ダイエットして痩せる

ダイエット をして  痩せる ためには何が必要なのかということを基本的に考えるようにした方が効果があって痩せると思います。

どんなに良いと言われる 食事のレシピを作ってもカロリーを減らしても筋トレや運動をしてもジョギングをしても基本的なことができていない限りは健康的に痩せることはありませんので 基本的なことから整えていくという矯正をしています。

多くのダイエットをしたり痩せる方法が色々ありますがほとんどのダイエット法や痩せる方法は基本的なことを考えていませんし無視した状態でしようとしています。

というのも元来基本的な事を調べたりすることは検査法でもあまりありませんし臨床検査をすることでも臨床というのは病気の検査ですから基本的なことを検査すること自体がありません。

基本的なことというのは体調なんですが体調もどういう状態なのかと言うと体調を落としていたり調子を落としていたり体調が悪いなどと言われるように体調が基本なんです。

自分では どうもなくても体調が良いと思っていても最近は違う状態で体調を落としている方が多くなっている関係から自分自身でも体調の悪さを分からない気がついていないという方が多くなっている関係があります。

当院でも痩せたいと思う方やダイエットをしたいと思う方が多く来られていますが検査をしてみると全員と言っていいほど体調が無茶苦茶と言っていいほど悪くどん底のような体調をしている方や奈落の底のような体調をしている方が多くいますのでこれにも理由があります。

自分でも気がついていないぐらい体調を落としていると骨盤の歪みが開きが大きくあったり背骨のずれやまた背骨のズレから悪化した状態の椎間板ヘルニアなどが起きていると痛みやこりが起きていること自体が普通 普通なんですがそれを感じていない方が多くなっています。

特に体調を落としている原因として考えられているものは眠りです。

ダイエットの天敵は眠り

ダイエットを考えて痩せようと思うなら眠りの改善からしていかなければ眠りが浅いのに 痩せる理由はないしホルモンのバランスも悪いした医者回る石リンパの働きが悪くなっているのが当然のことが眠りができていない状態でおきます。

昔でしたら寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまうということが不眠症の方でしたが。

最近は 夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっています。

単純に夜寝たら朝まで目が覚めないというだけで寝ていると勘違いしている方が多くなっている関係です。

眠りと言うのは脳が寝ていないと眠れているということは言えませんので最近は多くの方が眠れていない状態の方が多くなっている関係から体調がどん底のような体調してたり奈落の底のような体調をしている方ばかりです。

目が覚めないから寝ていると思わないでください。

寝ている時に夢を見るのは多くの方に見られる現象なんですが夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

しかし夢を見る前の睡眠というのはどういう状態なのかということは寝ている本人にも寝ている人を見ている他の方にも分かりません。

つまり体が横になって目をつぶってスースー寝息を立てている状態でも脳の中の言葉ではわからないということです。

睡眠負債という言葉があるように最近多くの方が睡眠状態の時に負債を抱えて借金状態になっています。

昔でしたら睡眠障害という風に言っていたこともありますから睡眠というのは脳から寝ていない限りは眠れている眠っているとは言いません。

脳と言うのは最近多くの方が疲れやストレスをためてしまいますので疲れやストレスは日常的にたまる市生活する時でもたまりますし仕事上でも捕まります市精神的なプレッシャーや抑うつなどでも多く疲れやストレスは溜まっていきます。

脳に溜まった疲れやストレスというのは一番厄介で簡単に覗くことができないのが脳に溜まった疲れやストレスです。

脳に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に眠りが浅くなり寝ながら考え事をしている睡眠になっていきます。

寝ながら考え事をしてる睡眠

寝ながら考え事をしている睡眠が睡眠負債の状態ですからねながら考え事をしている睡眠というのは寝てはいますがもうそうに近い状態の脳になっていますので体調がどん底のような体調になるということが伺えます。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一番眠りが浅く脳疲労が強く起き脳が疲労していくと脳衰弱になりということで痛みやこりもわからなくなり自分の体調も良いか悪いかわからなくなります。

寝ながら考え事をして睡眠の方はハイテンション状態になりやすく 目が覚めたらすぐに動けるし疲れ知らずで働いたり動いたり運動したりすることができます。

風邪の細菌が入っても強いと思うくらい熱が出たりすることもなくダウンして寝込むこともありません。

ウイルス細菌が体内に入ったとしても脳が元気だから熱を上げて38°や三十九度の熱が上がり咳やくしゃみや鼻水になりますけど脳が弱ってしまっていると何も起こりません。

だから風邪もひかないから元気だと勘違いしている状態の方が多くなっていますからこういう状態の方がダイエットをしようとしてもいくらどんなにいいサプリメントを飲んでも運動や筋トレやストレッチやダイエットグッズを試してみても効果が上がりにくくなります。

効果的なダイエットをして痩せるためには

効果的なダイエットをして痩せようと思うなら基本的なことから整えていくことをしなければいけませんが基本的なものを整えていくというのは体を整えていくことです。

体を整えていくことをしないと表面上は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨のズレが起きたりということが起きていますので骨盤の歪みが開き背骨のズレがどこから起きるのかということは体の中に原因があります。

ダイエットをして痩せようと思うなら一番の敵は疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスというのは限界なく多くをしてしまいますが多くなれば多いほど痛みやこりを感じるのが普通なんですがそれにさらに脳の弱りが重なって起きると痛みやコリ自分の体調などもわからなくなります。

こんな状態の方が多くなっていますので顔のむくみや脂肪が多くなったり体にも骨盤周辺にもお腹の部分にも脂肪や浮腫が大きくなっていき体重がどんどん増えていくということで太りやすくなります。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが内臓に多く溜まっていきますので内臓と言っても病気と言っているわけではなく内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因で調子を落とした体調を落とすということで痩せにくくなります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中65 kg は水分です。

あと残りの35 kg は骨の重さ筋肉の重さ皮膚の重さ脂肪の重さ人体の重さ神経や血管やリンパ管などの重さなどしかありませんので後残ったものは内臓しかありません。

体を整えていくと痩せていく

つまり疲れやストレスというのは水分に溜まるということは考えられませんけど筋肉にも疲れやストレスは溜まりながらその何十倍の疲れやストレスは内臓に蓄積していき内臓が弱っていくということで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

さらに眠りが浅い形は脳下垂体ホルモンのバランスも悪くなっていますのでホルモン関係の全ての親分が脳下垂体ホルモンですからそんな状態の方がダイエットをしても痩せることは 出来にくくなります

 

 

小倉南区 ダイエットして 痩せる ためには。