膝の痛みは

膝の痛みがあると病院に行って炎症を抑えてもらうことをしますので、水を抜いてもらったり、ヒアルロン酸を注入して関節の滑りを良くしたりということが多く、膝の痛みに対して行われる治療だと思います。

膝の痛みというと、関節の痛みということなので、老化現象ということで処理されてしまう場合が多く見受けられますが、触ってみて、炎症や腫れが起きていることが多く見受けられますので、病院では炎症や腫れをお薬やテーピングや湿布などで抑えようとしているのに効果がないと言う方が多くいます。

当院でも病院に行って膝に水が溜まっていると言われたから、水を抜いたりした方が来ていますが、ヒアルロン酸を注入してもらったということで多少痛みが変わったということですが、膝を見てみると炎症や腫れが多くあり、それらが解消できていないと言うことが多くがありますので、手の技術力のみで炎症や腫れを抑えていくようにしています。

病院に行くと膝を見てみると、水が溜まっていれば注射器などで水を抜くという行為で水が汚れているとかいう感じで言われていますが、どうして水が溜まるのかということを探すことはなく、ただ水を抜いたり潤滑剤である、ヒアルロン酸などを注射器で入れたりすることが多く見受けられますので、どうして水がたまるのか、なぜ膝の痛みになったのかと言う事を探らなければ繰り返しやすくヒアルロン酸で潤滑させているだけでは根本的には軟骨は損傷しやすく悪くなっていきます。

病院では原因を探すことはしませんので、膝の水が溜まっていれば膝の水を抜いたり、ヒアルロン酸で滑りを良くしたりということを行なっていると思います。

確かに年齢を重ねていけば、潤滑液が減っていきますし、軟骨が損傷を起こしやすくなっていくということは起こると思いますが、それだけではないと思っています。

色々な症状が起きる時には起きている部分だけが悪いというわけではありませんので、関係する部分も改善していくようにしないと根本的にはなかなか良くなることはないと思います。

膝の痛みというと、骨盤周辺の問題も関係することもありますし、膝の痛みにはある内臓が深く関係するということはわかっています。

膝の痛みというと、骨盤の歪みや骨盤の開きなどがあると骨盤から筋肉や靭帯が伸びている場合もありますので、骨盤の歪みや開きがあると膝自体に不安定状態が起きて軟骨が損傷したりすることもあると思います。

膝の痛み、人は大腿骨の骨端と軟骨と靭帯と筋肉と膝蓋骨と課題、骨の稽古着と腓骨と言う骨が関節を作っていますので、これらの確認をしなければ膝の痛みには適用されていません。

膝の痛みには色々な部分が関係しますので、まずは膝自体を確認して検査することをしてどこがどうなっているのか、どこの部分に痛みが起きているのかということを見つけ出さなければいけません。

なぜ膝の痛みが起きているのかということも見つけ出す必要がありますので、それらを検査することをしています。

膝の痛みの原因

膝の痛みというと、毎日毎日歩いたり、階段を上ったり下りたりすることでも負担をかけていますので、負担をかければかけるほど損傷が起きることもありますし、痛めることもありますから色々な状態で悪くなっていきます。

負担をかければかけるほど痛みが起きる場合がありますが、同じことをしても膝の痛みにならない方もいますからどうして痛みが起きるのかということを見つけ出さなければいけません。

もしかしたら、どこかに負担になるものがあったり、原因が潜んでいる場合がありますので、どこから起きているのかということは見つけ出すことをしないと膝の痛みは変化しにくく水を抜いたりしてもヒアルロン酸を入れたりしても1次抑えばかりしていると本当に膝が変形を起こしたりすることもあります。

本当のところを言うと、病院では膝の痛みがどうして起きるのかということは分かっていませんし、注射器で痛み止めを入れたりヒアルロン酸を入れたり水を抜いたりということが多く見受けられてしまいますが、それでも楽になることがあるために普通一般的に治療法として多く用いられています。

しかし、膝の痛みには原因があると思っていますので、今まで30年の経験で検査することをしてみると、膝の痛みの原因が色々な状況としてわかってきています。

例えばですけど先程説明したように骨盤の歪みや骨盤の開きがあるだけでも筋肉や靭帯のバランスが悪くなってしまいますので、バランスが悪さが膝に負担をかけている可能性もないとは言えません。

まずは色々な状況を確認しながら、炎症や腫れから改善していきますので、炎症や腫れを検査することで見つけ出してどこの部分が炎症やハレを起こしているのか、全体が炎症や腫れを起こしているのかということを確認しながら解消に入っていきます。

当院では無理な膝の痛みの矯正などはしていませんので、マッサージするような感覚で膝の炎症や腫れを解消することができますが、マッサージをしているわけではありません。

レントゲンなどを撮ってもわからない膝の痛みなどもありますし、病院の専門家の先生が見てもわからない部分もありますので、それらを見つけ出しながら解消することをして、膝の痛みを楽にしています。

膝の痛みを検査する

当院の院長は目で見てわからないもの見えないものを検査することをしていますので、ひとつひとつ検査をしながらその部分に異常があるのかということを見つけ出すことをしています。

膝の痛みが起きる時には色々な部分に痛みが起きていることが多くありますが、お皿の周りだったり、内側の膝の痛みだったりっていう痛みが人それぞれで違いますので、それらを確認しながら治療してまた確認してもらいながら治療することを繰り返しながら楽に解消することをしています。

必ず確認しながら膝の痛みの治療をしていきますので、ご自分でも動かしてみたり、歩いてみたりしながら確認するということをしています。

ウリアりな、膝の痛みの治療はしていませんので、マッサージをするような感覚だと思ってもらった方がいいと思うぐらい揉んでいるだけで、炎症や腫れも取れて、そのほかの状態も良くなっていくと右膝の痛みの治療をしていますので安心です。

しかし、マッサージをしたり揉んでいくような感じで普通は痛みは取れることはありませんので、院長の手が特殊な技術があるから出来るテクニックだと思ってください。

この特殊な技術を有しているのは、院長だけですから、院長の手で検査することをしながら確認しながら治療に入っていきますので、最初から炎症や腫れが取れてきて楽になることもありますが、全てが1度で取れることはありません。

炎症や張りが強い時には治療をしたら少し時間をおいた方がいい場合もありますので、その場合は次回また確認をしながら治療に入っていきます。

必ず1回、1回、どこが痛いのかということを確認しながら治療に入れますので、何事も検査することで異常のある部分を見つけ出すことをしています。

膝の痛みが起きたら

膝の痛みが起きた時には膝関節ばかりに注目して矯正することは勿論なんですが、膝関節だけで起きていることはありませんので、初めはどこから起きたのかということを見つけ出さなければ本当の意味で膝の痛みを矯正して整えていくことはできません。

膝の痛みには軟骨の損傷もありますので、軟骨が損傷を起こしたりする時には筋肉靭帯が硬くなっていて潰されている場合がありますので潰された状態を解消するためにもまずは炎症や腫れを矯正して整えていくことをして体質改善の施術で靭帯や筋肉を和らげるようにして軟骨の損傷の修復を図っていきます。

軟骨の損傷などを改善するためにも、体質改善の施術をする為にも、まずは体調から上げて整えていくことをしなければいけませんので、初診や2回目の方も体調から上げて整えていくことをしないとそんなに簡単に体調を維持できることはありませんので、まずは体調から上げていくことも必要になります。

しかし、最初は膝の部分にターゲットを絞って矯正することをしないと炎症や腫れがあるままだと体調をいくら上げても意味はありませんし、効果が上がりませんから痛みがあるところ、つまり膝の痛みのある部分にターゲットを絞って改善していくようにして楽にしていきます。

ある程度、膝の痛みが楽になってきたら、体質改善の治療で筋肉や靭帯や関節や軟骨などを損傷から回復させるような治療をすることができます。

体質改善の矯正をするときでも、体調が基本ですし、回復する力がないとなかなか回復がしませんので回復力の落ちた方は睡眠負債状態がある方です。

睡眠負債と膝の痛み

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていません。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠りといいますので、夜寝ようとすると朝まで目が覚めないしという状態で寝ていることはありません。

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので、寝ている方を見て数数に息を立てていれば寝ているなと誰もが思うでしょうが、実は違うんです。

夜、寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると寝ている方は言うでしょうが、単純に目が覚めないからと思っているだけです。

先程も言いましたが、眠りというのは大脳が寝ていることを言いますので、寝ながら考え事をしている時間が長くなっている方が異常に多く目が覚める瞬間に寝ながら考え事をしていたということを忘れてしまっています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、妄想に近い睡眠ですから、最悪な睡眠になっていき、大脳を弱らせてしまい、大脳が弱ると脳内麻薬みたいなモルヒネみたいな麻痺させる物質が分泌されてしまいますので、脳内麻薬と言うのは痛みや凝りを感じない状態でハイテンションになっていきます。

脳内麻薬が多く分泌されていた痛みやコリも分からなくなって、ハイテンションになっていくと脳細胞の急激な現象が起きていきますので、脳細胞の急激な減少と言うのは大変怖いところがあります。

膝の痛みが起きた方、膝の痛みがある方が不眠症状態である睡眠負債状態が多くなっていると回復がすごく遅れます。

 

 

 

小倉南区膝の痛みを解消。