骨盤矯正をしています

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが当院の骨盤矯正はボキボキもしたりしないし痛くもない骨盤矯正を心がけて小尻にすることをしています。

骨盤矯正をしていくときには院長である私自身が骨盤を矯正していきますが 本本当に痛くもない電気や機械を使うこともしない 骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正をしていくときには 初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますので始めから骨盤が小さくなりますから小さくなったのがよくわかるように骨盤矯正をする前に触って覚えてもらうことをしています。

骨盤矯正をして行く時には必ず全員の方にしてもらうことがありますので骨盤矯正に入る前にご自分の骨盤の幅を覚えてもらうようにして骨盤矯正に入っていきます。

骨盤の幅を変えて行くことができるので人気がありますが骨盤矯正というのを多くの方がわかっていません。

骨盤矯正というのは

骨盤矯正と言ってもただ骨盤が小さくなったりこ尻にすればいいと思ってくる方が多くいますので骨盤矯正の本当の意味を知ってもらうために説明していきたいと思います。

骨盤矯正というのは骨を変えることです。

骨を変えるというのは骨を取り替えることではなく本来の時代を小さくすることができれば小尻になることができるわけです。

しかし骨盤の骨である 物を小さくすることができるのかということになりますが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると今まで多くの骨盤矯正に訪れた方の全員が骨盤に何らかの異常を持っていました。

この異常状態を矯正で整えていくことができれば骨盤が小さくなり骨盤周辺にできてしまった脂肪やむくみなども解消していき骨盤が引き締まっていくということで骨盤が小さくなり小尻になることができます。

骨盤の異常状態というのは骨自体が炎症を起こしたり腫れたりということで変形している方が多くなっているからです。

骨が炎症を起こしたり腫れたりということで変形するということは普通は起きるものではありませんが検査することで確認できたものがありますから確認してみると本当に骨が炎症を起こしたり腫れたりしている方ばかりです。

骨の炎症や腫れを正常状態に戻すことができればそれだけでも骨は小さくなり変形が解消されていくと本当に骨盤が小さくなるということがあります。

何も異常がない骨を矯正して小さくすることができるわけではありませんしそんな事は現実にしません。

骨が炎症を起こしたり腫れたりしていくと本当に骨が変形して肥大していくということで骨盤が大きくなりお尻が大きくなるということがあります。

普通では骨盤の炎症や腫れというのは現実味を帯びていませんし考えられないことなんですが最近は多くの方が骨盤の骨が肥大しながら変形しているという状態が本当に起きています。

普通の骨盤矯正は

普通の骨盤矯正というのは骨盤周辺の脂肪やむくみなどを解消したりすることでも骨盤が小さくなり小尻になることができますが 検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きは誰でもある現象です。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると 骨盤が大きくなって循環が悪くなったりリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まったりすることも起こります。

骨盤の歪みは骨盤の開きを整えて解消していくだけでも骨盤が小さくなっていくことはありますが最近は骨盤の歪みや骨盤の開きだけで骨盤が小さくなることはなく、それ以上のことが起きている骨盤が多く見受けられます。

骨盤の周辺のむくみや脂肪というのは骨盤が歪んだり言葉が開いたりすることで多くなっていきますので 股関節の出っ張りなども関係して骨盤が大きくなってしまいます。

骨盤の矯正をしていくだけでも骨盤が小さくなっていく子言葉の周辺にできてしまった脂肪や浮腫みが解消される場合も多くあります。

当院の骨盤矯正は

当院の院長である私が骨盤矯正をしていきますが骨盤矯正をしていくときには骨盤の検査をすることを重要視して骨盤の矯正にあたります。

骨盤の検査をすることを重要視していますので検査をしてみると骨盤の歪み骨盤の開きだけではなく骨盤の骨自体に炎症や腫れがあるということがわかります。

普通では骨盤の骨自体が炎症を起こしたり腫れたりということはまずは起こりませんが最近は多くの方が骨盤の炎症や腫れということが起きていて骨が変形したり肥大したりという方が多くなっています。

骨盤の骨が炎症を起こしたり腫れたりしていると骨盤が大きくなっていきむくみや脂肪が溜まって多くなり循環も悪くなります。

どうして骨盤の炎症や腫れがあるのかということも原因がありますのでその原因から見つけ出して改善していくことをすると骨盤の骨が正常に戻っていき正常に戻ると骨盤が小さくなるということがあります。

当院では骨盤矯正をしていくときには骨盤の検査をしていますので骨盤の炎症を起こしていたりハレたりすることがどこに起きているのかどうして起きているのかということを見つけ出すことができます。

何も原因がなくて骨盤の骨が腫れたり炎症を起こしたりして肥大したり変形したりすることはありませんし骨盤に炎症や腫れがあると骨盤自体が形が変わってしまい変形するということが最近多くなっています。

骨が炎症を起こしている方や腫れている方は自分でも確認することができますので畳などをの硬い上にまっすぐ寝てもらうと骨盤の上側を触ると形が違えば片方だけが出っ張っていたり大きくなっていたりということが自分で確認することができます。

骨盤の歪みでも多少は骨盤がずれたりしていますので形が違うということがありますが、この形というのは位置が違うだけですから骨が大きくなったり一代したりということではありません。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をしていくときには当院ではボキボキもしないしたくもないし怖くない骨盤矯正をしていますのでマッサージをするような感覚で骨盤矯正を受けてもらうことができますがマッサージではありません。

骨盤矯正を普段からしている専門家の先生が見てもマッサージをしているようにしか見えませんがマッサージをするようにしているだけで骨盤が小さくなり骨盤が歪んだり開いたりしている骨盤が矯正できていきます。

東員の骨盤矯正は誰が見ても特殊な骨盤矯正ですからマッサージをしたり骨盤を揉んだりしているだけで骨盤が小さくなっていきますが体マッサージをしているわけではなくもんだりしているわけではありませんし特殊な治療をしていますからできるからマッサージをするようにして骨盤が整って来ることができます。

マッサージをするような感覚で揉んだりしているだけで骨盤の治療ができるので人気があります。

東何回もいいますがマッサージではありませんしただ骨盤矯正と言っても骨盤だけを矯正すればいいというものではなく内臓の状態も検査せて内臓に溜まった疲れやストレスを減らしていくことで内臓を元気にしたりすることをしていかないと骨盤矯正をしてもまた戻りやすく歪みが起きます。

骨盤矯正と言っても 骨盤だけが関係するものではなくその中に入っている内臓の状態も関係しますので病気ではない状態で 骨盤の歪みや骨盤の開きになっています。

骨盤が歪んだり骨盤の開きが起きる時には内臓に疲れやストレスが溜まっていますので内臓と言っても即何でもかんでも病気というのを考えることなく内臓に疲れやストレスが溜まるということで骨盤の歪みは骨盤の開きになります。

 

 

小倉南区で 骨盤矯正 が 人気があります