膝の痛みを楽にする

膝の痛みを楽にするためにはまず膝関節自体を確認して炎症があれば炎症から改善するようにして炎症以上の腫れがあればハレから改善していくようにしています。

病院に通院している方もひざ関節自体を見てみると炎症や腫れがある場合が多くありますので当院では腫れや炎症があればハレや炎症から改善していくようにまた解消していくようにしています。

ひざ関節と言うのはいつも使っているものなので治りにくいことがありますが注射を刺したり水を抜いたりヒアルロン酸を使ったりすることも構いませんが原因から改善していくようにしましょう。

膝の痛みがどうしておきたのかということの理由がありますのでその理由から改善していかないといくら膝だけまた軟骨だけまた関節だけしていても効果がなかったりそのうちに変形性膝関節症になったりすることも多くありますので原因から改善していくと言うのは大変重要なものになります。

原因から直していかないと膝の変形が起きたりするということもありますし軟骨がすり減りやすくなったりいくらヒアルロン酸などを入れても一時的なものなのでまたなくなったりすると同じことが繰り返されて膝がどんどん変形していたり余計に軟骨が傷ついたりということも起こります。

ひざ関節には

ひざ関節が痛いと言う方が多くいらっしゃいますがほとんどの方は体調も同時に落としていて骨盤の歪みなども起きていて体調が落ちるということは内臓の働きも低下してリンパの問題も起きています。

しかしひざ関節と言うとある内臓が思い浮かぶことが多くありますので多くの場合その内臓が関係して膝の痛みを起こしています。

しかし内臓と言っても病気ではありませんので何でもかんでも内臓と言うと病気と言うのを結びつけるのではなく内臓疲労から起きると考えてください。

内臓の病気ではありませんので内臓疲労というのは病院で検査しても分かりませんし病院という所は病気になったら 専門家の分野ですから任せなければいけませんが病気になる前は 検査をしても 陽性反応は出なくて分かりません。

しかし膝の痛みというのは内臓と密接に関係がありますので内臓を確認しながらひざ関節の改善をはかると膝の痛みが楽になっていきます。

膝の痛みが楽になったら

膝の痛みが楽になっていたらひざ関節靭帯の炎症や腫れが引いてくると膝自体がほっそりして細くなりますのでその次のステップに進むことができます。

まず順番を追ってひざ関節痛いの痛みを改善するためにまた腫れや炎症がある場合が多くありますので炎症や腫れから改善していくようにしています。

ひざ関節靭帯の炎症や腫れが楽になったらまた細くなっていたら今度は軟骨のチェックをしたり水のチェックをしたり炎症で腫れがどこかにないかまたはこれ自体に問題がないかという事まで見ていきます。

そして骨盤の歪みなども膝子体に負担が送りますので骨盤の歪みがあれば整えていかなければいけませんが骨盤の歪みと言うのは体調の低下から起きてますので体調の低下を上げていくことをしています。

体調の低下というのはどうして起きるかというと特別なものではなく普段からある疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが多くたまれば溜まるほどどこかに溜まっていきますのでそのどこかに溜まっていく状態が骨盤の歪みを起こしています。

疲れやストレスが多い肩ほど歪みがひどく筋肉バランスも悪くなりますので筋肉バランスからひざ関節に負担が起こります。

ひざ関節を起こす主な内臓は

ひざ関節を起こす内臓として思い浮かぶものは肝臓なので肝臓の働きをチェックする必要がありますが病気ではありませんので検査数値はあまり関係はありません。

検査数値と言うのは異常反応が出て病気になったときに出るものなので検査数値はあまり関係ありません。

当院では肝臓の病気と呼ばれて輝く肝臓の健康状態をチェックすることができますのでそういう検査をして異常反応が出てくれば感動に何らかの疲れやストレスが溜まっているという事になりますので溜まることが非常事態に炎症や腫れを起こしたりという事が起こっています。

北九州市小倉南区東小倉北区と八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区と行橋市と下関市と田川市などから膝の痛みを治す専門の 治療院です。

膝の痛み