肩こりを解消

肩こり を楽にしていくためには 色々な治療法があるかも分かりませんが多くの治療法は原因なんかは関係なく原因を見つけ出すこともしていなくて対症療法ばかりしている肩こり解消法を多くしています。

対症療法という治療法は湿布を貼ったりすることでも行われていますしドラッグストアに行ってサプリメントを購入したり医薬部外品を飲んだり マッサージをしたり 低周波治療器などの電気をしたりすることが対症療法です。

対症療法というのは 電気を持っていれば低周波を持っていればプラス端子からマイナス端子に定電流の電気を 流して筋肉を刺激しているだけですから 機械を持っていれば素人の人でも当てることができる簡単な方法です。

湿布を貼ったりすることでもドラッグストアに売っている湿布を買って貼るだけですから 簡単に誰でもできる肩こり解消法ではあります。

マッサージをして家族の方に肩こりを楽にするようにしてもらっても専門家の方に マッサージをしてもらっても 筋肉をほぐして肩こりを楽にして行く方法です。

病院に行って 注射をしてもらうことでも肩こりは楽になることはあると思いますから 注射で楽になる肩こりでしたら楽になると思いますが原因が残ったままになっています。

色々な方法で肩こりを楽にすることができるかも分かりませんが肩こりを楽にすることと肩こりを治していくということは全然意味が違います。

肩こりを楽にしてばかりでは原因もいつのまにか進行していきますので進行したものが肩こりを強く感じさせたり肩こりをこじらせて慢性化させたり 原因が深く関係してしまうと肩こりとしてではなく違う形として表面上に出てくることもあります。

肩こりを起こしている原因

肩こりを検査することで原因を見つけ出すことができるので 多くの肩こりの方の場合、筋肉のこりだけで起きていることはありません。

今まで検査ができないところは分からないと思いますが30年間で精度の高い検査をすることができるようになりましたから検査をしてみると筋肉のコリだけで起きている方は今まで30年間で一人もいませんでした。

しかし筋肉のコリが慢性化して長期に及んでいる方というのは筋肉も老化して固くなるということがありますので硬くなれば始めは肩こりを強く感じますがそのうちに神経的な麻痺が大きいクリを感じなくなるという現象が起きていきますから筋肉を触ってみると固くなっているけど何も感じないという方がいます。

何も感じないからと言って肩こりがないわけではありませんので神経が麻痺して感じにくくなっているということですからそのうちに筋肉だけではなく周辺にある筋肉以外の靭帯や神経や血管まで固くなることが予想されますので神経が硬くなれば手の握力低下手のこわばり 指や手で持ったものを落としやすくなるということが起きていき血行不良ではなく神経的な問題になっていくこともあります。

血行不良というのは気の流れが悪くなって筋肉に血の流れが悪い状態が大きい筋肉的に萎えた状態を起こしていきますが、さらにひどいのは神経的な問題のトラブルです。

神経の働きが低下した状態で握力低下や力が入らないということが起きたり物を持つことが最終的にはできなくなったりということが起こる場合もあるということです。

肩こりを起こしている原因は

肩こりを起こしている原因は背骨のズレなんですが背骨がずれて骨の位置が動いてくることが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動くことで引っ張られたり緩んだりということでリンパの働きが悪くなって循環が悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。

筋肉のコリが起きる時には必ず背骨のズレが起きていますので背骨のずれが起きたりすると筋肉は当然引っ張られたり緩んだりということで懲りになっていきます。

さらに悪化させると背骨のズレだけではなく背骨の間と間にある椎間板または軟骨はいじられて膨らんでいきますので膨らんだ状態のことを椎間板ヘルニアと言います。

椎間板ヘルニアになって 神経に接触した状態が起きると手のしびれが起きたりすることも多く見受けられます。

椎間板ヘルニアも肩こりの方は起こりやすく特別なものではありませんので誰でも椎間板ヘルニアになる可能性はあります。

肩こりを悪化させていくと背骨のズレが大きくなっていきますので背骨のズレが大きくなると椎間板ヘルニアも起こり筋肉も緊張状態が強くなっていきます。

しかし背骨のズレも姿勢や猫背状態で起きるということはなく中枢神経系を守っている背骨ですから簡単に曲がったり歪んだりしたら中枢神経系を守ることはできません。

中枢神経系を守るためにも 簡単に曲がる状態では意味ありません。

しかし背骨のズレは姿勢でもなく猫背でもなく 何かの原因があるから背骨のズレになっていきます。

しかし普通一般的には背骨のズレを検査することもできる方は少なく 対症療法という治療に任せることになっています。

背骨のズレを検査することができないと治療をして整えていくということはできません。

背骨のズレと肩こり

背骨のズレがどうして起きるのかひせいでもなく猫背でもなくどうして起きるのかということがありますからその原因は体に溜まっていく疲れやストレスです。

体には毎日毎日の生活や仕事や精神的なプレッシャーや緊張や抑圧や睡眠負債状態で多くの疲れやストレスが溜まりますが疲れやストレスは溜まっていない方はいません。

疲れやストレスが溜まっていても分かっていない方は多くいます。

人が生きている限りは疲れやストレスは生じて大きくなったり少なくなったりしていますので多くなった時に肩こりを強く感じてしまい軽くなった時には肩こりは軽く感じます。

つまり日々増えていく 疲れやストレスの蓄積する多さで肩こりを強く感じたり肩こりを軽く感じるということが起こります。

日々増えていく体に蓄積していく疲れやストレスというのは唯一減らすことができるのは寝ている時だけなんですが最近多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるけど朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方です。

普通に考えたら良い睡眠をしているような感じなんですが単純に目が覚めないから寝ていると思うこと自体が間違いなんです。

眠りというのは体が横になって人が見てもスースー寝息を立てて気持ち良さそうな寝ているような状態でも 脳の中のことまでわかっていませんから脳が休養とって眠れていない限りは眠りとは言いません。

脳が休養をとって寝ていることが眠りです。

寝ている人を見て気持ち良さそうな眠りをしているなと思わないでください脳の中までは分かりませんし見えませんから。

一番浅い睡眠がありますが夢というのは目が覚める前に見ているから見て覚えて記憶に残っていますが夢というのは長く夢を見ていたという記憶があっても1秒だったり2秒だったり数分の時間の長さです。

一番浅い睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠なんですが寝ながら考え事を知る睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れて記憶に残ることはありません。

寝ながら考え事を知る睡眠が脳の弱りを作りの肥料になり脳衰弱になっていき痛みやコリを感じにくく風邪やインフルエンザウイルスが増殖している状態でも熱を上げることはできませんから 風邪をひくこともなくインフルエンザになることもありませんから隠れインフルエンザ、隠れ風邪になっていきます。

脳が元気だから風邪の細菌が体内に入って増殖したら熱をあげたりします。

脳が元気だからインフルエンザウイルスが増殖したら熱が上がります。

脳が弱ってしまうとインフルエンザウイルスが体内に侵入したら入れ食い状態で増殖していきますが何も感じません。

脳が弱ってしまうと風邪をひくこともできませんから入れ食い状態で風邪の細菌を多くしてしまい風邪は万病の元に及ぶようになります。

何よりもインフルエンザウイルスが体内にしたら熱を出す元気がない状態では脳細胞の急激な減少も起こり急激に脳細胞が減少していくと先将来どうなるかということは予想がつくと思います。

 

小倉南区から肩こりを解消するなら徳力整体院。