頭痛を楽に

頭痛 を楽にしていくためには多くの方が薬ばかり使ったりしていることがありますが頭痛には頭痛になる原因が存在するから頭痛になっていますので原因を見つけ出さなければいくら薬を使って楽にすることをしても原因は残ったままになっています。

頭痛はどうして起きるのか頭が痛くなるのか ということを考えなければいつまでも薬で痛み止めのような感じで抑えていることしか出来なくなって原因もいつまでも進行していきますので同じままではありません。

頭痛には頭痛になる原因があるから頭の痛みや頭痛になっていますので原因を見つけ出すことをしていかない限りは 進行が急速に行われていき頭の痛みや頭痛にならないからといって原因は消えたわけではありません。

頭痛や偏頭痛が起きやすい方は原因がありますので原因もいつまでも同じままではなく 頭の痛みを繰り返しながら急速に原因が悪化して違う形として表面上に出てくる方もいますし 頭痛が以前あった方なども原因が進行してしまうと形を違って表面上に出てきますので今度は大変なことになっているということもあります。

頭痛には頭痛の原因があるから起きているということを考慮してください。

頭痛の原因がない方は頭痛にはなりません。

頭痛の原因は首の痛みや首のこりから起きるとか目の使いすぎや完成披露からなどの原因から起きるという風には言われます。

頭痛が起きる時にはどうして頭痛になっているのかということを考えていくと首のコリや肩こりや目の使いすぎなどの問題が鮮明に分かってくると思います。

頭痛や頭の痛みまたは偏頭痛が起きている時には 起きている部分に圧力が上がって緊張が高くなって起きていますので 肩を揉んだり首を揉んだりすると圧力は下がってしまって頭痛が緩和されるということなんですがどうして緊張が高くなっているのか圧力が上がっているのかということを見つけ出さなければいくら肩を揉んだりしても首を揉んだりほぐしたりしても眼精疲労を目薬などで改善することをしても原因は残ったままになっているということがあります。

多くの症状の 起きているところというのは圧力が高くなって緊張が高くなっているから伊丹を起こしているわけですから圧力を落とすことというのは揉んだりマッサージをしたり湿布を貼ったり電気治療器などをしたりすることでも圧力は低下していきますが低下したぶんだけ痛いところだけ圧力が下がるということはなく全体が落ちていくということで圧力は下がっていき楽になるというよりも分からなくなっていきます。

頭痛は圧力や緊張が高くなる

頭痛や頭の痛みや偏頭痛が起きている方は頭に圧力や緊張が高くなっていることが原因なので首を保護したり肩を揉んだり 圧力が下がるわけではないと思いますが痛み止めの薬を飲んだりすることでも頭の痛みは楽になるまたは楽に感じることはあると思いますが頭痛や頭の痛みや偏頭痛を起こした原因が残ったままになっています。

確かに圧力が上がった状態の緊張を改善していくときには 肩を揉んだり首を揉んだりほぐしたりすることで圧力が低下して頭の痛みが楽になることは多くありますが原因は変わっていませんのでまた繰り返し起きたり頭の痛みとして起きている ばかりではなく違う形としておきていくということが多く見受けられます。

頭の痛みや頭痛が起きやすいかというのは 頭を触ってみるとわかることがありますが硬く張っている方が多く頭痛になっていますので硬いということは圧力は上がっていたり緊張しているということが起きますが普段から自分の頭を触っていない限りは分かりにくいと思います。

比べるものがないと分かりませんので 頭の痛みが起きている時と頭の痛みがない時を比べることをしていると少しは分かるかも分かりませんが 10 CM も20 CM も変わることはありませんので数センチだったり数ミリだったりということの変化は大変分かりにくいと思います。

頭の痛みや頭痛は偏頭痛が起こりやすい方というのはもしかしたら先将来頭の病気になっている可能性が大きい方なんですが脳梗塞や脳出血の可能性を秘めているということも考えなければいけません。

しかし今はなってしまっているわけではありませんのでいくら検査をしても 分かりませんし健康かも分かりませんが健康な細胞が1年や2年で一気に病気の細胞として出てくることはありませんのでなって言っている家庭では分からないという方が多く見受けられますのでわからないということの言葉を使うことはなく異常なしということで病院では言われるかも分かりません。

よく考えて欲しいのは病院でいくらレントゲンや MRI 検査やエコー検査などをして 異常な部分が見つかるということは、もう病気になっている場合だけです。

病院の検査では

病院というところは病気として完成してしまわないと尿検査や血液検査やレントゲン検査や MRI 検査やエコー検査などでも分かりませんので細胞の変化が明らかに行われた場合だけで 分かります。

しかしいくら病院の検査でも100%の検査はありませんし完成してしまって明らかな状態で細胞が変化した時に初めて検査をすると陽性反応が出て病名がついて薬の治療か手術ということになりますがそれ以外ではほとんどはわかりませんので完成した状態ではもう遅いです。

病院の検査というのは病気の専門家の先生ばかりですから病気として完成してしまうと一番行かなければいけないところなんですが病気として完成してしまう前ではいくら尿検査や血液検査などを用いて検査をしても数値の異常も出ませんし見つからない場合が多くあるんです。

当院でも病気の治療はできませんので病気の治療というのは病院で行うようにしてください。

頭痛や頭の痛みや片頭痛は

頭痛や頭の痛みや偏頭痛が起きている方というのは総合的に見ても体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い方ばかりなんですが悪い状態を整えていくことをしていけば、その場で頭の痛みが楽になっていきます。

最近は多くの方が頭の痛みを訴えてきていますが検査をすることができますので 検査をしてみると眠りが浅い方が多く頭痛を起こしている場合が多いようです。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

普通に考えたら良い睡眠をしているように思えますが実は違うんです。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳から眠っていないといくら体が横たえてスースー寝息を立てていても脳の中のことまではわかっていませんし、ただ見て寝ていると人は思います。

眠りというのは脳から寝ていることを言いますので脳が休養とって寝ていない限りはいていませんし夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

夢というのは長く見ているような感覚があっても長く夢を見ることはなく1秒だったり2秒だったり数分の時間、見ていることが多く目が覚める瞬間に見ているから記憶に残って何か夢を見ていたなと思います。

しかし夢を見るよりも さらに浅い睡眠があります。

寝ながら考え事をしている睡眠

多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしていますので寝ながら考え事をし睡眠というのは夢を見ている睡眠よりもより浅い睡眠になりますので一番ダメな睡眠でやり一番、危険な睡眠になります。

寝ながら考え事をしてる睡眠は多くなればなるほど限界なくしてしまいますので目が覚めなければ寝ていると勘違いしている方が頭痛になっています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは 一番眠りが浅い睡眠ですから一番浅い睡眠をすれば脳が弱っていきどうが衰弱段階まで落ちると体の痛みやこりは感じていなくて体調は良いと思っている方が多くいますしまた脳は弱ることでハイテンションになります。

脳が弱ってハイテンションになると朝から体は動けますしあくびが出ることはありませんし疲れる事をしても疲れ知らずで動けます。

動けるため元気だと思っているし風邪も引かないと思っているかも分かりませんがとんでもありません。

眠りが浅い方ほど頭の緊張が高くなり興奮状態になりハイテンショになり頭痛や頭の痛みや偏頭痛を起こしています。

 

小倉南区 頭痛 を楽にしていくためには 薬ばかりに頼っていないで原因を見つけ出さないと大変な結果になる。