ダイエットする為

ダイエットして痩せる

 

ダイエットをして痩せようと思う肩痩せたいと思う方は多くいますがほとんどの方は基本的なことを忘れたままサプリメントや運動やストレッチやヨガをしたり食事制限をしたり運動したりということで 遠回しにしか痩せることがない方法を色々しています。

痩せるためには、またダイエットするためには何が必要なのかということを忘れているような状態というよりもわかっていなくて色々試していたり悩んでいるという方が多くいるからです。

確かに運動したりすると 脂肪が燃焼されたり代謝が上がるので痩せる方向の方に行きやすくなるということはありますが運動をしたりすると逆に痩せることやダイエットとはかけ離れたものが多くなります。

痩せる事とダイエット

痩せることやダイエットすることをのかけ離れたものとは 疲れやストレスの蓄積です。

痩せたりダイエットをしようと思うなら疲れやストレスの蓄積というのは天敵です。

しかし疲れやストレスというのは日常的に誰でも多くあり かなり蓄積状態が多くなっているのがこの世の中ですから気温差があったり仕事上で疲れやストレスが多くなったり 生活で疲れやストレスが多くなったり精神的なプレッシャーなので疲れが多くなったり色々な疲れやストレスが多くなる現象がありますがこれを唯一減らすことができるのは寝ている時だけです。

寝ている時だけと言っても最近の方は寝てはいますが眠れているわけではありませんので寝ている時も疲れやストレスが蓄積して多くなっていくということがありますので減るどころではありません。

疲れやストレスというのは多くためれば溜め込んでしまうことがあり 限界泣く蓄積していき際限なく蓄積していくのでどこまでたまるのかという奈落の底のようなたまり方をして行き、その溜まったったということがわからないという方もいます。

眠りが浅いと太る

最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので無理というのは体が横になってグーグー寝ている眠りではなく脳から眠れて昨日が休養とっていないと眠れている理由はありません。

毎日毎日の生活や仕事や精神的なプレッシャーや眠ることでも疲れやストレスが多くなっていきますので疲れやストレスが多くなればなるほど脳は弱っていき痛みやこりなどを感じなくなってしまいます。

大脳が弱ってしまったかたはイライラしたり頭が痛くなったり頭痛になったりまた脳幹に支配される自律神経のバランスが悪くなりますので自律神経失調症が起きたり胃のもたれやけんが起きたり咳が出やすくなったり肩こりが起きたり腰痛が起きたり便秘が起きたり生理痛が起きたり生理不順になったり膀胱炎を繰り返したり尿漏れを起こしたり浮腫を起こしやすくなったり足の冷えが強く起きてしまうということがあります。

最近は隠れインフルエンザという言葉があるように脳が弱ってしまうといくらインフルエンザウイルスが体内に入って増殖している状態でもインフルエンザとして発症しなくて長期にわたり悪い状態を起こしていきますが この悪さを感じていないくらいの大脳が弱っているという方が多くなっているためです。

大脳が弱ると太る

大脳が弱っていくと生命力も落ちていきますし免疫細胞の数も激減していき免疫細胞の数の新しいのが作られることなく古いのは消滅していき 免疫力はどんどん低下して敵対するものがどんどん増えていきます。

ダイエットする時には内臓が元気であればあるほど体を引き締めて行くことができますし 体重計ばかり気にすることなく見た目を気にするようにしてください。

ダイエットは痩せることを考える前に体重計の体重ばかり気にしていますが体重をいくら減らしてもむくみが多くなったり顔色が悪くなったり顔のツヤがなくなったりということがあると意味ありません。

健康時に体を引き締めていくことこそダイエットに繋がると思いますしもちろんそれに応じて痩せてくるということが起きるわけですから体調からあげて体に蓄積してしまった疲れやストレスを軽く減らしていくことをしていけば体は引き締まっていき壱岐島では代謝もよくなってリンパの働きも改善されて老廃物も減っていき代謝が良くなった状態で痩せていくということが後で体重計として現れてきます。

体重計よりも見た目

ですから体重計を優先されるよりも体重が減るということを優先されるよりもまずは体調からあげてそれに応じて体重が減ってくるという状態が理想的に痩せてくることになります。

体重計の体重ばかり気にしていると体を壊したり骨張るような痩せ方をしたり筋肉質になっていきますのでそんな痩せ方では意味もないし男性の目から見ても綺麗に痩せていくということはありませんし骨張った状態で細くなっても意味はありません。

ネックレスやペンダントをしている胸元に肋骨が浮き出ているような状態ではせっかくのチャームポイントを押しているのにそこに目が行くのにそんな状態をしていたら綺麗に見えることはありません。

肋骨が浮き出たような状態の痩せ方では綺麗に見えることはなくいくら細くなっても引き締まっているわけではありませんから脂肪が浮き出るというよりも骨が浮き出てしまっています。

何よりも重要視しなければいけないのは 表面上を親指と人差し指で指の腹を使いながらつまんで見ることです。

自分で確認することも

親指と人差し指でつまんだ幅が皮膚と皮膚の下の皮下脂肪になります。

皮膚と皮下脂肪の 部分に厚みがあれば皮下脂肪が多いわけですから皮下脂肪を減らしていくことをしなければいけません。

皮膚と皮下脂肪の下には骨しかありませんので骨と筋肉の厚みが多くあればあるほどということはありますが筋肉もそんなに暑くなることはありませんので後は肋骨のまた骨の内側の内臓周辺の脂肪になります。

また最近、多くの方は体調が悪いと 病気ではなく内臓が腫れて大きくなっているという方もいます。

特に肺や肝臓などが大きくなっているという方がいますので大きくなって厚みが 多くなればなるほど体は太くなりむくみやすくなり脂肪が多くなっていきます。

最近は多くの方が眠りが浅いので大脳の湯割からくる内臓の代謝や働きのある魚脂肪やむくみを多く食べてしまっているという方も多くなっていますから無理というのは簡単に治療できるものではありませんし簡単に改善できるものではありませんがやって行かない限りは生命力と体調をムチャクチャと言っていいほど落としていきます。

今まで多くの方のダイエットと体を痩せる矯正をしていきましたが多くの方は初回とか数回の治療は体調を上げる治療に専念していきます。

というのはそれほど体調が言い方はいないため体調悪いの悪い形ばかりですから体調からあげていかなければ基本的なものが 整ってくることはありません。

今まで当院でダイエットは痩せる治療をするために訪れて体調が良いと自分で言っている方はいましたが検査をしてみると異常に体調が悪く体調が悪いということをもうわからないという方が多くいますので体調が悪いからむくみやすく太りやすく水を飲んでも体重が増したりすることがあり代謝が悪いということが伺えます。

基本的なものは体調なんですが体調というのは疲れやストレスの蓄積ですが 疲れやストレスが溜まる場所があります。

体調というのは疲れやストレスがたまりば溜まるほど落ちていきますので疲れやストレスがたまるば骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい太りやすくなり背骨のずれが大きい 内臓の働きが低下してしまい代謝が悪くなってリンパの働きが悪くなっていきます。

こんな状態では痩せることはありません。

 

小倉南区から多くの方が訪れる人気があるダイエット