腰痛、腰の痛み

腰痛 を楽にしたら腰痛がどうして起きたのかという原因まで見つけ出さない限りは本当の意味で腰痛を楽にしたことにはなりません。

腰痛が起きる時には何をしたら起きるのかということがありますので 人に置いて腰痛が起きる原因って言うか理由は違うと思いますが本当の意味で原因ではありません。

腰痛が起きる時には重たいものを持ったりすると 腰痛が起きたりすることが多く見受けられますが人においては腰痛が起きる原因はいろいろありますので原因というよりも切っ掛けというふうに考えてください。

いつも重たいものを持ったりしているのに急に腰痛が起きたりする原因は重たいものを持った時の姿勢や重たさなどではなくあることが原因です。

車の運転をしている時に徐々に腰が痛くなって腰痛になってしまうのも長く同じ姿勢をしたことが原因であることが起きているのが腰痛として感じることです。

何かを取ろうとして前かがみをした時に腰痛になってしまうのも同じ原因があるから腰痛になります。

寝ている時の布団で腰痛が起きたりするのも原因があるから腰痛になっていますのでいくら布団を新品に変えてもまた繰り返し安く新品に変えるとしばらくは腰痛がおきないかも分かりませんがまた徐々に腰痛を起こしてしまいます。

靴下を履こうとして腰痛になるかと思います。

くしゃみをしただけで腰痛になる方もいます。

慣れない靴を履いて歩いてるだけで腰痛になる方もいます。

腰痛を起こす時にはいろいろな原因だと考えられるものがありますがこれらは原因ではなくきっかけです。

原因ときっかけ

腰痛を起こす時には原因ときっかけがありますのできっかけは重たいものを持ったり前かがみをしたり同じ姿勢をしたりということがきっかけなんですがきっかけが起きる前にはあることが起きています。

このあることこそ本当の原因になります。

腰痛を起こす原因は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが原因です。

腰痛を起こす時には骨盤の歪みは骨盤の開きが必ずありますので骨盤の歪みは骨盤の開きがあると体を支えることができませんので不安定状態の時に重たいものを持ったりしたり中腰をしたり前かがみになったりくしゃみをしたり柔らかい布団の上で寝ているということで腰痛になってしまいます。

骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレがある時に重たいものを持ったりすることが原因で負担になるわけですけどどうして骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのかという原因があります。

何も原因がなくて骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることはありません。

何かの原因があるから骨盤がゆがんだり骨盤が開いたり、そして背骨のずれたりすることで腰痛になります。

腰痛を起こす時には 骨盤の歪みは骨盤の開きが必ずある時に重たいもの持ったり中腰をしたりして腰痛になってしまいますので骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレというのはどこから起きているのかということを検査して見つけなければいけませんが多くの場合は 毎日の生活に原因があります。

人の生活というのは負担になることばかりありますので毎日の生活や仕事することを嫌そして最近多くの方が落ちている睡眠負債状態が原因なんですがそれらをすることであるものが多く蓄積していきます。

人が動いたりすることで 疲れやストレスが多くなりますので疲れやストレスと言ってもストレスというのは蓄積した疲れのことを言いますので疲れとストレスは同じ意味ですから、これからは蓄積疲労というふうにいます。

人は生活したり仕事をしたり運動をしたりすることでもそしてさらに睡眠負債状態でも蓄積疲労が多くなっていきますので、この蓄積疲労がどこにたまるのかということが一番の腰痛を起こす原因になります。

蓄積疲労と腰痛

筋肉にも蓄積疲労は溜まっていきますがさらにその何十倍の蓄積疲労というのがある部分に溜まるのが最大の原因なんですが、ある部分というのは内臓です。

内臓といっても病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく 疲れやストレスが内臓に溜まると言っています。

内臓というのは病気の最終形態が内臓ですから何でもかんでも病気になるということではなく内臓に蓄積していく疲れやストレスというのがあるんです。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中、水分が65 kg です。 あとの残りの35 kg が筋肉の重さでやり脂肪の重さであり骨の重さであり皮膚の重さであり神経と血管とリンパ管の重さとあとは中枢神経系と内臓しかありません。

筋肉にも蓄積疲労が溜まりますが後の何十倍もの蓄積された疲れが内臓に溜まっていき内臓が働きを低下した状態が病気ではなく 骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

多くのカイロプラクティックや整体をしている先生でも 内臓にたまる疲れやストレスを検査することも難しく改善ができないのが現状なんですが本当に内臓に多くの疲れやストレスが溜まって体の歪みやズレ色々な症状になっていきます。

腰痛を起こす内臓として一般的に知られていることは腎臓と前立腺膀胱が主な原因になりますので腎臓が疲れやすトレスを食べると大腰筋腸骨筋に関係した腎臓ですから大腰筋腸骨筋のバランスを悪くしてしまい大腰筋腸骨筋は骨盤に付属している筋肉ですから筋肉バランスが悪くなり骨盤が開いたり言葉が歪んだりそして背骨を引っ張って背骨のズレが起こります。

内臓と筋肉は密接に関係があるところが多くありますので内臓の疲れやストレスが溜まると自然と筋肉バランスは悪くなっていきますがどこの筋肉が悪くなるかで起きる症状は違いますし、どこの内臓に疲れやストレスがたまるかで起きる症状は違います。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので 夜寝ようとするとすぐ眠れるけど朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっているのが大変なことを招いています。

眠りというのは目が覚めないから寝ている誰が見ても人が見てもスースー寝息歳立てていれば寝ていると思うのは早ガッテンです。

眠りというのは脳から寝ていない限りは眠りとは言えませんので脳が夢を見ていたりすると 眠れているわけではありません。

夢というのは目が覚める瞬間に1秒だったり 数分の時間、見ているから記憶に残りを覚えていますが夢を見る前の時間はどうなっているのか寝ている本人さえもわかりません。

寝ている本人は眠っているから分からないと思います。

単純に目が覚めないから寝ていると思うしかありませんけど脳から眠っていない限りは眠っているとは言えませんので脳から眠りをすることが大切になるんですが最近多くの方が脳から眠りができていませんので脳から眠れてないと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが最大になっていきますので最大になっても眠れてないと脳が弱ってしまっていますから脳が弱ると歪みやズレを起こしにくく感じないという方までいます。

脳と腰痛

眠れていないと脳は弱っていきますので脳が弱ると痛みやコリに鈍感になってしまい限界まで悪くしないと感じません。

脳が元気だから痛みやコリを感じます。

脳が元気だから骨盤の歪みは骨盤の開きが起こります。

大脳が元気だからインフルエンザが体内に侵入したら脳が熱を上げてウイルスを減らそうとしますがウイルスが体内に入っても 脳が弱っていれば何も起こりません。 この事を隠れインフルエンザと言います。

他人にうつすぐらいインフルエンザウイルスが蔓延化している状態でも脳が祝っていれば本人は何も感じませんし熱も上がることもなく咳やくしゃみなども時々しか出ませんから自分が悪いとは思っていません。

老害割るということは大変なことになりますので脳細胞の急激な減少を招き精神疾患やうつや認知症を進行させてしまうことも多くなりますし第12脳細胞の急激な現象が起きていくということが大変な結果を招いていきます。

 

小倉南区から腰痛を楽にする。