腰痛を解消

小倉南区で 腰痛 腰痛 暴落にすることをしていますが腰痛というと一般的には 対症療法という治療法が多く見受けられます。

対症療法という治療法は原因を見つけることなく原因を探したりすることなく痛み止めをしていることです。

対症療法という治療法は腰痛を起こしてる原因何か関係なくただ痛みがあるところに何らかの対症療法的な治療法をするだけです。

腰痛には腰痛を起こしている原因が存在しますので 強い痛みだけ楽にしても原因を残したままでいると悪化したり繰り返しやすくなったり椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりしたい進行したり違う原因として浮上する場合もあります。

対症療法の代表的な治療法は湿布を貼ったりすることです。

湿布とは

湿布を貼ったりしても冷やすことや温めることやまたスースーする鎮痛効果があるインドメタシンなどを鎮痛効果で痛みを抑えることができますが 原因が残したままになっていますので原因が残ったままだとまた繰り返しやすく悪化させることにも繋がりまた 体調の悪さ調子の悪さを長期間患うということもあります。

湿布をしたりすることで鎮痛効果があるインドメタシンて炎症や腫れを抑えて行くことはできます。

腰痛と言うと 使い捨てカイロや温湿布を貼って温めるということもあると思いますが慢性化した腰痛は温めても温湿布を貼っても構いませんが旧姓状態で強い痛みが起きている時には温めたり温湿布を貼ったりすることもなく冷やす方が効果があります。

強い痛みがある時には炎症や腫れが起きていますので炎症や腫れというのは熱を持つことが多くありますから熱を持っているのにさらに暖かくしてどうするかということがありますので必ず熱や暖かさがある時には患部を冷やすようにしてください。

手首足首を捻挫して冷やすことが多いと思いますので温めるという方はいません。

手首足首と腰の痛みというのは同じ痛みですから炎症や腫れがあるということで冷やした方がいいということになります。

慢性化した症状というのは冷やしても温めても 同じですから温めてもいいし冷やしてもいいと思いますが温める方の方が多いと思います。

マッサージとは

腰痛と言うとマッサージということもありますがマッサージというのは筋肉をほぐすことをして炎症や腫れを改善していくことですから骨盤の歪みやズレというのは関係ありませんし筋肉ばかり揃えていても 急激な痛みは楽になることはありますが骨盤の歪みや骨盤の開きなどを残したままだと繰り返しやすく悪化させたら椎間板ヘルニア坐骨神経痛に進行していくということもあります。

マッサージというのは腰痛の原因は筋肉バランスにあるということで筋肉をもみほぐして整えようとする治療法です。

腰痛というのは筋肉のバランスだけで起きているものではありませんしどうして筋肉のバランスが悪くなるのかということの原因は見つかることはできません。

マッサージでも急激な痛みは楽になることもありますから治療法と言います。

マッサージをして楽になる程度でしたら腰痛は楽になると思いますが腰痛を起こした原因が残ったままになっていると スランプに陥ることもあります。

スランプになってしまうと、なんか体調が悪いとか調子が悪いとか疲れやすいとかだるいとか色々な症状になっていきます。

病院に行って注射を打つ

病院に行って注射を打つかと思いますが病院に行って注射を打つというのは一時的な痛み止めをしているだけです。

確かに腰痛というのは痛みですから 痛み止めを打つということは効果があると思いますが腰痛には腰痛を起こしている原因がありますから腰痛の原因を残したまま痛み止め打っても繰り返しやすく効果が長く続かなかったり有益な坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアになることもあります。

病院に行ってブロック注射を打つことも原因を見つけることもなく痛み止めをしているだけですから1回目はいい感じがした方も2回目は効果がなかったりということがありますのでこの原因は原因から改善することをしていないからです。

低周波治療器などの電気をする

低周波治療器は電気をするということも特に低周波などは多く腰痛を改善するためにも用いられている器具なんですがプラスからマイナス端子電気を流してるだけで筋肉疲労起こし痛みやコリを分からなくしているだけです。

低周波の電気を流してプラス端子からマイナス端子の部分へ電気を流しているだけですから電気を流せば流すほど筋肉は運動しますので運動することで多くの老廃物やリンパの流れは 改善されていきますが余計に運動することで筋肉疲労を起こし痛みやコリをわからなくするということが低周波治療器の意味になります。

当院でも以前、わからない時に低周波治療器を使っていましたが今では一切使うことなくての技術のみで腰痛を改善することをしています。

検査をすることで原因を見つける

当院では検査をすることができますので腰痛の大元になっている原因を見つけ出すことができます。

腰痛の原因というのは骨盤の歪みは骨盤の開き骨盤の不安定状態が腰痛を起こしている原因です。

骨盤が不安定状態の時に重たいものを持ったり前かがみになったり車の運転をして同じ姿勢を続けたりすると腰が痛くなることがあります。

骨盤が不安定状態になっている時に前かがみをしたら腰が上半身を支えることができませんし重たいものを持ったりするとさらに中心がずれてしまって上半身をさせることができません。

腰痛と言うと寝て朝目が覚めたら腰が痛くて動けなかったぎっくり腰ということもありますがこの状態は体調が悪い状態の時による眠ることができない状態でさらに体調を落としてしまうことが原因で骨盤の歪みが更にひどかった時に起きる現象です。

骨盤の歪みや骨盤の開きにも程度、段階があります。

程度が大きければ大きいほど腰痛を起こすきっかけを作ることになります。

骨盤の歪み、開き

骨盤の歪みを開けというのはどうして起きるのか原因があります骨盤の歪みや開きが起きる原因は体に溜まった疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスというのは日常的に誰でも起きているものですが疲れやすとりすを感じていないわかっていないという方もいます。

腰痛を起こす時には必ず体調が落ちて疲れやストレスが溜まって骨盤の歪みや骨盤の開き骨盤が不安定になっている状態と背骨のずれがあります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時には体に多くの疲れやストレスが溜まっていますし筋肉にも疲れやすレスをたまりますがさらに疲れやストレスが多く蓄積するところがあります。

この疲れやストレスが溜まるということは内臓に溜まっていきますので内臓にたまれば溜まるほど病気ではなく内臓の働きが悪くなっていき内臓の働きが筋肉バランスの崩れを起こし骨盤の支えを表出した状態で歪みや開きが大きい骨盤が不安定になっている時に重たいものを持ったり前かがみをしたりして腰が急に痛くなります。

腰痛を改善するために

腰痛を改善していくためには内臓に溜まった疲れやストレスを改善して骨盤の歪みや骨盤の開き状態を改善して 筋肉バランスを整えていくことをして炎症や腫れを改善していくようにする。

うつを改善するためには内臓に蓄積してしまったものが原因ですから疲れやストレスを減らすことをして骨盤が安定しやすい状態の方に持っていくことをしています。

 

小倉南区で腰痛を解消いたします。