腰痛を楽にするためには

腰痛 を楽にらくにしていくためには

腰痛を楽にしてくださいには腰痛の原因になってるものから改善していかなければいけませんが まずは腰の痛みを楽にすることから始めていきます。

腰痛というのは筋肉や靭帯の炎症を伴って起きている場合があります市骨盤の歪みや骨盤の開きや骨盤が不安定になっていて体を支えられないで 腰の痛みは腰痛になっていることもありますし 椎間板ヘルニアなどが起きてしまって 腰の痛みや腰痛になっている方もいます。

腰痛と言うと炎症を伴って起きていますので炎症を改善するためにはまず温めることなく温めたりすることなく温湿布を貼ることなく冷たい湿布は冷やすことをしましょう。

冷やした方がいい場合が多くありますので冷やすためには保冷剤やアイスノンなど洋服の上から当てて様子を見るというのもいいと思いますが痛みが強くなったりする場合もありますのでその時にはしばらく時間を置きましょう。

冷やすタイミング

炎症に対して冷やすというのは有効な手段ですが当てるタイミングやするタイミングは間違うと 痛くなってしまいますので 冷やすには冷やした方がいいのですがしばらく待った方がいい場合もあります。

痛みが少しでも治ってきたら、 冷気でも構いませんので痛みが強くならなければ冷やした方がいいと思います。

保冷剤やアイスは、じかにあてることはできませんのでじかに肌に当てることはやめてください。 じかに当てすぎると凍傷を起こします。

お風呂などに入って温めるというのは急性期を過ぎてからの方がいいと思いますので温めるよりもまずは冷やしてください。

痛みがおさまるまでは冷やし続けることが一番肝心です。

腰痛とは

腰痛が起きる時にはきっかけと原因が二つ重なって起きています。

腰痛を起こすきっかけというのは重たいものを持ったり中腰をしたり前かがみの姿勢を長くしたり何かを取ろうとしたりくしゃみをしただけでも腰痛になったり 色々な腰痛の きっかけ があります。

きっかけが原因のように説明される場合も多くありますので いくらきっかけがある姿勢をしても原因がないと腰痛や腰の痛みは起こりません。

腰痛が起きる時にはきっかけと原因があると説明しましたがその原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きや骨盤が不安定になっているという状態です。

骨盤に何らかの歪みが開きまたは不安定状態がなっていると体を支えられることができませんので体を支えられないと前かがみをしたり重たいものを持ったりたのの姿勢が 負担になりますのでこの負担が維持できないと腰が痛くなります。

必ず腰痛が起きる時には骨盤の問題が起きている時に起きますので骨盤の問題がない時にはいくらきっかけをしても起こりません。

腰痛が悪化したものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になって行けますので椎間板ヘルニア坐骨神経痛のある方も骨盤の問題から整えていくことをしていくと腰痛が楽になっていくことももちろんですが椎間板ヘルニアがなくなって坐骨神経痛も楽になっていきます。

しかしなにも原因がなくて姿勢などでも重たいものを持ったりなどしても骨盤の歪みや開きなどが起きるわけではありませんので何かの原因があって骨盤の問題を起こしています。

骨盤の問題

骨盤の問題を起こしている時の原因はあるところに疲れやストレスが溜まったのが原因で起きていますのである部分の疲れやストレスを軽くしていくことで骨盤が整っていきます。

あるところの原因というのは内臓です。

内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みはずれまたは背骨の歪みは何も起きていきますのでそういう状態の時に重たいものを持ったり中腰の姿勢をしたり長く同じ姿勢を続けたりすることで腰が痛くなって行きます。

そのあるところの腰痛や腰の痛みに深く関係するところは腎臓です。

腎臓といっても病気ではありませんので即何でもかんでも病気というのを考えることなく 腎臓疲労から腰痛が起きると思ってください。

いつでも骨盤の歪みはずれは起きていますので起きている方が即腰痛を感じるかと言うとそうでもありません。

歪みは何が起きていてもきっかけがないと腰痛や腰の痛みは起こりません。

疲労が腰痛の原因

腎臓に疲れやすれて固まることが骨盤の歪みを起こしていけますし 主には大腰筋腸骨筋という筋肉の関係が深く関係してしまって骨盤の状態を不安定化させてしまって腰が痛くなって行きます。

腎臓が弱る歯筋肉バランスをおかしくしてしまって筋肉バランスを崩してしまって大腰筋腸骨筋の影響から骨盤が維持できなくなって保持できなくなって骨盤が開いたり骨盤が歪んだり不安定状態になったりということで腰痛は起こってきます。

ですから腎臓の部分に溜まってしまった疲れやストレスを軽くしていることで骨盤は自然と骨盤矯正をしなくても整ってきます。

逆に腎臓疲労があるのに骨盤だけを治療しとしようとしてもその時だけ一過性で整うことはあるかも分かりませんが長くは持ちません。

また崩れやすくなって腰痛を繰り返す原因になっていきます。

腎臓を楽にする

病気でもない腎臓を楽にしていることが腎臓働きを良くすることにつながりますので腎機能を上げていくことをしていますが腎臓と言っても病気ではありませんので病院でいくら検査をしても尿検査をしても血液検査をしても異常がありませんしもし異常が出ていれば腎臓の病気になっているということが伺えます。

当院では腎臓の病気を治療しているわけではありませんので腎臓に溜まった疲れやストレスを治療することをしています。

腎臓に  疲れやストレス溜まることが骨盤の不安定状態を起こしていきますので骨盤が不安定な時に重たいものを持ったり中腰をしたり同じ姿勢を続けたりすることで腰が痛くなってきたり足を組んだり横座りでも腰痛を起こす場合があります。

腎臓疲労から改善

まずは腰痛の方は腎臓の疲労を改善していくようにして骨盤の歪みがずれを整えることをして筋肉バランスを解消していくと多くの場合、腰痛や腰の痛みが楽になりますが元から弱い腎臓に疲れやすレスがたまりやすくなっているというのが腰痛を起こしている原因などで元から弱いということは腎臓の 弱さを解消していかなければいけませんので体質改善という治療で腰痛を若返らせていくことも治療的にはできます。

 

腰痛の原因なっている腎臓を若返らせる治療体質改善と言いますので体質改善というのはアンチエイジングであり若返りの治療ですから腎臓が弱くなっているということは固くなったり老化しているということになりますのでそれを改善して行く目的ですから1回や二回で改善できるものではありません。

体質改善という治療は腎臓を若返らせる治療なのでそんなに簡単に一回で変わればマジックではありませんから変わる理由はありません。

しかし書いて行かない限りは変わりませんので場合によっては可能性ですが腎臓の病気になって最悪の場合透析などになる可能性があるということです。

腎臓と言うと高血圧や透析ということもありますので尿が作れなくなって病院に一週間に3回ぐらいに行って血液から濾過して尿を作るということもあります。

近づく前に 改善していくことが一番大切だと思っています。

体質での治療は一週間に最低でも一回以上来ないとできない治療なので開ければ開けるほどできなくなりますし10日に一回ではできる回数やできる部分が減っていくのが当然だと思いますので体質改善というのは自分の体を治していくということなのでしっかりと考えるようにしてください。

小倉で 腰痛 を改善していくためには原因から治すこと