肩こりを楽にしていくためには

肩こりを楽にしていくためには肩こりの原因になっているものから改善して変えていかない限りは一時的な肩こりの解消法になります。

肩こりと言うと筋肉のこりだと思われる場合が多いので筋肉ばかりほぐして肩こりを良くしたようにしていますが肩こりというのは筋肉だけで起きていることはあまりなくその裏には影に隠れた本当の原因があります。

肩こりは筋肉のコリばかりだと思われている場合が多いので低周波治療器で筋肉のコリを解消しようとしたり筋肉を揉んでもらったりすることが多いようですがこれらをしても一時的に肩こりを感じなくさせることができますが本当の裏側に影に隠れた原因があります。

肩こりと言うと 低周波治療器などをしたり湿布を貼ったりして改善しようとしていますが本当は多くの場合筋肉のコリだけで起きているものはなくその上にさらに重なって起きている場合があります。

筋肉のコリも理由がなくてこりが起きたり緊張したりすることはありませんのでどうして筋肉が緊張したりこりを起こすのかということを探さなくてはいけません。

コリを改善していくための方法は

●肩こりが起きた時には湿布を貼ったりしても楽に感じる場合もありますが楽に感じる程度の肩こりでしたら楽に感じます。

しかし原因が改善したり治ったわけではありませんので一時的なしのぎにしかなりません。

● 肩こりをサプリメントで解消したりすることも最近はあるみたいですけど栄養やビタミン関係を飲んでも筋肉はやらかくなることがあるかも分かりませんがやらかくなる程度の肩こりでしたらサプリメントを飲んでも楽になると思いますが原因は残ったままになっています。

● 肩こりを病院でもらったりする薬でも楽になることはありますがこれらは一時的なこり止めをしているだけで肩こりを治しているわけではありませんので肩こりは 楽になることはあっても治ることはありません。

● 肩こりを病院で注射などをうってもらったりして肩こりを良くしたと思うこともあるかも分かりませんが、これらも同じで肩こりの原因があるままになっていますので解消したわけではありません。

●低周波治療器などを肩にかけても肩こりは楽に感じることはあるかわかりませんが肩こりの原因が治ったわけではなく筋肉を刺激して一時的に循環を良くしたりリンパの流れを良くして老廃物を流しただけですから原因はいつまでも同じままではなく原因も進行していきます。

● 肩こりを家族の方や専門の先生にマッサージしてもらったり筋肉を揉んだりしても筋肉ばかりしているような状態では本当の意味での肩こりの原因は改善しませんし原因は変わることはなくいつまでも原因も同じままではありませんから進行していきます。

●肩こりと言うとボキボキしたりすることも多いようですがボキボキして背骨の歪みだけを改善しようとしてもどうして背骨の歪みが起きたのかという原因があります。

肩こりと言うと色々な治療法があると思いますがどれもこれも原因から治しているわけではなく表面上のものを減らしていることにしか過ぎません。

肩こりというのは

肩こりというのは筋肉の凝りばかりでは来ているものではないと説明したようにどうして筋肉のコリが起きたのかという原因がありますのでその部分というのは背骨の歪みや首の骨のズレです。

背骨の歪みや首の骨のずれというのは大変多くの方に起きていますがそれが肩こりになっているかなっていないかということになります。

しかし中枢神経系などを守っている背骨の骨や首の骨が簡単に姿勢やその他のもので曲がってしまったりするというのは大変なことです。

この大変なことがどうして起きるのかというのが原因がありますのでその原因から見つけて改善していくようにしなければいけません。

首の骨や背骨の歪みというのは大変多くの方に起きていますが中枢神経系を守っている脊髄が中に入っていたりしていますので脊髄を守れなくなりますので守れないということを大変な事になります。

背骨の歪みはどうして起きる

背骨の歪みや首の骨のずれというのはどうして起きるのかということも原因があって起きてますので体が異常を起こす時には色々な原因があって起きているということになりますからその原因を見つけていくことも必要になります。

背骨の骨や首の骨がズレたり歪んだりする原因は体の中にあるものが蓄積した状態で起きていますのでこの あるものというのが原因になりますしたまるところが一番の原因です。

疲れやストレス

このあるものというのは疲れやストレスです。

そして疲れやすレスがたまるところというのは最終的には筋肉にもたまりますが 内臓に多くがたまって言ってます。

つまり疲れやストレスが内臓に溜まることこそまたライズを肥料が起きれば切るほど歪みやズレが大きくなったりさらに大きくなると椎間板ヘルニアにもなっていて自分の体に、また自分に知らせる信号として痛みやコリを起こすということです。

つまり肩こりというのは体に何かの異常が起きているということを自分に知らせるために肩こりとして起きているということになります。

肩こりも単純な筋肉のコリだけで起きることはないと言っているのがこの原因です。

内臓と言っても内臓の疲労ですから直結して病気というのを考えることなく病気と言ってるわけではありません。

しかし内臓の部分に疲れやす列が食べれば食べるほど内臓は衰弱していきますので内臓の衰弱からくる体の内面的なものから起きるゆがみ何が起きているということで肩こりになっています。

しかも肩こりに関係しやすい内臓というのは

内臓にたまる疲れやストレス

内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが体の内面的なものから起きる崩れを起こしていきますのでこの崩れた状態が肩こりとして感じているわけです。

当院ではどこの内臓がどれくらい終わったかまたは衰弱したかということを見つけていくようにしていますのでそのためには正確な検査をすることが必要になります。

病院でも病気の検査をしてまた尿検査や血液検査やレントゲン検査や mri 検査などをして病気を見つけることをしていますが当院では病気を見つけることではありませんので歪みやズレや内臓の疲れやストレスの蓄積状態の検査をしていきます。

内臓の疲れやストレスというのは日々の生活や仕事や精神的なものや眠りの浅さで溜まっていきます。

つまりどんな方も疲れやストレスはないという方はいませんので 多くの方が疲れやストレスが溜まっているということになります。

しかし最近は眠りが浅い形が多くなっていますので眠りが浅いと 大変なことが起きて行きます。

睡眠負債

眠りが浅い睡眠負債というのがありますので睡眠負債が多くなればなるほど脳疲労が強くなっていって脳の衰弱状態になっていきますので脳の衰弱から起きる心臓のよわりが起きて心臓が終われば肩の骨や首の骨のズレやゆがみが起こりますからその歪みから起きる肩こりというのが多くなっています。

心臓が弱ると心臓の停止ということがあるかも分かりませんしそういう方ほど時々胸の辺りが痛くなったりするのが一瞬起きたり動悸がしたり冷や汗をかくことが多くなったりトイレが近くなっておしっこが多くなったり息苦しいとかいうことも起きてしまいます。

病気ではありません

しかし病気というわけではありませんので病院でいくら検査をしてもまだ心臓の病気ではありません。

心臓が弱っているという現象で起きていますので病気ではありません。

心臓に関係するとこの部分は首の付け根と肩の付け根が深く関係していますのでこれが肩こりになる場合は心臓の弱っている方が多くいますし心臓が弱って行かなくても心臓に関係するものが疲れやストレスを溜めてしまって肩こりを起こしている場合が多くあります。

 

当院では小倉北区と小倉南区で肩こりを改善するようにしています。

肩こり を感じることは大変意味がある状態になっていますので肩こりを早めに解消していくようにしています。