頭痛を原因から改善していくために

頭痛を改善していくためには頭痛の原因なってるものから減らしていく必要がありますので安易に頭痛薬などを用いることは一時抑えにしかなりません。

頭痛が起きる時には頭痛の原因があって起きていますけど病院に行ってもその原因はわかるものではありませんので病院は、病気になってしまってから 行くところですから病気にならないとわからないっていう状態の所に行っても病気ではないので頭痛はわかりません。

病院というところは病気の専門家ですから病気として完成したら検査することで分かるので病名がついて何らかの薬や手術というのが行われるところです。

しかし多くの症状と言うのは病気 として完成された場合ないので病院に行ってもわからないことが多くわからないということは言えませんので 健康ですと言われます。

あまりにしつこく突き詰めて考えて聞いてみると精神疾患を疑われることが多くありますので心療内科や睡眠外来ということを勧められることも多くあります。

心療内科や睡眠外来と言うのは昔で言えば精神科ですから。

頭痛の原因は

最近多くの方が頭痛の症状を訴えて当院に 来院していますけど 頭痛の検査をする時に頭を触ってみることが多くありますが頭を触ってみるとすぐにわかることがあります。

頭を触ってみるとブヨブヨしていたりする方もいれば、硬すぎて張っている方もいますのでこんな状態では頭痛が起きるのは当たり前だという方もいます。

頭というのは頭らしさ固さというかそういう感じが感じられないといけませんのでそれ以外は異常状態ということでなります。

最近多くの方が睡眠負債を抱えていますので睡眠二になればなるほど眠りが浅いまたは寝不足状態が長い時間あるということがありますのでそういう方ほど頭痛になりやすくなります。

眠りと言うのは

自分でも気がつかない状態で眠りが浅くなっているということが大変多くありますので眠りが浅ければ浅いほど脳疲労が起きていきますので脳疲労が起きれば起きるほど脳は弱っていきます。

一度脳疲労が起き始めると簡単には戻りませんので踊らないと思っと寝不足状態が続いたり睡眠疲労が重なっていきますので、さらに脳が弱っていきます。

脳が弱った状態で頭痛になっている方が多くなっています。

脳が一度弱り始めると

動画一度弱り始めると脳が暴走状態になっていきますので脳が弱ると内臓も弱ってしまいますので内臓が弱ると栄養成分や酸素を血液の中に混ぜることができませんから脳への供給が滞ってしまって脳疲労は、さらに進行していきます。

脳疲労が起きると脳周辺の血液の流れも悪くなってしまいますのでつまりやすく 出血が起きたりすることもありますから脳梗塞や脳溢血脳の病気になることは当然だと思います。

頭痛と言うのは大変多くの場合、病気につながることが多くなっていきますので頭痛は起きていないからといって以前のあった頭痛が治ったと思わないでください。

頭痛を改善するためには

頭痛を改善するためには原因から見つけていかなければいけませんのでますそのためには循環を良くしたりすることをして脳を元気にしていことをしていきます。

脳を元気にしただけでは循環だけは良くなりますけど脳の状態を元さらに進めていく必要がありますので一回だけで頭痛は改善していきますが原因は一回で治ることはありません。

北九州市小倉南区と小倉北区と八幡西区と八幡東区と門司区と若松区と行橋市と下関市などから多くの方が頭痛を原因から治すために訪れているカイロプラクティック徳力整体院です。