。

整体院やカイロプラクティック院などに行くと、足の長短を調べていますが、初回は足の長さが違うのが当然なんですから、足の長さが整ったからといって骨盤が整ったということにはなりません。

腰痛や腰の痛みを感じる時には、体調が落ちて低下している状態の時に落ち起きていますので、特別強く悪いところに痛みを感じているということになりますから、それが腰痛として感じています。

骨盤の歪みや骨盤の開き

腰痛や腰の痛みを起こしている時には、必ず存在しているものがありますので、存在しているものは骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがありますが、ズレや歪みを改善しなくても楽にする方法があります。

普通一般的に治療院で行われている腰痛を解消する治療法というのは楽にすることをターゲットにしていますので、直すことをしているわけではありません。

そのため、あるものが残ったままになっているのですが、残ったままになっているものは骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレです。

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレがあっても痛みやあるわけではなく、何も感じないということもありますので、骨盤の歪みや開き、そしてズレと重なった状態であるものが起きていると痛みになります。

腰痛や腰の痛みが起きる時には

腰痛や腰の痛みを感じている時には、必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きていますが、歪みやズレも程度というか段階というか酷い状態から軽い状態から色々な状態があります。

大きく歪みや開きが起きている時もあれば、少しの歪みや開きが起きているという時もありますし、背骨のズレも大きくずれている時もあれば、軽くズレている時もありますので、色々な状態でズレや歪みが起きています。

歪みやズレが起きていても、普通一般的に生活も出来ていますし、腰痛や腰の痛みを感じているのかというとそうではありません。

しかし結果的に歪みやズレを長期間放置したままだと脊柱管狭窄症なども起こりやすくなります。また、腰の骨周辺には靭帯がありますので、靭帯が硬くなったりすることも起こっています。

腰痛の原因

腰痛の原因とは毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや車の運転することやショッピングをする事や掃除する事や洗濯をすることや食事を作ることやジョギングをすることでも歩いたりすることでも、旅行することでも温泉に入ることでも色々なもので多くなるものがあります。

多くなるものというのは、疲れやストレスが体に蓄積していくということなんですが、疲れやストレスというのは人の体の弱い部分に多く蓄積していく傾向を示します。

ヒトの体というのは、生まれつき弱いところとそうでもないところがありますので、弱いところほど疲れやすいですが、溜まりやすくなりますので弱いところに疲れやストレスがたまることが原因で歪みやズレが起きていきます。

疲れやストレスというのは誰でもあるものですから、感じていないという方はいるかも分かりませんが、生活している限り生きている限り、疲れやストレスと隣り合わせで付き合っていくしかありません。

しかし、疲れやストレスが体に多く溜まっていくと細胞が徐々に変化していき、年齢以上に変化したものが色々な症状を起こしていきます。

年齢以上に変化したものが、老化現象として起きていきますので、老化現象として起きていくのは関節やその他の内臓ということになります。

疲れやストレスを蓄積

本当に体には多くの疲れやストレスが溜まりますが、遺伝的に腰痛を起こしやすい部分が弱い場合に腰痛を起こしています。

人は生まれながらに弱い部分とそうでもない部分があると言いましたが、そうでもない部分は何も症状を起こすことはありませんけど、弱い部分には疲れやストレスが多くたまりやすく溜まってしまうと老化が急速に進行していき、さらに弱くなっていきます。

弱い部分に疲れやストレスがたまることが原因で色々な症状が起きていきますので、弱い部分というのはどこなのかということを説明しなければいけません。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら65キロもの水分が出てきます。

つまり、体重の半分以上が水分だということなんですが、水分に疲れやストレスが溜まるということはありませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんです。

35キロの中には何があるのかというと、皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとあとは中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓ということになりますので、この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは内臓と筋肉ということになります

中枢神経系も、内臓の部ですから、内臓と筋肉に疲れ、ストレスがたまるということが言えます。

内臓疲労が腰痛になる

毎日毎日の生活をすることで、仕事をすることで疲れやストレスが多くなるばかりなんですが、その疲れやストレスというのは内臓に溜まっていきますので、内臓に溜まることが原因で身体の内側から崩れていき、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし、背骨のズレになっていきますが、内臓の部分でも多くの内臓がありますので、腰痛を起こす内臓というのはどこなのかということを説明しなければいけません。

腰痛や腰の痛みになる、内臓というのは、主には腎臓です

内臓と言っても病気というわけではありませんので、腎臓の病気と勘違いをしないでください。

腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと、腎臓に関係する筋肉に影響を出してしまい、筋肉のバランスを崩してしまいますので、筋肉をバランスの崩れから骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい背骨のズレまでを起こしてしまい、骨盤が不安定状態になった時に重たいものを持ったりすると体を支えることができないために腰が痛くなって捻挫状態で起きるのがぎっくり腰です。

疲れやストレスの蓄積は誰でもある

疲れやストレスの蓄積というのは誰でもありますが、人には弱い部分とそうでもない部分があると説明したように弱い部分に疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まってしまうと内臓が炎症を起こしたり、ハレたりということが起きます。

しかし、内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく、内臓に疲れやストレスが溜まると説明しています。

内臓疲労

弱い内臓には疲れやストレスが溜まりやすく、疲れやストレスをためてしまうと体には大変なことが起きています。

単純に湿布を貼ったりして腰痛を楽にすればいいというものでもないし、マッサージをして腰痛を楽にすればいいというものでもないし、低周波治療器や電気などをかけて腰痛を楽にすればいいというものではないので全て骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが残っています。

骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが残ったままだと背骨や骨盤周辺の筋肉や靭帯が硬くなっていきますので、どこの部分がどれぐらい固くなるかで起きる症状が違っていきます。

睡眠負債と腰痛

最近は生活することだけや仕事をすることだけや運動することだけで疲れやストレスが溜まるということはありませんので、それ以外にも疲れやすいレスを溜めてしまうものがあります。

それが睡眠負債状態なんですが、多くの方が睡眠不在状態になっていることさえ気がついていません。

睡眠負債状態というのは、目が覚めないのが特徴なんです。

夜、寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目覚めないから寝ていると勘違いしています。

単純に目が覚めないから寝ていると考えないでください。

一番、眠りが浅い睡眠があります。この睡眠の事を寝ながら考え事をしてる睡眠と言います。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、長い夢を見ていたと思ってもたった数秒だったりの時間見ているだけで脳が起こすトリックということで勘違いしている方が多くいますので、夢は目が覚める瞬間に見ている数秒の時間だけです。

夜、寝ようとするとすぐ眠れるし、寝ながら考え事をしてる時間が5時間も6時間あって目が覚める瞬間に夢を見ているという感じになっています。

寝ながら考え事をしている睡眠負債状態は多くの方に気が付いていない状態で起きている負債状態なんですが、睡眠負債状態というのは取り返しがつかない睡眠になってしまっています。

睡眠負債状態が長期に及んでしまったり、長期じゃなくても悪い状態があると脳細胞の急激な現象が起きていき、物忘れやうっかりが多くなるのが特徴です。

特に眠りが浅いのも気がついていない状態で朝からすぐに動けるし、疲れ知らずで働けることができますので、どれだけ心臓に負担がかかっているのかということも分かっていません。

限界まで悪くしてしまうことをしますので、腰痛や腰の痛みがなかなか治りづらく回復しづらいというのも特徴-1つです。

単純に疲れやストレスが溜まっただけではないということなんです。

普通の腰痛は疲れやストレスの蓄積が腎臓に溜まり、腎臓に溜まることが原因で筋肉バランスが悪くなり、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしてしまうことが腰痛の原因です。

 

 

小倉南区腰痛を解消する為には。