人気の小顔矯正

小顔矯正をしています

初回から顔が小さくなることで評判の良い人気がある小顔矯正の専門家が小顔矯正をしていますので安心です。 小顔矯正をしている時にはボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしていますので力を抜いて寝ているだけで20分ぐらいの小顔矯正ですが初回から顔が小さくなると評判のいい小顔矯正をしています。

小顔矯正をしている時には本当に痛くもないので安心して上向きに寝ているだけで20分ぐらいの小顔矯正ですが顔が小さくなっていきます。

小顔矯正を院長が始める前に話を聞いている段階でまずは顔の自分の大きさを覚えてもらうようにして矯正に入る前に寝てもらって 顔を触ってもらうようにしているので小顔矯正に始まる前と小顔矯正をした後を比べることができます。

当院の小顔矯正は比べることができるのが特徴で2が必ず顔を触って覚えてもらうようにしていますので実際に顔が小さくなったということが分かるようにしていますがこの触り方は簡単な方法で触ってしまうと覚えていることができないで顔が小さくなったのがわからないという方もいます。

小顔矯正をする時には必ず小顔矯正に入る前にご自分の顔の大きさを触って覚えてもらうようにしていますので変化が分かるように小顔矯正に入る前に顔の大きさや形を覚えてもらうことをしていますが鏡で見るというよりも自分の両方の手のひらで顔を触るだけなんですが簡単な方法ではありません。

簡単なと思ってしまって触ったかたほど変化が分からないと言うかと思いますので変化がわからないということがないように同じように皆さん顔を小さくしていくことをしていますので分かる方と分からない方がいるということがないようにしていきたいと思っています。

どうしても顔の変化が分からないという方は数パーセント、または2人の方は分からないという方がいます。

分からないという方は脳のトラブルが起きている方が手の感覚神経を落としている場合が多くありますので いくらどんなに顔を小さくする小顔矯正をしても分からないという方は治療を進めていく必要が本当はある方です。

小顔矯正をして行く時には

当院では小顔矯正をしている時には痛くない方法でまたはボキボキしたりすることもなく顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔をマッサージするようにして揉んでいるだけで顔が小さくなるという特殊な子顔矯正をしていますがマッサージをしているわけではなくただ顔を揉んだりしているわけではなく院長の手と秘密の技術を使いながら顔を小さくすることができるという子顔矯正をしています。

他の方がいいんちょうと同じように顔を揉んだりマッサージをするようにしても顔に変化はなく顔が小さくなるということはありませんのでその差というのは30年の研究と臨床と技術力によります。

何も考えなくて30年間を過ごしたわけではありませんので小顔矯正をしていくときには本当に簡単なようにして顔を小さくすることをしていますが簡単なことだと院長は一言も今まで30年間小顔矯正をしてきて一回も言ったことはありません。

簡単なようにしている技術というのは大変難しく高等テクニックの一つなんです。

特にマジックなどでもなく本当に顔を小さくすることはをしていますのでマジックのように裏側に種があるということはありません。

小顔矯正をしていくとき

小顔矯正をしていく時には本当に顔をマッサージするようにして揉んでイキながら顔を小さくすることをしていますが当院の院長は小顔矯正をする時には検査することを重要視していますので検査することで顔の異常のある部分を見つけ出すことができます。

顔の異常というのも大変、変な話なんですが普通では起きないことが今の世の中では起きていますので検査することでそれを見つけ出すことができます。

検査して見つけることができればそれを整えて矯正していくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

顔の異常というのは多くの方にまた全員の方にあることが原因で起きていることなんて 100人の方が小顔矯正を希望されて訪れていても100人の方全員にあることが原因です。

ある患者さんで発見できたことなんですが普通に小顔矯正をしていて顔を小さくすることをしていますが検査するということでどうして顔が小さくなるということなのかを考えることの研究をすることができました。

検査することで表面上目で見てもわからないことを検査することをして異常のある部分を見つけることができれば顔が小さくなるということがわかったことです。

普通の先生ではそういう検査することも強制することはできませんから30年間の研究の結果で検査する力と小顔矯正をする力が上がったからできる治療です。

顔を小さくする

当院の小顔矯正はボキボキすることもなく顔をマッサージするような感覚で顔を小さくすることができますが小顔矯正を始める前に自分の両方の手のひらを顔全体に当てて顔の大きさを覚えてもらうようにしています。

顔の大きさを覚えてもらったら小顔矯正に入っていきますので20分ぐらいの小顔矯正ですから突かれることもなく飽きることもなく小顔矯正をした後の顔の大きさを覚えていることができれば顔が小さくなったということがわかります。

小顔矯正に入る前の顔の大きさと小顔矯正をした後の顔の大きさを比べることができるのが当院の一番の特徴です。

しかし小顔矯正といっても体の状態も深く関係していますので顔だけして小顔矯正をしても維持する力がご自分の中にはありません。

顔を小さくして維持する力というのはご自分の力で 効果を出すものですから顔を小さくしても維持する力がないと戻りやすくリバウンドしていきます。

矯正をして顔の小ささを維持する力というのは体調や疲れやストレスの蓄積や眠りにあります。

体調と眠りと小顔矯正

多くの専門家の先生もあまり知らないことなんですが体は日常的に動かしていることが多くあり生活する上でも疲れやストレスは溜まり仕事でも疲れやストレスが溜まり精神的な緊張などでも疲れやストレスは溜まりさらに眠りが浅いということでも疲れやストレスは体に溜まっていきます。

この蓄積の多くが小顔矯正をしてもを取りやすくむくみやすくまた顔の炎症や腫れを起こしていく原因になります。

特に朝からむくんでいるという方は眠りが浅く体調が悪いという方がむくみになっていますがむくみというのは文と同じ意味がありますので二種があるということはリンパの働きが悪いだけではなく体調が落ちていて落ち方がひどい方です。

ですからリンパの働きを良くすればいいというわけではなく体調唐揚げてコントロールできる状態まで持っていかなければ体調は落ちやすく眠りを浅く朝から顔がむくんでいるという方が多くいます。

あれやストレスが溜まるば溜まるほど体は歪みを起こしていき骨盤の開きや 骨盤の歪みそして背骨のズレが起きていき内臓に溜まった疲れやストレスが多くなればなるほど内臓は疲れていきさらに歪みを悪化させていきます。

例えば体重100キロの方がいるとしたら 65%つまり65 km は水分です。

後の残ったものは骨の重さと筋肉の重さと神経と血管とリンパ管と脂肪と皮膚しかありません。

筋肉にも疲れはたまりますが残ったものに多くの疲れやストレスは溜まっていきます。

疲れやストレスというのは体の体力や体調や生命力を奪う結果になりますので体調を落としていき奈落の底のような体調の方が多くなっているのが眠りの浅さに関係しています。

夜寝ようとすると寝つきが良く朝まで眠れて目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが寝ているから分からないでしょうけど寝ながら考え事をしている時間が長くなっていて目が覚める瞬間に夢を見ています。

目が覚める瞬間に夢を見ているから夢を見ていたなという記憶がありますけどその前の5時間や6時間は寝ながら考え事をしている妄想状態になっているという方が多くなっているからです。

妄想状態の寝ながら考え事をしている時間が長くなればなるほど脳の働きや脳細胞の問題が落ちていき内臓の働きも低下していき体調は奈落の底になっていきます。

 

 

 

 

小倉南区で人気がある小顔矯正をしています。