小顔矯正とは

小顔矯正とは 初回から顔が小さくなると評判のいい小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正は自分で顔が小さくなるのを確認することができるようにしているのが特徴です。

小顔矯正をする時には必ず 自分で顔が小さくなることがわかるようにして小顔矯正をしていきますが 多くの方の小顔矯正を今までしてきましたが 全員が小顔矯正に敵対するモノが多くなっていますので 敵対する者から減らしていくことをしないと維持することができません。

小顔矯正をする時に一番 邪魔になるものは毎日毎日の 生活することでも仕事をすることでも運動や筋トレやストレッチをすることでも 精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などでも多くなったりするものが一番、邪魔になります。

小顔矯正をする時に一番、邪魔になる敵対する者は 疲れやストレスの蓄積が1番目です。

疲れやストレスが多くなればなるほど体にはある現象が起きて行きますのである現象が起きると体は浮腫みやすくなります。

毎日毎日の生活や仕事や運動すること歩くことでも 疲れやストレスが体に蓄積していきますので蓄積したものを減らすことをしないと蓄積したままになっています。 しかもを蓄積しただけではなく日々多くなって言っています。

疲れやストレスを唯一減らすことができるのは 運動することでもなく飲みに行くことでもなくタバコを吸うことでもなく温泉に入りに行くことでもなく 旅行に行くことでもなく 唯一減らすことができるのは眠りです。

眠りと言ってもただ単に寝ているだけではなく 眠りというのはどうから寝ていない限りは眠りとは言えません。

誰が見てもスースー寝息を立てて寝ている人がいるとしたら気持ち良さそうな眠りをしているなと見た目で見て判断してしまいますが、これが大きな間違いになります。

寝ているということは脳から寝ていることを言いますので見た目で見て判断できるものではありませんし脳の中まで見えることはありませんので脳の中がどういう風になっているかということを判断することは大変難しく困難を極めます。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが普通に考えたら良い睡眠をしているなと思うかも分かりませんが実は違うんです。

単純に目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいるのが一番、理解に苦しむ原因になりますが説明しても分かりにくく なっています。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが寝ながら考え事をしてる睡眠があります。

眠りと小顔矯正

寝ながら考え事をしている睡眠というのは一番、長時間に及んでしまい例えばですけど6時間の睡眠時間がある方がいるとしたら眠る時間に5分夢を見る時間に3分目が覚める時間に2分という感じで、あと残った5時間50分がすべて寝ながら考え事をしている状態という方が多くなっている現状があります。

寝ながら考え事をしている睡眠が 長くなればなるほど脳は弱っていき 脳が弱りすぎると脳が衰弱していく固まりますので脳が衰弱していると痛みやコリを感じにくくなります。

そのため当院では院長が体調はどうですかとか調子はどうですかと聞くと多くの方が体調は悪くありませんとか調子はいいですと簡単に答えてしまっています。

大腸の検査が出来なければそれを聞いてその通りなんだなと思うだけなんですが当院では検査をすることができますので検査をしてみると異常と思えるほど骨盤が歪んでいたり骨盤が開いていたり背骨がずれていたりということが起きています。

体調が落ちて悪いからこそ骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。

そして体調が悪い時には骨盤の歪み骨盤の開きそして背骨のズレだけではなくリンパの働きも悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなっていますし内臓の働きも極端に落ちています。

疲れやストレスの蓄積と小顔矯正

小顔矯正をする時には睡眠負債状態だけではなく疲れやストレスの蓄積も一番厄介なものになります。 多くの方が疲れやストレスを簡単に考えていますが疲れやストレスが多くなればなるほど、いろんなところの細胞が変化していき老化しながら硬くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積というのは誰でも溜まっていますが多かれ少なかれということになりますので多く食べれば骨盤の歪みが大きくなり背骨のズレが大きくなって椎間板ヘルニアまで起きていますが この状態で睡眠負債状態があると痛みやコリを感じにくく風邪の細菌が体内に入っていても風邪をひくこともなくインフルエンザウイルスが体内に入って増殖傾向を示していてもインフルエンザは発症することもなく熱が上がることもありません。

睡眠負債状態があるとどうが弱っていますので脳が弱ると脳が熱を上げてウイルスや細菌を殺そうとしますが脳が元気じゃないと熱をあげきることはできませんしもしあげてもその熱で自分が殺されてしまいます。

睡眠負債状態があると体は疲弊どころではなく衰弱傾向を示していきますので衰弱するということはすべての内臓が働きの低下を示していき細胞の死滅が多くなっていくということです。

睡眠負債状態があるだけでも疲れやストレスが多くなりますので疲れやストレスが多くたまると色々な歪みやズレが起きていきますのでそれを感じなくなって行って体調がいいと誤解をしてしまいます。

睡眠負債状態だけではなく疲れやストレスは毎日と生活でも多くなりますから疲れやストレスは両方からくるものが疲れやストレスでその疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。

内臓と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には内臓の働きというのも深く関係していますので疲れやストレスは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら65 kg はギューと絞った水分です。 あとの残りの35 kg が皮膚の重さであり筋肉の重さであり脂肪の重さであり骨の重さであり神経と血管とリンパの重さです。

あと残ったものは35 kg の中でも内蔵と中枢神経系しかありませんので内臓は中枢神経系を含みます。

この中で疲れやストレスが溜まるということは筋肉にもたまりながら内臓に溜まっていきますので多くは内臓に蓄積していくことが原因で体の歪みやズレが大きいリンパの働き悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。

これだけ多くの疲れやストレスが存在するのにそれを感じていない方は平気な顔をして体調はいいですという風に答えますがとんでもありません。

毎日毎日の疲れやストレスを減らすことができるのは唯一に無理なんですがその眠りができていない限りは疲れやストレスは積み重なるばかりで積み重なっても道が弱っているとそれを感じ取ることができません。

つまり堂々巡りを繰り返しながら体調をどん底のような体調になったり奈落の底の体調をしている方が多くなっているのが現在の世の中です。

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしていく時には 初回は顔だけ触って顔を小さくすることを専念していきますので2回目か3回目の時には身体全体的に整えていくことをしなければいけませんが疲れやストレスの蓄積が多いほど数回はかかります。

先ほども説明しましたが疲れやストレスを軽くして減らしていくことができるのは唯一眠りができている時だけなんですがその眠りが出来なければ疲れやストレスは多く蓄積していくばかりなんです。

疲れやストレスを減らさない限りはどんなに顔を小さくしても維持する力はありませんし持続力はありませんから終わった瞬間から顔が戻って行ったりむくみが出たりということが起きるのが最近あります。

小顔矯正と言っても顔だけ触って顔を小さくすれば良いというわけではありません。

小顔矯正と言っても体の歪みが起きているのに顔を小さくしてもあまり意味はありませんし人が見て顔が小さくなったと思われても体がぶよぶよしていたり脂肪が多くなっていたりすると顔を小さくした意味は半減です。

初回は顔を触って顔を小さくしていきますので2回目から3回目の時には顔だけではなく体の歪みや体に蓄積してしまった疲れやストレスを減らしながら体を細く引き締めていくという治療ができますので顔だけではなく骨盤も小さくなったりウエストが細く引き締まったりという相乗効果もあります。

 

小倉南区から顔が小さくなる小顔矯正が人気。