肩こり

肩こりを楽にしていくためには

肩こりを楽にしていくためには色々な解消法があると思いますが当院では肩こりの原因を見つけ出して肩こりを根本から根絶していく治療をしています。

肩こり と言うと 筋肉のこりというイメージが、どうしてもつきまとってしまうために筋肉ばかり中心に治療をしている専門家の方がいますが 筋肉をほぐすことだけして肩こりが良くなった直したというイメージがありますが筋肉だけで起きている肩こりというのは実はありません。

肩こりというのは未だに原因が分かっていないということが多くありますので肩の筋肉を揉んだりマッサージをしたり注射を打ったり湿布を貼ったり肩こりに効くというサプリメントを飲んでいることが多く見受けられますがまた整骨院などに入って低周波治療器や電気などを当てるということで肩こりが楽になりますから楽になることばかりして肩こりを治していません。

当院では肩こりの原因になっている筋肉のコリを検査したり筋肉のコリだけではなくその先にあるものまで検査することで見つけ出すことをしています。

肩こりを治すこととは

肩こりを治すということと肩こりを楽にするということは全然意味が違います。

肩こりを楽にすることは湿布を貼っても楽になることもあります。

肩こりを楽にするためには家族の方に肩を揉んでもらっても楽になることもあります。

肩コリを癒すためには専門家の方にマッサージをしてもらっても肩が楽になることもあります。

肩こりを楽にしようと思うなら肩こりに効くというサプリメントを飲んでも肩こりが楽になることもあります。

肩こりを楽にしたいなら病院に行って痛み止めを打ってもらっても肩こりが楽になることもあります。

肩こりを楽にするなら 整体院や カイロプラクティック院に行っても起きボキしても肩こりが楽になることもあります。

肩コリを楽にしたいなら低周波治療器などをしたりしても肩こりが楽に感じることもあります。

しかし肩こりを治しているわけではありません。

筋肉のコリ西ほぐしてしまえば肩こりは一時的に感じなくなって楽になったと思いますが本当はその先にあるものまで解消していかなければ繰り返し安くなるのが起こりますし 影に隠れた黒幕の原因が進行していきます。

肩こりと言うとどうしても筋肉のこりというイメージが強いために筋肉疲労からも確かに肩こりは起きますが筋肉の疲労でリンパの流れを悪くなって循環が悪くなって老廃物が多くたまるということは当然起こります。

いつもいつも使う 肩や腕や指などで 疲労が起きてしまっていつも力が入っていますので力が入ることで筋肉は疲労して弱っていきますからそれだけでも確かに肩こりは起きてしまいます。

しかし 内臓が正しく働いてホルモンの分泌が行われていると普通に起きている筋肉のこりというのはホルモンで解消できなければいけません。

このホルモンの分泌ができないということはどこから内臓が正しく働いていないということも考えられます。

肩こりは歪みやズレから

肩こりというのは歪みやズレから起きていますので 体の歪みやズレが起きると 筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が歪みを起こすことで引っ張られたり緊張したり緩んだりバランスが悪くなることが肩こりの原因になります。

しかし背骨も首の骨も原因がなくて歪んだりすることは起こりませんので何かの原因があって歪みを起こしていると考えた方が自然です。

どうして背骨が歪むのか

どうして首の骨がずれるのか

その原因を見つけることが肩こりの症状を根本的に改善することができると思います。

背骨の歪みやズレは

背骨のトラブルはどうして起きるのかということを説明していきたいと思いますが主な原因は疲れやストレスが原因です。

しかし疲れやストレスもたまるところがあるから溜まっているわけであって何も貯まるところがないところにたまることはありませんので溜まるところの原因を見つけ出すことが必要になります。

日々の生活で溜まる疲れやストレスというのは 筋肉にもたまりますが筋肉以外に多くの疲れやストレスは溜まっていくとゆがみになります。

その疲れやストレスがたまるところが最大の肩こりを起こしている原因になっていますのでどこにたまるのかということを検査することで見つけて行きます。

多くの疲れやストレスというのは筋肉にも溜まっていきますが全体の8割以上の疲れやストレスは内臓に溜まって言っています。

内臓にたまれば貯まるほど際限なく限界なく多く蓄積していきますので蓄積した状態が強くなって多くなればなるほど歪みが大きくなっていきます。

歪みが大きくなってこそやっと肩こりにつながっていきますので普段軽く歪みが起きていても何も感じません。

しかし肩こりと言うと一番関係しやすい内臓というのは心臓や肺や肝臓や胃などが主に肩こりを起こす原因ですし方に限らず首の痛みや首のこりも同じ内臓から起きています。

内臓の病気というわけで言ってるわけではありませんので注意して欲しいのですが内臓と言うと何でもかんでも即病気というのを結びつけることはないようにしてください。

疲れやストレスが内臓にたまることで歪みが起きていきますので歪みが起きると筋肉は引っ張られたり緊張したりしてコリを起こしていきます。

これが肩こりになります。

内臓の疲労と言うのは症状も起こしますから はいに疲れやすレスがたまって肺が弱っていけば咳が出やすくなったり息苦しさや体が重たくなっていきます。

心臓に疲れやすレスが溜まれば 時々汗をかきやすくなったり息苦しさ呼吸困難や動悸や胸のところで一瞬ですけど痛みが起きることが時々あります。

また横隔膜でもおきますので横隔膜というよりも肺の状態で異常が起きていて横隔膜に影響が出てしまっているという方もありますので横隔膜の動きが悪くなれば血中酸素が減っていきます。

当院では肩こりを解消していく時には検査をすることをしていますので検査してみて体調がどの段階なのかということを判断して治療にあたります。

多くの方の肩こりを感じる方は初回では体調が悪いということはもう当然ですから体調の悪さがどこまで落ちているのかということを検査しています。

体調というのは落とせば落とすほど落とすことができますので奈落の底のような体調の方も時々いらっしゃいます。

最近、多くの方が体調が異常に悪いか違いますがこの体調の悪さは脳疲労から起きていることもありますので脳疲労と言うのは当然どうして起きるのかという原因がありますが最近の方の脳疲労は眠りが浅いことが原因として挙げられます。

脳の弱りが多くなれば、なるほど限界なく疲れやストレスを溜めてしまいますのでたまれば、たまるほど眠りを浅くなって寝ているつもりになっています。

眠りが浅いことで脳が弱ってしまって内臓のコントロールが出来なくなって自律神経が乱れてしまって肺や心臓などが弱っているという方も多くなっています。

眠りというのは夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思う方は勘違いです。

寝ていても夢ばかり見ているということはなく2時間も夢を見るということもなく 5時間も夢を見ている方はいません。

夢というのは数秒間の出来事であったり長くても良い数分の時間で夢を見ています。

後の時間は寝ているかと言うと脳が弱ってしまった彼は寝ながら考え事をしている時間になっています。

寝ながら考え事をしている時間が長くなればなるほど脳はどんどん日増しに弱っていきます。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは自分でも気がつかないで目が覚めた瞬間に忘れてしまいますし夢男の方がまだ寝ているんですが夢は目が覚めた瞬間に見ていますので記憶に残ります。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠というのは 記憶に残ることはありません。

小倉南区で 肩こり を改善するなら徳力整体院。