カイロプラクティック

カイロプラクティック というのは 背骨を矯正して痛みやコリを楽にしていくことです。

カイロプラクティックで扱うゆがみ何というのは大変多くの方に起きていますが多くというよりも全員の方が歪みはずれがありますが程度があって、軽いのから中程度のから、重症程度からひどいのから色いろありますので 段階があるということです。

逆に考えても背骨の歪みはずれがないという方はいません。

背骨のズレやゆがみというのは日常生活で普段から起きているものなので特殊なものではないからです。

背骨の歪み何というのは生活することでも起きていますし仕事をする上でも起きているものですし眠りが浅かったり疲れることをしたり風邪を引いたり内臓の病気でも背骨のズレや歪みは必ず起こります。

背骨の歪みは何が起きても程度があって軽いものは何も感じません。

カイロプラクティックというのは

カイロプラクティックというのは今から100年以上前にアメリカの ダニエルデビッドパーマーという先生が作り上げて体系づけた治療法の一つです。

パーマ先生も 初めは アメリカにカナダから越してきて 街の一角で磁気治療器をしていました。

磁気の力で体を治そうとしていたのですが ある時管理人兼掃除人の 人が 掃除に来たのでちょうどパーマは帰るところでしたが 管理人の横を通り過ぎようとした時に 首のあるところに不自然な出っ張りを見つけました。

この管理人兼掃除人は耳が不自由でしたが昔からではなくある時から急に耳が聞こえづらくなったということでした。

この管理人鍵掃除人に入って 首の不自然な出っ張りの理由を聞いたら狭いところで掃除をしていたら急に首のところでもきっと音がしてそれ以来 耳が聞こえづらくなったということでした。

首の部分を見せてもらったら

パーマ先生は管理人に説明して首の部分を見せてもらうように言いました。

快く了解してもらいましたのでパーマはベッドに寝てもらって首の部分をよく見る チャンスをもらえました。

首の部分を見てみると異常な出っ張りが骨の出っ張りだと気が付きました。

そこでパーマ先生は首の部分を少し 押さえてもいいかと管理人に言って了解をもらえましたので首の部分を押してみました。

そうするとボキッと音がして 管理人もパーマ先生も驚くぐらいでした。

しばらくして管理人が耳が聞こえるようになったと言い出しました。

このことがカイロプラクティックの始めだと言われています。

その時にはカイロプラクティックという名称でさえありませんでした。

その後に友人の 言語学者からカイロプラクティックという名称をつけてもらうことができてカイロプラクティックという名称が生まれました。

カイロプラクティックというのは回路とはギリシャ語でてという意味でプラクティック押すというのが正式名称ですがプラクティスというのは術とかわざとかいう意味に訳されます。

後の掃除人兼管理人の首の矯正がカイロプラクティックの初めての矯正だと言われています。

それからカイロプラクティックの発展の歴史が生まれていきます。

今では世界中にカイロプラクティックの団体があったりしますのでその団体 も50を超えたと言われています。

世界保健機構の who にも正式に認められている治療法の一つなんですが 日本には昔からカイロプラクティックと同じような 背骨矯正術がありました。

これが整体という背骨矯正術です。

整体というのはカイロプラクティックと同じように背骨を矯正することを目的として柔道の先生が わざや 練習で肩や関節を痛めた時に治療しているのが整体という方法です。

しかし先生からでしに伝えられる治療法だったために学校や学問という体系づけられることがなくいつのまにかアメリカの方法のカイロプラクティックが入ってきました。

これが整体とカイロプラクティックの関係です。

整体というのは背骨矯正術なんですが 教科書 も学問的でもなく誰かが書いたような教科書しかありませんでした。

これが日本の整体とカイロプラクティックの差なんですがこれがあるために 法律家が遅れてしまっているのが現状です。

日本では法律化されていませんので ひとつの 民間の 治療法の一つです。

 

歪みを矯正するカイロプラクティックの施術で痛みやコリが楽になります。

カイロプラクティックというとボキボキしたり、電気をするなどが多くありますが、当院はそんなことはしていません。

ボキボキしないでも背骨や骨盤の矯正はできますから。

ボキボキしても本当の背骨の矯正をしているわけではありません。

下のイラストにあるように気泡の弾ける音がボキボキ音です。

カイロプラクティックでボキボキ音は

体に多くの疲れやストレスがたまると、気泡が椎間板(軟骨)の中にできていきます。

手の指をボキボキすることと同じです。

手の指をボキボキして矯正していると思う方はいないと思います。

体に疲れやストレスが蓄積すると骨は気泡を多く作っていきます。

これが多くなればなるほど歪みになります。

この時に体をひねったりしてボキボキ音がなります。

本当の矯正は別にあります。

これは矯正というよりも、疲れやストレスがたまって起きた歪みですから、本当は骨の矯正とは言えません。

本当の骨の矯正は、別な所ですから、本当の骨の矯正をするときは、体質改善の施術でのみしか行うことができませんから。

当院では、歪みも気泡の段階の歪みと体質的な歪みと分けています。

疲れやストレスがたまって起きた歪みは、体調の歪みですから矯正するとは言わないで整えると言います。

歪みを整えると言います。

北九州市小倉南区から徳力整体院はカイロプラクティックの施術で有名な痛くないカイロプラクティックで評判の良いことで人気です。