小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正 を、お考えなら初回から顔が小さくなることで人気のある ボキボキもしないから評判のいい小顔矯正をしている 30年になる徳力整体院へ。

当院の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもないし強くもない小顔矯正をしていますが当院では今まで30年間で小顔矯正を多くの方に実践してきましたので 痛くないと評判がいい小顔矯正です。

小顔矯正をする時に一番減らさなきゃいけないものがありますので減らさなければいけないものは体に溜まった疲れやストレスと睡眠負債状態です。

当院では検査することをしていますので今まで多くの方の検査をしてきましたが全員と言っていいほど睡眠負債が多くあったり疲れやストレスが蓄積している度合いが多くなっています。

どうして小顔矯正なのに睡眠負債や疲れやストレスの蓄積が関係するのかと言うと それらを減らすことで顔が小さくなるからです。

顔を小さくする小顔矯正ですから疲れやストレスの蓄積が多くあるとどういうことが起きているのかということを説明すると疲れやストレスが体に蓄積していると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。

体と骨盤というのは深い関係がありますので骨盤が整っていないと顔はむくみやすく脂肪が多くなったり 顔の歪みや変形が起こります。

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞かれると全員の方が体調はいいですとか調子は悪くありませんと簡単に答えてしまっていますが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると むちゃくちゃと言っていいほど体調が悪く体調が悪い証拠に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあって背骨がガタガタしています。

体調等小顔矯正

もし本当に体調が良ければ背骨のズレや骨盤の開きや骨盤の歪みというのは起きていません。

最近はよくこういう逆転現象が起きていますのでその原因を調べてみると多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないということです。

多くのかたが眠れているようで眠れていないのは眠りというのは脳から休養取って寝ていない限りは眠れていません。

大脳が休養とって休んでいることを眠りと言いますのでどんなに体が横になってスースー寝息を立てて気持ち良さそうな眠りをしているように見えても大脳のことまで見えていませんし考えていません。

特に寝ている方は 寝ているから分かりませんし目が覚めないから寝ていると勘違いしています。

多くの方が夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 夢を見ることよりもさらに浅い睡眠があります。

一番、最悪な睡眠の事を寝ながら考え事を知る睡眠と言います。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしてる睡眠をしていますがこの睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠なんです。

昔でしたら夜寝ようとすると 1時間も2時間も眠れないかったりする方が不眠症ということでした。

また夜中に何回も目が覚めるという方が不眠症という状態でしたが睡眠負債というのは違うんです。

睡眠負債というのは 夜、寝ようとするとあくびも出ないけどもう寝る時間だから寝なきゃと思って寝ている方です。 あくびというのは一番肝心な事なんですがあくびは脳が休養を取ろうとする時に出るのがあくびなんです。

あくびが出ないまま眠れることもできますが 脳が眠っていません。 脳から休養とって寝ることが眠りですから体がいくら横になって寝ている状態でも脳が休養をとらなければ脳が最終的なバックボーンですから脳が休んでいない限りは脳にどんどん疲れやストレスが溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

脳に疲れやストレスが溜まることがどんなに大変なことが起きているかということがあるんです。

脳に疲れやストレスが溜まっていくと脳は弱っていきますから脳が弱ると脳細胞の減少が急激に進んでいきます。

脳の中には空間があって空間のことを脳室と言いますが、脳室は血液が中に入ってきて犯されて脳脊髄液に生産されて脳脊髄液の中に大脳や中枢神経系は浮かんでいます。

脳脊髄液の生産が 低下すると脳は脳脊髄液の中に浮かぶことができないでまた循環が行われなくなると汚れてしまった中に大脳は浮かんでいることになります。

脳脊髄液の生産というのは体力や生命力のバロメーターでもありますからバロメーターの脳脊髄液の生産が低下したりできない状態になっているということは大変なことなんです。

小顔矯正をする時には 大脳が元気なことが条件で顔が変わり維持することができますので大脳の疲労というのは小顔矯正をする時には天敵になります。

体には多くの疲れやストレスが溜まっていきますので一番小顔矯正に影響するのは顔嘔吐中枢神経系の大脳や脳幹の部分になりますが最近は多くの方が 大脳を弱らせていますので大脳が弱ると体ももちろん影響をもろに受けますが顔に 歪みやズレが起きたりむくみや脂肪が多くなったりということが起きています。

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが全員と言っていいほど院長から体調がどうですかとか体調が悪くないですかと聞かれると帰ってくる答えがほとんど同じです。

その答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんということなんですが検査することができますので検査をしてみると骨盤のゆがみや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタしている方も多くいますのでこれらの体の状態は体調の状態を表していますが体調が悪い方ほど歪みはずれが大きいということなんです。

体調が悪いと思われるのに調子がいいと答えるということが全然意味がわからないんですがあることを思いつきました。

体調が悪いと思われるのに調子がいいと答えるのは顔をできるだけ小さくして欲しいと言う事と睡眠負債状態でそれを感じていない場合です。

最近は多くの方が疲れやストレスを体に溜めていますので体に貯めれば貯めるほど顔のむくみや脂肪が多くなったり顔の歪みが起きていますが 、その上に睡眠負債状態が重なっていると 痛みやコリを感じにくくなっているということがあります。

疲れやストレスというのは内臓に溜まっていきますので内臓に溜まると言っても病気というわけではなく疲れやストレスが内臓に溜まっていると説明していますので病気というのを関係づけることなく説明をしっかりと聞いてください。

疲れやストレスというのは内臓にたまるということですから中枢神経系の大脳や脳幹や脊髄も内臓の一部ですから大脳にも疲れやストレスが溜まっていきます。

大脳に疲れやストレスが溜まることが原因で脳の酸素供給量が減少していき老廃物の流れが停滞していき脳脊髄液の生産も悪くなっていきます。

疲れやストレスというのは大変多く蓄積していきますので溜まれば溜まるほど多くの疲れやストレスが溜まっていき脳を弱らせていきます。

脳が弱ると痛みやコリを感じにくく麻痺した状態になりますので当院で小顔矯正をした時に頭の大きさも変わりますから頭の大きさは触ったり顔の大きさを触ってもらう時に分かりにくい方がいます。

どんなに顔を小さく小顔矯正をしても顔が小さくなったのがわからないという方が時々いるのが大脳が弱りすぎて感覚神経を働かせることができない方です。

大脳が弱らせて痛みや凝りも感じにくく感覚神経も麻痺した状態ではどんなに顔を小さくしても 小さくはなりますが効果的には体の歪みやズレが大きく体自体がぶよぶよしていたりすると顔が小さくなった反面で体の状態の方に目が行きます。

小顔矯正をしていく時には顔だけではなく体も整えていくことをしないと 顔が小さくなったのが効果が出にくくなる反面も取りやすくもなります。

小顔矯正をしている時には

小顔矯正をしていく時には顔が小さくなる効果が最大になるようにしていきますか 小さくなったぶんだけ体調や体力が落ちていたり疲れやストレスが多く蓄積したり睡眠負債状態があると 顔を小さくなった反面維持する力がありませんのでも取りやすくなったりだるくなるという方がいます。

できるだけ顔を小さくすることに専念していきますがだるくなることだけは避けたいと思いますからそれなりの体調で顔を小さくすることをしていきます。

もちろん体調が良いと思われる方は自分でではなく院長が確認して顔を小さくする治療をどんどん進むことができますが 多くの方はそういう方はいません。

 

 

小倉南区から 多くの方が 小顔矯正 に訪れています。