小顔矯正

人気がある小顔矯正

初回から顔が小さくなる  小顔矯正をしています。

当院では初回から顔が小さくなると評判のいい小顔矯正をしていますが 小顔矯正と言っても痛くもない強くもないボキボキもしないから安心で受けることができる小顔矯正をしています。

普通一般的に小顔矯正を始めて受ける方が多くいますので小顔矯正がどんなものか 本当に小さくなるのかということが分からないと思いますので当院では小顔矯正をして行く前に自分の両方の手のひらで顔を触って覚えてもらうことをして小顔矯正をしていきます。

自分の両方の手のひらを当てて顔の大きさの変化を比べることができますので 自分の両方の手のひらの感覚神経を使いながら顔を触ることをお勧めしていますが大変これは難しく簡単なことではありません。

両方の手のひらを合わせて顎の部分には出て手のひらと指を顔に密着させるということが小顔矯正をしていくときに一番わかる顔の触り方なんですが 鏡で見るよりも目を閉じて感じようとするとわかるという方までいますのでその時に手を密着させたら左右差を感じるようにして目を閉じて大きさを確認してみてください。

目を閉じた方が目の前にあるものに惑わされることなく顔の小ささや変化がしっかりとわかると思いますので目を閉じて左右さを比べるようにして触ってどの辺が大きいとかどこが出っ張ってるとか言うことを比べながら触ってください。

顔は左右が対象ではありませんので左右が対称じゃない状態を確認するということで今現在の自分の顔の大きさや形が分かると思います。

自分の顔の大きさや形がわかったら後はそれを覚えているだけなんですが 分からないという方もありますのでわからないことがないようにしっかりと触って覚えておくようにしてください。

メジャーではかることも構いませんができるだけ当院ではご自分の手の感覚を大切にしたいと思っていますので手で触って大きさや形を覚えるということは大変簡単ではなく難しいことなんですが、これが分かると一番顔が小さくなったということが分かって笑顔が違います。

小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもないし強くもない小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしている時にはどういう風にして顔を小さくしていくのかと言うと痛いこともなく怖いこともなく顔を無理やり押さえつけたりすることもなく単純に顔をマッサージするような感覚で顔を小さくすることができる特殊な技術を持っていますのでマッサージをするような感覚で顔を揉んで行くと顔が小さくなるということが一番、近い事だと思います。

しかしマッサージをしたり顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなれば苦労はしないと思いますので多くの方が色々な方法で顔が小さくならないかと試したこともあると思いますので試しても顔が小さくなることはないと思いますからマッサージをするような感覚で顔を揉んでいるだけで顔が小さくなることはありません。

しかし小顔矯正をする時には30年の経験がある院長が小顔矯正をしていきますので院長が実践する小顔矯正は初回から顔が小さくなって院長も小顔矯正をする時には顔を揉んだりマッサージをするような感覚で小顔矯正をしているだけで顔が小さくなっていきます。

小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も顔が小さくなることはありませんから顔を小さくする小顔矯正と言っても1センチは2 CM は3センチという場合も多くありますから、それらが分かるように顔を触って覚えておくことをお勧めしています。

特に小顔矯正をしていく時には顎の部分が細くすっきりシャープになって引き締まっていくことが多く見受けられますので、そこの部分は特に触って覚えておくことをお勧めしています。

どうして小顔矯正をしていくのかどうやって顔を小さくしていくのかということを知りたいと思いますので、さらにもっと説明をしていきます。

小顔矯正方法

小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしていますので手の技術力のみで顔を小さくしていくことをしていますが小顔矯正をする前に検査することをしています。

小顔矯正をする時に検査する方法は 皮膚や皮下脂肪や筋肉や靭帯などに炎症や腫れがないかということなんですが多くの方が全て整っている悪さがあります。

小顔矯正を希望されて訪れた方は全て検査をしてみると顔に炎症や腫れがあり炎症や腫れがある部分は皮膚や皮下脂肪や筋肉や靭帯そして顔の骨まで炎症や腫れがある方ばかりなんです。

顔に炎症や腫れがある方はむくみやすく脂肪が多くなったりしていますのでそれらを減らすことはもちろんなんですが特に骨まで炎症を起こしているという方が多くいますので骨が炎症を起こすと骨が肥大したり変形したりして大きくなっています。

それらを正常レベルに戻していくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしていますので正常にしていくと顔が小さくなります。

検査をしてみると多くの方が 皮膚や皮下脂肪や筋肉や靭帯やまた顔の骨などにも炎症や腫れを起こしていますので炎症や腫れを骨まで起こすと大きくなったり肥大したりして 顔が大きく歪みを起こしていきます。

顔の炎症や腫れを改善

顔の炎症や腫れを見つけたらまた確認できたらマッサージをするような感覚で小顔矯正を進めていくと顔が小さくなっていきますので、それを体験することができます。

簡単に誰が見ても専門家の先生が見てもマッサージをしているようにしか見えないために顔を揉んだりしているようにしか見えないために顔が小さくなってしまうとびっくりする方もいます。

本当に小顔矯正をしていくときには顔を小さくすることができますのでマッサージをするような感覚で顔を小さくを整えていくことをしたり顎の部分が特に変化が大きく見受けられますので顎の部分を触って覚えてもらうことで比べることができます。

眠りと小顔矯正

小顔矯正をしていく時には体調を検査することができますので体調を検査するということは誰でもできるわけではないし病院の先生でも病気の専門家ですから病気は分かるかも分かりませんが体調を調べることはできませんし検査する道具もありません。

しかし当院では体調を検査することをして体調がどれだけ悪いのか落ちているのかということを確認したり骨盤の歪み骨盤の開きまた背骨のズレなどを改善することをしていますので それらを検査することができます。

しかし最近多くの方が寝ているようで眠れていないために体調が異常と思えるほど悪くなっているのにそれを分からないという方までいます。

顔が小さくなったにもかかわらずわからないという方は手の感覚神経ではなく脳まで弱って落ちてしまっている方が多くなっている関係から顔を小さくしてもまた顔が小さくなってもわからないという方までいます。

夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると考えていませんか。

単純に目が覚めないから寝ていると思うことは違います。

誰が見てもスースーに息を立てて気持ちが良い眠りをしている人でも脳の中のことまでわからないのに寝ていると思っています。

単純に見た目だけ見て寝ているような感じであれば寝ていると思っているだけなんですが眠りというのは脳から寝てないと眠れているとは言えません。

脳が休養とって休むことが眠りなんです。

体がどんなに休めていても脳が働きぱなし では寝ていません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

しかし夜に寝ようとするとすぐ眠れるけど寝ながら考え事をしている睡眠が多くなっています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪な睡眠ですから最悪な睡眠をすればするほど 眠りを浅くなり妄想状態に入っていきますので妄想状態の方は会長が異常と思えるほど悪くなっているしどん底のような体調をしている方や奈落の底のような体調をしている方が多くなっているのが眠りに関係がありますから眠れていない方は顔を小さくしても維持する力や持続する力はありません。

どんなに上手い先生が小顔矯正をして顔が小さくなっても自分の体調が悪かったり眠れていないような状態では維持する力や持続させる力はあるわけはありません。

しかも眠れていない方ほど脳が弱っていますので脳の弱りが強い肩ほど痛みやこりが分からなくなっているぐらい体調が落ちている方までいます。

体調が落ちて悪い方ほど風邪の細菌やウイルスが入っていても熱が上がったりすることもなく何も起こらないので風邪も引かないと思っています。

インフルエンザウイルスが入っている状態でも熱も上がらないし風邪の諸症状が起きるわけでもありませんのでその方の場合のことを隠れインフルエンザという言葉があります。

 

 

小倉南区 で 顔が小さくなる 小顔矯正 をしている カイロプラクティック徳力整体院。