肩こりを楽にしていくためには

肩こりを楽にして行く為には筋肉のコリからほぐしていくようにしています。

肩こり と言うと筋肉のこりというイメージがどうしても強いですがどうして筋肉の凝りが起きるのかということに疑問があります。

多くの方は、この疑問を考えもせずに、ただ肩こりだということばかり気にしているような感じですがどうして肩がこるのか 肩こりが起きるのかということを考えていく必要があります。

肩こりと言うと筋肉のコリから起きる場合が多くありますので筋肉が凝る場合や筋肉が緊張する場合は多くの肩コリの場合 筋肉を使いすぎていることが多くあります。

特に最近は携帯やスマートフォンなどを扱うことが多くなりましたから 操作するときに自然と細かい部分を押したりすることが多くなりましたから肩や腕に力が自然と入ってしまっています。

いつもいつも肩や腕を多く使うことが多いために肩に力が入ると筋肉疲労が起きていきますのでこの筋肉疲労が癒されることなく連続して使用することで 余計に筋肉は緊張したりコリを起こしていきますから筋肉のコリが肩こりになります。

いろいろな原因が肩こりを起こす

また携帯やスマートフォンの操作だけではなく 同じ姿勢をしていつも動かさない状態で運転している時なども肩に自然と力が入っていますので肩に力が入れば 筋肉は緊張したり疲労したりストレスを溜めたりしていきますので それでも肩こりが起こります。

多くの肩こりの場合、重たいものを持ったりいつも同じ位置でバッグを持ったりすることでも肩に力が入りますので肩に力が入ることで筋肉は疲労したりストレスを溜めたりしていきますので肩こりになります。

小さいものを手で持ったりする時でも肩や腕に力が入ったままになりますので肩に力が入った状態が長い時間に及んだりすると肩こりになります。

買い物やショッピングをして荷物を持つことでも肩に力が入っていることがありますしショッピングカートを押すことでも肩に力が入っていますので自分でも気がつかない状態で肩の筋肉を酷使している場合が多くあります。

運動やスポーツをしてもストレッチというほぐしをやったと思っていますが多くの場合は筋肉疲労につながっている場合が多くありますので筋肉疲労が多くなればなるほど肩こりが起こりやすくなります。

運動やスポーツをする前のストレッチだけでも疲れることがありますのでストレッチをやっただけでも筋肉は疲労につながっていきます。

炊事をする時でも料理を作ったりする時でも色々、腕や肩を使っていますので腕や肩を使うことでも筋肉疲労が起きていきますので筋肉疲労が肩こりになります。

筋肉が疲れることが肩こり

掃除機をかけて掃除をする時でも肩や腕に力が入っていますので気にかけていないでも肩の筋肉は緊張していますので筋肉疲労が起きて、それが肩こりになります。

肩や腕を使うことを動かすこと が多くなればなるほど筋肉は緊張したり力が入りっぱなしになりますので筋肉疲労が起きていき肩こりを起こしていきます。

自分でも気が付かない状態で肩こりを起こすことを多くしていますので多くすればするほど筋肉疲労が起きて解消できないと肩こりが起きやすくなっていきます。

肩こりが起きるというのは自然と自分でも気がつかない状態で多くの方が肩や腕を使うことが多くなっていますので多くなればなるほど肩に力が入ってしまって筋肉疲労が起きます。

力が入ることが肩こりに

寝ている時でも歯を食いしばっているという方もいますし自然と腕に力が入っている方が多くなっています。

筋肉を多く使ってしまうと多くの方がそのまま方りっぱなしの場合が多いようですが野球選手のように肩を酷使しなくても腕に湿布を貼ったり肩に湿布を貼ったりという事も必要になる場合もあります。

筋肉疲労が起きてから湿布を貼ったりすることではなく肩こりが起きてしまって湿布を貼ったりするものではなく湿布というのはコリが起きる前に貼ると有効な意味があります。

多くの動作や仕事や趣味などでも肩や腕を使うことが多くありますので足で歩いているよりも運動するよりも肩や腕は多く使っています。

肩や腕を多く使えば使うほど筋肉疲労は起きていきますので筋肉疲労が起きてしまうと肩こりを起こしてしまいます

最近は多くの方が肩こりの症状で訪れていますが多くの方は筋肉の使いすぎが肩こりを起こしていますので 筋肉の酷使を解消するようにしています。

そして肩こりには筋肉だけで起きているものもありますが筋肉以外で起きている肩こりも多くあります。

筋肉以外で起きている肩こりというのは背骨の歪みや首の骨のズレです。

背骨の歪みや首の骨のずれが起きていると筋肉というのは骨から骨にくっついていますので位置が狂ってしまうと筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んでしまっていきますので、それが肩こりになってしまいます。

骨の位置が動いてしまうことが筋肉にとっての緊張だったりストレスだったりということで力が入った状態になりますのでリンパの働きも低下してしまって老廃物が多く溜まっていきます。

筋肉が硬くなっていくということも起こりますので筋肉が硬くなれば老廃物も多く溜まっていき循環が悪くなっていきます。

しかし姿勢で背骨の骨が曲がったり首の骨がずれたりということはありませんので何かの原因があってずれたり歪んだりして肩こりになっていきますのでその原因を見つける必要があります。

重たいものを持ったりすることでも背骨の骨がずれたり分かったりすることはありません。

猫背や姿勢などで背骨が歪んだりずれたりすることはありません。

背骨の歪みや首の骨のズレというのは体に多くのものが溜まったのが原因なんですがこの体にたまる多くのものというのが疲れやすトレスです。

疲れやストレスが筋肉にもたまりますが筋肉以外に溜まることが多くありますので筋肉以外にたまるものが背骨の歪みや首の骨のズレを作っています。

体にたまる疲れやストレスというのは誰でもあるものなので仕事上でも生活する上でも睡眠不足をする上でも必ず疲れやストレスが蓄積しています。

疲れやストレスがないという方はいませんので疲れやストレスを感じないという方はいるかも分かりませんが感じないまでも疲れやストレスは溜まって蓄積しています。

疲れやストレスの蓄積が肩こりに

疲れやストレスがないという方はいませんし疲れやストレスを 生じることなく生活することができませんし生きていくこともできません。

必ず疲れやストレスというのは隣り合って生活していかなければいけませんし生きていくことが必要になります。

疲れやストレスというのは 体にたまるわけですけど体にも溜まる場所とたまりにくい場所があります。

たまりにくいところはあまり歪みやズレの影響を受けませんがたまりやすい場所というのは歪みや ズレの影響を出していきます。

疲れやストレスというのは簡単に誰でも疲れが溜まったとか疲れやすくなったとか疲れが溜まったとか簡単に言いますがその疲れやストレスはどこにたまるのか。

たまる場所があるからたまるわけですけど、そのたまるところを多くの方は知りませんし専門家の方も知らない場合が多くありますので説明することができません。

必ず貯まる場所があるから背骨の歪みやズレが起きるわけです。

疲れやストレスの溜まる場所、これが肩こりを起こす本当の原因になっています。

疲れやストレスというのは多くの方にあるものです特別なものではありません。

小倉南区で  肩こり を改善していくことをしています。