浮腫みを改善する

浮腫み を解消

浮腫みを減らしたいと思うかとは思いますが浮腫みと脂肪というのは違いがあります脂肪は午前中と午後などで変わることはなく、いつもある程度は一定であるものがまた増えていくものが脂肪という違いがありますが浮腫みには浮腫の起きる原因があるからむくんでいるわけです。

浮腫みというのはどういうものが浮腫みというのでしょう。 脂肪というのは脂肪があることが脂肪と言いますので浮腫というのは脂肪ではありません。

むくみというのは別名、浮腫というのがあります。 シュートむくみというのは同じ意味ですから あまり良い意味はありませんのでむくみが多いということはどういうことが起きているのかということを気にしなければいけません。

むくみが多いという方はリンパの働きが悪くリンパ液が滞留してしまった状態で血管の中に吸収がうまくできない状態のことを言います。

内臓の周りにある水つまりリンパ液が老廃物を多く取り込んで流れが停滞した状態のことを浮腫みといいますので むくみが多いという方は 注意しなければいけません。

むくみというのは 最悪な状態になればお腹に水が溜まった状態のことを腹水といいお腹がパンパンにぶよぶよになることを言いますからこれに近い状態がむくみです。

浮腫が起きるのは何もリンパを流せばいいというわけではなくどうしてリンパ液が働いていないのか吸収ができていないのか静脈に流れ込まないのかということを見つけ出さない限りはいくらリンパ療法という軽いマッサージをしてもリンパ液がまた停滞していき流れが悪くなっていくことを繰り返します。

ですからリンパ療法だけでは意味もなくマッサージをしても意味もなくサプリメントや食事制限やダイエットということは勘違いもいいところです。

浮腫みが起きやすい原因

浮腫が起きやすい原因というのは 体に多くの疲れやストレスが溜まった状態で起きているということをが最大の原因になりますので体に多くの疲れやストレスがたまりば溜まるほど筋肉にもたまりながらある特定部分に疲れやストレスが溜まっていきます。

ある特定部分というのは筋肉にもお疲れやストレスは溜まりますが例えばですけど体重100 kg の方がいるとしたら65%つまり65 km が 水分になります。

後の35 kg の重さは、骨の重さ 筋肉の重さ、皮膚の重さ、脂肪の重さ、神経、血管、リンパ管の重さしかありません。

あとの残りは中枢神経系のノート脳幹と内臓しかありませんのでノート脳幹と内臓にも疲れやストレスは溜まっていくことが起こりますが筋肉よりも何十倍も何千倍も疲れやストレスを溜めてしまうのが内臓や中枢神経系ですが病気ではありません。

病気ではありませんのでいくら病院で検査をされても健康状態と言われる可能性が強くまたもし検査をしてみて数値に異常が出ていれば何かの病気が進行しているということが伺えますのでその場合は病院でさらに検査をしなければいけません。

多くの場合、病気ではなく原因不明でむくみが起きていますのでその原因不明のむくみというのは体調にありますが体調というのは意味不明な言葉です。

体調というのは 疲れやストレスの蓄積で体の調子を落としていることです。

体に多くの疲れやストレスは溜まると内臓や中枢神経系に溜まっていきますので病気ではなくまだ細胞の変化が起きているか起きていないかということがありますけど病気というのは細胞の変化が起きて行くことを言いますから細胞の変化が起きて数値に異常が出てしまいます。

細胞の変化が起きていくと数値に異常が出ますがすぐに出るわけではなく例えばですけど80ラインを超えたら細胞の変化が80%を超えることになりますのでその場合に数値として異常が出てしまいますがそれまでは異常は見つかりません。

朝からむくんでいるかということを聞きますが朝から顔がむくんだり体がむくんだり足がむくんだりしていると眠りが浅いということが伺えますけど無理も最近は眠りの質を重要視しなければ眠る時間よりももちろん時間が少ないというのも大変悪いことになるんですが寝ているようで眠れていないという方が多くなっています。

眠りが原因

夜に寝ようとすると眠れるけど朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっているためなんです。

昔の不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めて1時間も2時間も眠れなかったり夢ばかり見るということが不眠症のほうでしたが 最近の不眠症の方は睡眠負債という言葉があるように睡眠自体が変わって変化していきました。

最近の睡眠負債の方は夜寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないけど脳の中は寝ながら考え事をしてる睡眠をしています。

ながら考え事をしてる睡眠というのが最悪な睡眠なんですが妄想に近い睡眠のため脳がどんどん弱っていき脳が弱ると体調も堕ちて行きますから内臓の働きも落ちていき内臓に疲れやストレスが溜め込んで行きますが内臓の疲労から骨盤の歪みや骨盤の開きまた背骨のズレが起きていきますがそれを感じることもなく痛みやコリが起きていないという方が多くなっています。

脳疲労が大きい眠りが浅くなっていくと暇人にどんどんそれが蓄積していきますので脳と中枢神経系と内臓通われば浮腫みやすくなるというのは当然です。

眠りというのはどうが寝ていることを言いますので脳が休養とって眠れていない限りは眠りとは言えませんから夜寝ようとする時間にあくびが出ていないとうまく眠ることができなくて脳が休養とっていません。

脳自体が休養とって休むことをしないと体は疲れやすとレスを解消できなくなって蓄積傾向を示し 内臓の働きが低下していき特に肝臓の働きが低下したことが原因でリンパの働きに命令を出せなくなって浮腫みやすくなります。

体調を落としているから浮腫みます。

眠りが浅いと 浮腫み ます。

疲れやストレスが溜まっていると 浮腫み が多くなります。

むくみというのは総合的に体調の悪さを示しています。

体調を上げていくことでむくみ解消

当院では体調を上げていくことでむくみを解消していますので体を整えて行ったり疲れやストレスを軽くしたり内臓がよく働くようにしたりということでむくみを解消することができます。

むくみの解消は一回で全て出すことはできませんので数回から数十回以上の通院が必要になります。

体に蓄積した疲れやストレスを言うのは簡単に減るものではなく減らすことでもむくみを改善することができるので徐々に減っていき内臓の働きが良くなって安定しないとむくみは持続的に減ることがありません。

そして眠りが浅いという方はむくみやすく体調が悪くなりやすいので 眠りの改善もしていかなければいけませんので1ヶ月や2ヶ月や3ヶ月週2日治療を受けていてもそれ以上かかる方もいます

当院では癒しでもなくマッサージでもなく電気屋低周波治療器をかけることもなく体を手の実力ひとつで直していくことをしているので 本当に体を変えたい方はまたむくみを改善しようと思う方には効果的です。

体調が安定したら体質改善

当院では体調を上げて整えていくことをして疲れやすトレスが徐々に減ってくると次のステップの治療に進むことができます。

次のステップの治療というのは体質改善の治療なんですが体の中から強く細胞や内臓を支えていくことをしていきます。

東眠りが浅い形は免疫に関係するものが落ちていますので免疫細胞の数が減少し免疫力低下で敵対勢力が増えていくということが多くなっています。

敵対勢力を減らすだけでも色々な症状が通れてむくみが解消していきますが敵対勢力の方がかなり強く体調が落ちたり眠りが浅いと敵対勢力がまた増えてしまいますので定期的に治療をしていかないと減ることはありません。

小倉南区 浮腫み 改善するなら30年になるむくみ解消の苦労が矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院へ。