腰痛を楽にしていくために

腰痛を楽にしていくためには骨盤の歪みは骨盤の開きの原因を改善していかなければいけませんがまず骨盤のゆがみや骨盤の開きそして背骨のずれまた椎間板ヘルニアがあるかと思いますので椎間板ヘルニアを改善していくようにしています。

腰痛を楽にして行く時には湿布を貼ったり電気治療器をしたりマッサージをすることも良いかも分かりませんが楽になる場合もありますが、これでは楽になったと言えることではありません。

一時的に楽にする方法があっても原因から改善していかないと全ては残ったままになっていますので原因が残ったままだと繰り返したり痛みや腰痛がないときでも原因はどんどん悪く進行していきます。

腰痛は原因から

一時的に楽になるということと直すということは全然意味が違いますのでいくら一時的に楽にすることはできても原因から改善して原因を減らすようにしないと 腰痛が起きてない時でも原因は進行して悪くなっていきます。

原因と言うのは影に潜んでいますのでなかなか見つかりにくいものでもありますがこの原因があると腰痛が起きていない時でも急激に椎間板ヘルニア起きたり坐骨神経痛になったりすることは知られています。

強い痛みを伴う椎間板ヘルニアですが 急激に起きることはなく前もってちゃんとした原因がありますので原因から改善していかないといつまでも 現状維持でいられるわけではありません。

腰痛には原因が

腰痛には腰痛が起きる原因がありますのでこの原因と言うのは言葉のゆがみや骨盤の開きになります。

骨盤のゆがみや骨盤の開きと言うのは腰痛がない 方でも骨盤の歪みは骨盤の開きはあります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるからと言って痛みになっているわけではないので誰でも骨盤のゆがみや骨盤の開きはあります。

腰痛が起きる時には重たいなど重たいものなどを持って腰痛を切る場合が多いようですので 重たいものを持つことが腰痛を起こすきっかけになります。

このきっかけがあるといつでも誰でも骨盤の歪みやひらきがあると 起きてしまうのが腰痛です。

 

 

 

腰痛を改善しようと思うなら北九州市小倉南区と小倉北区と八幡東区と戸畑区とや八幡西区と行橋市と下関から多くの型が訪れる30周年にあるカイロプラクティック徳力整体院へ。