腰痛を楽にしていくためには

腰痛 を楽にしていくためには 原因がありますので腰痛の原因を探すことが必要になります。

腰痛を起こした切っ掛けというのは 重たいものを持ったり 中腰をしていたり 何か取ろうとして手を伸ばした時に腰が痛くなったり 車の運転を長くしたりして腰が痛くなったり 朝起きたら腰痛で起きれなかったり くしゃみをしただけで腰が痛くなったり ということがありますのでこれらは原因ではなくて切っ掛けです。

腰が痛くなったり腰痛になる時には切っ掛けと 骨盤の問題が両方重なった時に起きています。

切っ掛けと骨盤の問題が両方、重なっていないと腰痛は起こりません。

きっかけもいつもと同じ重たいものを持ったり 中腰したり前かがみをしたりくしゃみをしたり朝起きるということはいつもしている動作ですから同じような事をしても腰痛や腰の痛みが起きないのは骨盤の歪みがないからです。

骨盤の歪みというのは誰でも起きているものですから特別なものはなくいつでも歪みが多少なりとも起きています。

しかし骨盤の歪みというのは 少し戻って良くなったり ひどく歪みが起きたりというように日々違っていますし午前中と午後でも歪みの度合いは違っています。

骨盤の歪みが大きくなった時に 重たいものを持つなどの姿勢で 体を 支えることができませんから支えられることができないと 腰が痛くなります。

骨盤の歪みというのは日々起きているものですから 生活することでも骨盤の歪みが起きていたり仕事をすることでも骨盤の歪みになりますから骨盤の歪みが起きていないという方はいません。

骨盤の歪みは 生きている限り起きるものですが 日々大きくなったり少なくなったりしています。

人が生きていくことがある限り歪みというのは起きていますが どこからこの歪みが起きているのかということに原因があります。

歪みが起きている原因

歪みが起きている原因は日常的に生活したり仕事をしたり寝不足状態をしたりして多くなるものですがこの多くなったものが原因で骨盤の歪みが起きています。

日常的に 誰でもあるものですから 普通一般的に使われているものなんですが特別なものではありません。

日常的にあるものとは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのも誰でもありますが一般的に、疲れた、とかストレスが溜まった、と簡単に使っていますがこの疲れやストレスというのは一体どこに溜まっていくのか。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが最終的に疲れやストレスの多くは 内臓に溜まっていきます。

内臓に溜まって内臓が弱っていくことが内臓に関係する筋肉に影響を与えてしまって骨盤の固定を消失してしまって骨盤が歪みを起こしています。

骨盤の固定ができないと骨盤が歪みやすく開きやすく骨盤がずれやすくなりますのでこの時に重たいものなど思ったりすると体を支えることができませんから体を支えられない状態から起きる腰痛や腰の痛みが起こります。

腰痛を起こす内臓とは

内臓といっても多くの内臓が存在しますので腰痛を起こす普通一般的に知られている内臓というのは腎臓です。

腎臓が弱い方が腎臓に疲れがたまりやすく疲れが溜まってくると 大腰筋、腸骨筋の筋肉のバランスを狂わして 骨盤の歪みが起きていき 腰痛になります。

人の体には生まれつき弱いところとそうでもない内臓というのが存在します。

生まれつきというのは遺伝的なものであり家計的なものであり体質的なものでありという感じになります。

弱い内臓は生まれて一日目から老化が始まっていきます。

老化してさらに弱くなっていくことで疲れやストレスを溜めやすくなりますので子供でもぎっくり腰や腰痛を起こす理由は、そこに原因があります。

親からもらった遺伝子が全て関係していますので弱い遺伝子をもらえばもらうほど腎臓が急速に老化していきますので老化性弱くなっていくと疲れやストレスを溜めやすくなります。

疲れやストレスを溜めてしまうと急性状態で一時的に炎症が強くなって大腰筋と腸骨筋のバランスを余計に狂わさしてしまって骨盤が不安定状態になります。

この現象が起きている時に重たいものを持ったり中腰をしたり前かがみをしたりなどの姿勢で腰痛や腰の痛みが起こります。

弱い内臓は年齢とともにともを言うよりも年齢以上に老化していくと疲れやストレスは溜まりやすく 老化した最終形態が何らかの病気になる確率が高いところです。

ですから腰痛と言っても腎臓から起きていますが一過性の腰の痛みや腰痛というのは一時的に感じるものであって体が起こしている警報と同じです。

体に何かの異常が起きているということを痛みとして知らせることしか内臓ができませんからその痛みを感じてしまってまた起きてしまって腰痛や腰の痛みになっています。

痛みやこりというのは体が悲鳴をあげている時に起きる症状です。

どんな痛みやこりも内臓が悲鳴を上げていることを自分に気がついてもらうように痛みとこりとして起きています。

これを一時的に消す方法があります。

原因を考えることもなく先将来に何が控えているかということを考えることもなく消す方法は湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器などをかけたりまたボキボキしたりということになります。

必ず痛みやこりが起きる時には原因があって起きていますのでその原因を見つけていくことをしなければいけませんが多くの治療法の場合その原因を見つけることができないのでまた見つけても治療することができませんから一時的に紛らわせることばかりして痛み止めコリをチラシているという方法をしています。

腰痛を改善するためには

腰痛を改善しようと思うならまずは筋肉や靭帯の炎症や腫れから改善していくことをしていきます。

筋肉や靭帯の炎症や腫れが改善できたら骨盤の歪みを整えて背骨のズレも矯正して 痛みの原因になっている腎臓疲労を改善していくようにします。

2回の治療が必要な場合もありますが数回で楽になっていくことが多くありますのでその先にある腎臓の弱さを変えなければ繰り返し安くさらに進行していきますので腎臓の弱さを改善していく治療をしていきます。

腎臓の要素を改善する治療というのは体質改善という治療です。

腰痛を体質改善で

腰痛を改善しようと思うなら根本的に治すことを考えなければいけませんが多くの治療は体質改善という治療をしていませんので対処療法的に痛みやこりがあるところに何らかの湿布を貼ったり注射をしたりマッサージをしたりボキボキしたりということが多く見受けられます。

しかし腰痛を起こした原因は腎臓の弱さにありますので腎臓のようさを改善しない限りは先将来に腎臓の病気になる確率が高くなります。

しかし今はまだ腎臓の病気にはなっていませんのでいくら病院で検査をしても 陽性反応は出ていなくて 健康という診断が下っているかも分かりません。

しかし病気になっていくときも一気になることもなく一週間や10日になる訳なく、1ヶ月でもなく、半年でもなく、一年でもなく5年から10年また20年かけながら病気になっていきます。

当院では体質改善の治療をしていますので体質改善の治療を受ける前に体調からあげて体を整えていくことで楽にして楽になったら腰痛の原因を治していきます

細胞が変化していくためにはそれだけ期間が必要ですから時々痛みを起こしながら急速に腎臓が悪くなって細胞の変化が行われるということで最終的に病気になるわけです。

 

 

小倉南区腰痛を矯正することをしています。