初回から変わる骨盤矯正

当院では初回から骨盤が小さくなる 骨盤矯正 をしています。

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていますが 当院では必ず骨盤を比べてもらうことをして骨盤が小さくなるということを実感してもらうようにして骨盤矯正をします。

骨盤矯正と言ってもただ骨盤を小さくすれば良いというわけではありませんので一回で終わる骨盤矯正はありません。

骨盤矯正をしていくときには 検査をすることをして 本当に骨盤が小さくなる方法を見つけ出すことをしていきます。

骨盤をどうすれば小さくすることができるのか。

何をすれば骨盤が小さくなるのか。

本当に骨盤が小さくなるのか。

維持する力や持続力があるのか。

ということが気になる方が多くいますので本当に言葉が小さくなりますし維持する力というのはご自分の体の状態次第です。

骨盤矯正をした時に骨盤がその場で小さくなったということが分かるようにしていますので後は維持する力を上げていくためにもさらに骨盤矯正を進めていく必要があります。

骨盤矯正をする前に

骨盤矯正をして行く前に自分の両方の手のひらを骨盤の横に当てて骨盤の幅を触って覚えてもらうようにして骨盤矯正に入ります。

骨盤矯正をして行く時には必ず骨盤の幅を触って覚えてもらい 骨盤矯正をした後の変化を比べてもらうようにしています。

骨盤矯正をしていくときには股関節の少し上の辺りに手のひらを当てて 幅を覚えてもらうようにしていますがこの触り方はメジャーなどで測るよりも簡単なものではありません。

他人がメジャーで測ったりすることもいいかも分かりませんが 他人が測ると位置が違ったりきつさが違ったりということでいい加減な測定になってしまうことも多くありますので当院ではご自分の両方の手のひらの感覚を大切にして幅をわかってもらうようにしています。

骨盤矯正をしていくときの触り方は足を閉じて 両方の股関節の上に右は右手で左は左手で触ります。

触ることができたら左右差を感じるようにしてください。

実は左右が同じように見える骨盤でも幅が違うことがありますので中心軸を境にして右側と左側と大きさを確認するようにして触ると後で骨盤矯正をした時にしっかりと変化がわかります。

この変化が分かるようにしっかりと触ってもらいますので院長から説明を受けている時に一度と骨盤矯正をする台に寝てもらってさらにもう一度妻に二度触って覚えてもらうようにして骨盤矯正に入ります。

それでも触り方がいい加減だったり記憶することができない方や覚えていることができない方が時々いますので 分からないという方もいます。

骨盤矯正をしていく時には10 CM も20 CM も骨盤が小さくなるということはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという風に変わりますのでその1 CM 変わってもわかるようにしておいてもらいたいんですが簡単なことではありません。

骨盤矯正をしている時にスカートのウエストの部分まで細くなっていきますので スカートのウエストの部分などが緩くなったというのを感じる方もいます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正をしていきますがどういう風にして骨盤を小さくしていくことができるのかという疑問があると思いますのでその疑問にお答えするためにも検査をすることをしています。

今まで多くの方が骨盤矯正に訪れていますが自分でも気がつかないぐらい体調が悪くなっている方ばかりです。

痛みやコリがないからと言ってだるいとか疲れやすいとかいう症状がないからといって体調が良いとは限らないのが現代の世の中です。

最近は眠れているようで眠れていない方 睡眠負債状態が多くなっていたり睡眠障害になっている方が多くいますので睡眠のトラブルが起きていても目が覚めなければ感じていませんし分かりません。

しかし最近の方は夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますが目が覚めないから寝ているわけではありません。

眠りと言うのは脳が休養とって眠ることを言います。

脳から眠れていないと眠っているとは言えませんので唯人が見てもスースー寝息を立てている状態でも脳の中のことまで考えていません。

体は横になって寝ているような感じでも動画妄想状態に近い睡眠をしながら考え事をしているという睡眠が多くなっていますのでこの睡眠が最悪な睡眠になっています。

寝ながら考え事を知る睡眠というのは妄想の睡眠ですから妄想に近ければ近いほど 浅ければ多いほど脳は弱っていき脳は疲弊していき脳は衰弱状態になっていくと徐々に痛みやコリを感じないし風邪も引きにくい状態になっていきます。

脳が弱ったかたほど痛みやこりが起きている状態でも感じないのが特徴なんですが脳が祝った方ほど院長から体調はどうですかと聞かれるとすぐに体調はいいですという答えが返ってきます。

検査をするとすぐにわかることなんですがそういう体調が良い状態でもないのにということがありますがご希望が骨盤矯正などで体調を無視して骨盤矯正を勧めて骨盤を小さくしていくことをしていきますが本当は基本的な物は会長からあげて整えていくことをしないと持続力もないし維持することはできません。

基本的なことができていないのに維持する力があるわけはないし持続させることなんかできるわけはありません。

体調が落ちたら疲れたりだるいとか痛みやコリを感じなければいけませんがどうが弱ってしまった方が多くなっていますので脳が弱ると骨盤がむちゃくちゃと言っていいほど開いていても何も痛みやこりは感じません。

昔でしたら不眠症と言うと寝ようとすると眠れなかったり1時間も2時間も目が冴えていたり夜中に何回も目が覚めて1時間も2時間も眠れない方が不眠症ということでしたが最近の不眠症の方は夜寝ようとするとすぐ眠れるけど浅い眠りしかできない状態なんですがそれが分からない方が多くなっています。

骨盤矯正とは

本当は体から整えていくことから始めないと持続力が上がりませんし 骨盤矯正で骨盤を小さくする効果も上がりにくいのですが初回から体調を上げて整えていくということもできますが初回では骨盤が本当に小さくなるということをお見せするようにしています。

骨盤矯正で骨盤を小さくしたいということで来ていますので体調からあげて整えていくことをしても骨盤は小さくなりにくいこともありますからできるだけ骨盤を小さくすることをして整えていくことで小尻にすることをしています。

骨盤矯正をして行く時には電気や機械を使うこともなくての技術力伸びで骨盤を小さくすることをしていますのでボキボキもしないし無理矢理押さえつけたり痛いということはない骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をしていくときには マッサージをするような感覚で揉んでいくだけで骨盤が小さくなり骨盤の歪みは骨盤の開きさらにその上のことまで整えるようにしていますので初回から骨盤周辺も脂肪が低いむくみが減り骨盤が小さくなっていきます。

体調が落ちて悪い方や眠りが浅い形は骨の炎症を起こして骨が変形を起こしているという形までいますのでそれらを強制することで整えていくと骨盤が小さくなるということです。

そして持続力を上げるためには体を整えていくことをしていくと持続力ががありさらに体質改善という治療で骨盤矯正をしていくともっと持続力が上がり骨盤が小さくなりウエストまで細くなり上半身を細くすっきりして引き締まっていきます。

小倉南区 で初回から骨盤が小さくなる 骨盤矯正 をしています。