人気がある小顔矯正

ボキボキしない痛くない怖くない 小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが 小顔矯正をしていく時には小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができるので 人気があるわけです。

小顔矯正をしていくときには必ずご自分の顔の大きさや幅や輪郭などを覚えてもらうようにしていますので実際に顔を変化するのがよくわかるという小顔矯正をしているのが評判のいいわけです。

やはり一番は自分の両方の手のひらで顔の変化がまたは顔が小さくなったということが分かるということが一番ですから他人がメジャーで測ったりすることもなく自分の両方の手の感覚を 大変重要視していますのでどなたも必ず顔を触って覚えてもらうようにしています。

しかし簡単なようで簡単ではないのが自分の顔を触って大きさを覚えたり幅を覚えるということなんです。

この触り方は簡単ではありませんがわかれば笑顔が違いますのでしっかりとわかるまで自分の顔を触って覚えてもらうようにしています。

しかし、どうしても小顔矯正を希望されて訪れた方の中に顔を小さくしたのにわからないという方がいますのでそういうことがないように実際に本当に顔が小さくなっていきますのでしっかりと触って記憶するようにして覚えてください。

ただ単に手を当てただけでは顔の大きさや幅を覚えることはできませんので 手を当てるだけではなく感じようとしないと鏡で見るよりも大変難しく手の感覚神経を働かせて顔を触る事をしないと変化がわかりにくく 顔というのは10 CM も20 CM も変わることはありませんが本当に1 CM だったり2 CM だったりという感じで顔が小さくなっていきますので、しっかりと触って覚えるようにしてください。

小顔矯正の触り方

小顔矯正の触り方は院長から直接指導と言うか教えますのでこういう風に触ってくださいと説明した通りに触ってもらうだけなんです。

触り方というのは 顎の部分に両方の手首をくっつけて指を広げて手のひらと指を顔にくっつけるだけです。

できたら、この時に手のひらが浮いたところがないか指が浮いてしまっていないかということを確認してもらった方がいいと思いますので鏡などで見て確認をしてもらうことをお勧めしています。

手のひらや指が浮いたところは感じ取っていませんので単純に手が突っ張ってしまったり反ったりしてしまっていると感じ取ることができませんのでそこの部分だけ疎かになってしまいます。

この触り方ができたら後は 顔の左右を感じるだけなんですが顔は両方の右と左が揃っているわけではなく右側が大きいとか左側がでこぼこしているとか、いろいろな顔の形をしていますので左右差を感じ取るようにすると手の感覚神経が増して頭が働き出しますので、また頭を働かせれば働かせるほどしっかりと分かるようになります。

ですから一番大切なのは 手のひらや指が浮いていないことと左右差をしっかりと感じ取るようにしてもらうことなんですが分からない方ほど簡単に触っていますので簡単に触ることがないようにしっかりと覚えるようにしてください。

本当に分からない方ほどしっかり触れていませんし感じ取るように努力をすることはありませんので感じ取るように努力をしながら触ってください。

しかもてだけで触った方ほど分かりませんので手だけで触ることなく感覚神経の大本である頭を働かせながら触った方がよりしっかりと顔の大きさを把握することができます。

小顔矯正に入ります

この触り方がわかってきたらもう一度起業する前に治療代に植え向きで寝てもらって顔を触ってもらいますのでその時に院長がご自分の両方の手のひらの上から手を当ててこういう風に触るんですよと説明をしますのでこの時に少し分かるという方もいます。

小顔矯正をする前に、このように2回顔の触り方を指導していますがなおかつそれでもわからないという方はいますので必ずわからないということがないようにしっかりと顔が小さくなったのが笑顔が出るようにしてもらいたいものなんです。

治療する台に上向きに寝てもらって顔を触って覚えたら本格的に小顔矯正に院長が入っていきますので力を抜いて目をつぶって寝ているだけでオッケーです。

院長が小顔矯正に入ってから1分から2分の間ぐらいに顔が小さくなったなと院長が思えばもう一度、顔を触って変化を見てもらえますかと言いますのでその時に触ってみるとたった1分か2分ぐらいの治療なんですが顔が小さくなっていると思います。

この時に顔の変化がわかった方は そのままでいいと思いますがわからなかったという方はこの先小顔にすることをしても分からない場合が多くありますので 小顔矯正に入って一回目でしっかりと分かるようにを一度、触り直してください。

小顔矯正は20分ぐらいの子顔矯正ですけど時間を長くすれば効果があるというものではなく短時間で集中して顔を小さくすることをしていかなければ時間をかけても小顔になることはありませんし逆に時間が長くなればなるほど効果が落ちていきます。

当院では小顔矯正の研究をしていますので時間的には20分くらいで集中して顔を変えた方が変わりやすく顔が小さくなるという効果があります。

小顔矯正をする時に

小顔矯正をしていくときに顔を小さくするようにしていますができるだけ顎の部分などをしっかり触って覚えてもらいたいものなんですがというのは顎の部分が特に変わるからです。

当院の小顔矯正は危険でもなく無理な小顔矯正ではありませんので 実際に顔をマッサージするような感覚でもんで行くと顔が小さくなるという特殊なて思っているからできる治療です。

ですから他の方が院長と同じように顔を揉んだりしても顔が小さくなることはありません。

30年以上の小顔矯正の経験があるし特殊な手を持っているからできる特殊な技術です。

誰でもそうですがマッサージをするようにして顔が小さくなることはないと思っていると思いますので当院でも顔を小さくするためにはマッサージをするようなことをしているわけではありませんけど誰が見てもマッサージをしたりもんだりしているようにしか見えないので、それでも顔が小さくなるという小顔矯正です。

小顔矯正をする時には

実際に小顔矯正をする時には院長が手のみの力でまたは技術力で顔を無理やり押さえつけたりすることもなく痛いこともなく顔を揉んだりマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができる小顔矯正をしていますので 全然危険なこともありませんが最近、多くの方が体調を以上に落としていますので体調を閉じて体力のない方ほど小顔矯正をした後がだるくなります。

小顔矯正をして顔を小さくするためにも体調や体力を使いますので残った体調や体力が少ない方ほどダルくなるということがあります。

小顔矯正をする時には体調というのは大変重要なことになりますので最近多くの方が体調が悪かったり眠りが浅い肩が異常に多くいますので眠りが浅かったり体調が悪いと小顔矯正終わった瞬間に顔が戻ったり大きくなるということまで起きてしまいますので体調を重要視してまたは寝不足状態がないようにして行くことも治療の一環になります。

本当にある患者さんで分かったことなんですが顔が小さくなったと言われて小顔矯正終わった瞬間から戻って行ったりむくんでしまったり急速にリバウンドしてしまっている方もいるくらいなんです。

原因は今までのご自分の生活にありますので体調を落としてしまっていることが異常に起きていたり奈落の底のような体調だったりどん底のような体調だったり寝不足状態を続けていて夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているという思いがある方が多くいますが本当はこの事は良い睡眠だと思いますが 眠りが浅い睡眠を3時間も4時間も5時間もしていれば脳は弱っていくということがあります。

 

 

 

小倉南区小顔矯正が人気です。